その他

【重要】診断は科学であっても治療は経験が大切になってくる!

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。
本日は全国各地で学校の入学式が多数開催されますね!
あいにく、今朝の東京の天気は小雨がぱらついておりました。私は仕事がたまっていたため6:00過ぎには診療所に到着してしまったので現在の天候は良くわかりませんが、早朝の天候は台風のような気候でした。
新入生にはちょっと残念な陽気になりそうですが、なんとか回復してもらいたいものです。

学校に入学する新入生もいれば、学校を卒業して就職する社会人もいます。われわれの医療業界でも医師に限らずどんな業種でも新人というものは通らなければいけない道です。一方で患者さんにとってみれば大切な自分の身体の治療を新人に診てもらうということは少々抵抗があるのは仕方ないことです。でも、大学病院は研究・教育・臨床といった3本柱がありますので、診察を受けられる患者さんは御理解と御協力が必要になると思います。
矯正歯科臨床に限らず、医療というものは検査があって診断というプロセスと踏むことになり、治療に移行します。

このうち、検査と診断という部分についてはきちんとした機材・方法を用いれば治療経験がまったくなくても知識さえしっかりしていればどんな人でも同じ診断を下すことができます。

しかしながら、治療というプロセスに至っては経験というものがとても重要になってきます。
すこしわかりにくいことですが、私のライフワークでもある顎変形症の治療について経験的な見方をさせていだだきますと、このような説明ができます。

【重要】診断は科学であっても治療は経験が大切になってくる!

1:診断については3DCTを用いた治療計画を立案します。これは理論的な部分です。
ブログ1

 

 

 

PC上でのシュミレーションもこれに入ると思います。
ブログ11

 

 

 

こういった予測もこれにあてはまります。これはデジタル的な操作です。

2:一方で患者さんの要求であるかみ合わせの改善するためにはアナログ的な操作も必要です。
IMG_6262

 

 

 

 

これは手術直前の患者さんの歯型を適切な上下関係で固定している図です。よくみると歯と歯の間に隙間がのこってます。これを咬合器という機材にsetします。

IMG_6259

 

 

 

 

 

ここまでの操作は院長である私が責任をもってやらないといけない部分です。
もちろん、デジタルデータでも作成可能なのですが、手術後の顎の戻り方や術後矯正の力系、治療期間の短縮など、一見なんてことない作業の中にも凝縮した経験が込められております。

特に、最終的なかみ合わせを決めるファイナススプリントに関しては、デジタルで作成するよりもアナログで作成した方がまだまだ勝っていると思います。これは今後の医療の課題ではないでしょうか?

春休みも忙しかったですが、5月連休前後のオペ予定の患者さんで合計8人もいました。
作業完了したものが4名
IMG_6264

 

 

 

 

上下の歯型をはずすと

IMG_6265

 

 

 

 

 

手術の種類によって使用する材料も少しずつ変えます。
IMG_6266

 

 

 

 

このように透明でシンプルなものから

IMG_6267

 

 

 

 

わりとしっかりとした形まであります

作業前の2名分が

IMG_6260

 

 

 

 

このように上下の歯列を止めており

咬合器にマウントしている2名分がこれです。

IMG_6259

 

 

 

 

 

こういった小さな工夫は教科書に書いてあるわけでもなく、自分で思考錯誤して得た経験ですから言葉では説明できない部分です。

そろそろ9時になります。今日も1日たくさんの患者さんがまってますので頑張ってきます。

プロ矯正歯科HP

プロ矯正歯科口コミ

ピックアップ記事

  1. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  2. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  3. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!
  4. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  5. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?

関連記事

  1. その他

    最新の診断方法

    プログ読者のみなさまこんばんは。本日は歯科医師会の行事が早くおわっ…

  2. その他

    コーンビームCTと通常のCTとの違い

    ブログ読者のみなさまこんにちは。昨日は院長みずから休日出勤をし…

  3. その他

    男性の方も口元をきにする方が増えてきました

    ブログ読者のみなさまこんにちはプロ矯正歯科院長田中憲男です。僕が歯…

  4. その他

    治療中、目立ちたくない!表側装置でも目立たなくする治療工夫とは?

    みさなんこんばんは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。最近!本…

  5. その他

    歯列矯正したくても歯が動かない!その時の対応とは?⓵

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    歯列矯正したくても歯が動かない!その時の対応とは?⓶
  2. その他

    82歳と高齢の女性が口唇裂傷、ケガの患者さんの対応の場合
  3. 抜歯矯正が知りたい

    東北地方から来院されている患者さんの治療(初診時から現在まで)
  4. その他

    外国人の歯列矯正治療希望者が増加してきました
  5. 子どもの矯正が知りたい

    【治療費用 安く】予防だけで良好な歯列を獲得することは可能か?
PAGE TOP