歯周病の矯正が知りたい

医師が解説する、年齢が30~50代の歯科矯正治療の期間と流れについて

eea4e7b7.jpg

 

 

 

 

 

 

ブログ読者のみなさまおはようございます。
東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です。

11月にはいり、冬の足音が聞こえてきましたね。最近は小学校でも風邪がはやっており、当院に来院されるこども達も風邪をひいてしまっている方が多いいです。
少しくらい天気がよくても、上着を一枚持参する等、寒さ対策は大切ですね。

さて、最近は不景気の影響か新患来院される患者様と装置が外れる患者様の比率に違いで生じてきました。一時期は本当に大変忙しく、あわただしい毎日をすごしていたのですが、矯正装置をはずす患者様がどんどん増えていくにしたがって診療は暇になっていきます。というのは、メンテナンスに移行してしまうと3か月から6か月に1回の通院頻度となるためです。まあ、暇といっても診療以外にもやることはいろいろとありますので、これを有意義な時間として活用していきたいと思います。

本日のテーマは

医師が解説する、年齢が30~50代の歯科矯正治療の期間と流れについて

です。

以前は歯周病の矯正治療は禁忌といわれておりました。現在では歯周治療の医学の進歩により、歯科矯正治療が可能になってきました。しかしながら、治療の難易度は難しく、症状によっては矯正治療後も2か月に1回程度のメンテナンスが必要となります。
当院での歯周病矯正の最高齢はなんと70歳代です。いつまでも若々しくいたい気持ちは年齢を問わずということですね。

歯周治療矯正のチャートの説明です
1.歯周治療検査
2.歯周初期治療(スケーリング、ブラッシング練習等)
3.歯周再評価
4.ルートプレー二ング
5.歯周再々評価
6.必要に応じて歯周外科治療
7.歯周再評価

という流れです。
一般的な歯周病という自覚症状をお持ちでない成人の患者様でも3までのステップまでは必要なことが多く、御本人に自覚症状をお持ちの場合は5までのステップにいくことが多いいです。
また、場合によっては7までのステップを経過してから矯正治療開始となります。

御本人の主訴が歯並びにもかかわらず、歯周治療に長期間時間を費やすのはなかなか面倒なことですが、最近は歯周薬物療法など歯周治療の治療期間を短縮する方法もございます。

本日UPする患者様は歯周治療をおおよそ4か月、その後歯科矯正治療を1年10か月かけて治療を完了いたしました。

歯周病の症例を抜歯矯正するのはかなりの抵抗がありましたが、ご本人の協力を大変よく、歯肉の退縮は初診時と比較してもほとんど変化はなく大変良好な治療結果を得ることができました。

やはり、症例の難易度とは別に御本人の治療に対する積極性が一番大切なことなのです。



ピックアップ記事

  1. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  2. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  3. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?
  4. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  5. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況

関連記事

  1. 歯周病の矯正が知りたい

    30代からの歯列矯正治療を開始することで注意することは?

    新規申込みで60,000円キャッシュバック【SoftBank 光】…

  2. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯列矯正】30代を過ぎたら歯周病を考慮した治療が必要になる?

    みなさまおはようございます。 東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  3. 歯周病の矯正が知りたい

    【虫歯 治療】多数歯の虫歯、欠損を伴う40代後半女性⓶

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です…

  4. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯周病 症例】上顎前歯2本を抜歯して矯正治療開始する40代女性

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です!今日もみな…

  5. 歯周病の矯正が知りたい

    歯茎が下がっている状況での歯列矯正治療の工夫

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 良いクリニックの選び方

    ~長期経過~骨格的な開咬症例は咬合の安定性が悪いですね~
  2. その他

    【口元 改善】口元が出ている症状を改善すると治療後の安定が難しい?
  3. 抜歯矯正が知りたい

    奥歯を抜く矯正治療の場合はインプラントアンカーが必須です
  4. その他

    少しずつでも歯列矯正の技術を向上する努力
  5. 目立たない矯正を知りたい

    最新の歯科矯正診断方法(その3)
PAGE TOP