歯周病の矯正が知りたい

30代からの歯列矯正治療を開始することで注意することは?

新規申込みで60,000円キャッシュバック【SoftBank 光】

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!
本日もみなさまにとって有意義な情報を提供していきたいと思います。

人気ブログランキング参加してます!
一時期はランキング2位までいきました!

一度くらいは1位をとってみたいものです
応援のクリックよろしくお願いします!


歯列矯正ランキング

桜の見どころの時期に雨が多くふりました。
残念ですけど、今回の雨で桜も終わりですね。

みなさまはお花見はできましたか?
私は桜を見に行きましたが、あくまでも散歩の延長といった程度です。

まだまだ寒い時期ですし、インフルエンザで診療キャンセルする患者さんもいるくらいです
花見といっても人それぞれのスタイルがあってもよろしいとおもいます。

前回のブログでも記載しましたが、
最近は30代以上場合によっては40代以上の男性の患者さんの相談が増えました。

今回のテーマは

30代からの歯列矯正治療を開始することで注意することは?

女性と異なり、30代、40代男性の患者さんの場合は
長年のコンプレックス解消のための来院動機がおおいいです。

ですから、正しい予防方法を教えてあげると
みなさんがんばってくれる人がほとんどです。

女性の場合は
治療動機が男性に比べると、あいまいな場合が多く
少しでも自分がレベルアップしたい程度の人も結構います。

男性の場合は悩みが深刻な人の割合が多く、
相談時は状況が深刻な場合が多くあります。
今回もそんな状況でした。

初診時は
歯茎からの出血だらけです。

もう、重度の辺縁性歯周病です

当院では全員、歯周病の検査をおこなったのちに
すぐに歯列矯正治療ができる人
そうでなく、虫歯や歯周病治療が必要な人
と分けます。

多くの矯正歯科クリニックの場合は
歯列矯正専門ですから、
虫歯や歯周治療が必要な人たちは
治療を断られてしまうか、
一般歯科クリニックに治療に行ってきてもらうことになります。

せっかく、決意して歯列矯正治療をおこなうと
矯正歯科クリニックの門をたたいたのに
他の一般歯科クリニックに回されてしまいます。

ほとんどの矯正歯科クリニックではそうなってしまいます。

決して、わざと歯茎から出血させているのではありません。

この患者さんもそうなのですが、
歯ブラシが雑といった理由だけで、歯茎から出血する人ばかりではありません
中には

身体の抵抗力が弱く、感染しやすい人もいます

全身でいえば、風邪をひきやすい人やインフルエンザに罹患しやすい人などです。
歯周病も同じで
原因はよくわからないのですが、

とにかく、出血、それにともなう口臭がひどい人も多くおります。
口臭や体臭は自分ではきにならない場合がおおくあります。

汚い話ですが、自分の尿のにおいとか、大便のにおいとかはあまりきにならないはずですが、
他人のものになるとそうはいきません。
今回の症状の患者さんもそうです。

週に1回、歯科医院にて歯周病の治療をおこなったとしても
なかなか出血は改善しません。

正直、正しい歯ブラシをしても、改善するには時間がかかります。
結局、消毒が一番なのです

つまり、歯ブラシは歯周病菌が増殖する原因となる歯垢の除去なのですが、
これは、病気にかかっていない人なら

この方法だけで十分改善します
一方で、
すでに病気になっている人の場合

全身から抗生物質を投与するか
局所で消毒を徹底するか
それらの併用するかです。

残念ですが、日本の医療の場合は
歯周病という病名で抗生物質を投与しても、
せいぜい1週間の薬までです。

本気で改善するには、2週間、もしくはそれ以上の投薬が必要です。

そうなると、薬の処方が自費となると、
歯周治療そのものが自費となってしまいます

ですから、日本の医療で可能なことは
全身からの抗生物質の投与ではなく、
局所の消毒となります。

市販品で、局所の消毒にすぐれていて、
継続して使用できる、比較的安価なグッズとしては
薬用のコンクールが一番です。

コンクールブランドでいろいろと出ておりますが、
継続して使用することが重要ですので、

まずはこれからスタートで良いと思います。

 

 

しかも、
このショップはコンクール以外にも様々なデンタルケアグッズの販売をしております。

実際は一度くらいは歯科医院でデンタルグッズの使用方法を教えてもらってから
このような通販サイトで購入をして継続使用するのが良いと思います。

コンクールは緑の液体なのですが、
それを歯磨き粉の代わりに使用します。

つまり、液体をそのまま歯ブラシに数滴たらして使用します。
水でうすめず、原液で数滴たらして使用します。
さきほどの症例にもどります

歯周治療に併用してコンクール使用3ヵ月後

正面のほうがわかりやすいかもしれませんので

 

治療開始前

 

同じカメラでできるだけ同じ角度で撮影してます。

歯茎の色や引締具合いがわかるはずです。

ここでようやく歯列矯正治療が可能な状態になります

歯列矯正治療終了時です

ただし、
この治療完了した状態を一生継続していくためには
予防が重要です

患者さんの中には矯正治療終了後のメンテナンスはいつまでするのか?
といった質問もうけますが、
当初からまったく歯列矯正治療をしたことがない人でも
歯ならびというものは年齢とともに老化していきます。

人間に例えるなら、姿勢が猫背になっていく様子と一緒です
日頃から腹筋や背筋を適度におこなっている人と

そうでない人では
猫背になるスピードが異なります。

特に、
われわれのような歯科医師は
下を向いて仕事をしますので、本当に猫背になっていきます。

コンクールブランドは
費用対効果がもっともあると思います。
1月わずか1000円から2000円で
将来的には数万円、数十万円の予防効果が得られます。

 

本日も最後までありがとうございました。
今日も1日がんばりましょう!

 

 

ピックアップ記事

  1. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  2. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  3. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  4. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは
  5. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過

関連記事

  1. 歯周病の矯正が知りたい

    歯茎が下がっている状況での歯列矯正治療の工夫

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  2. 歯周病の矯正が知りたい

    他院で治療中に当院に相談に来られた40代女性

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  3. 抜歯矯正が知りたい

    3年間の治療期間、歯科矯正治療が長期になる場合とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  4. 歯周病の矯正が知りたい

    中年男性でも、歯列矯正した方が良いと思います。

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  5. 歯周病の矯正が知りたい

    【30~40歳対象】歯肉退縮した状態からの裏側矯正の工夫

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 治療期間が早い矯正が知りたい

    安い?早い?デメリット?スピード矯正を始める上で大切なこと
  2. 目立たない矯正を知りたい

    最新の裏側矯正法をはじめてます!歯列矯正の技術をブログで紹介
  3. 治療期間が早い矯正が知りたい

    結婚式・成人式に最適なスピード矯正の6つのポイント
  4. 歯周病の矯正が知りたい

    【若返りたい人へ!】50代からでも顔の印象変化の為に歯科矯正する
  5. 抜歯矯正が知りたい

    【出っ歯 前歯 抜歯画像】歯列矯正治療を行った10代の姉妹症例⓵
PAGE TOP