その他

【部分矯正】部分矯正(プチ矯正)治療は通常よりも難しい治療が多い?

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

まずはブログランキングをチェックしてみてください


人気ブログランキングへ

一時は3位まで上昇したのですが、更新の頻度が少ないためか、結局順位は降下ぎみです
ランキングは高ければ高いほどうれしいことにはかわりませんが、実力以上のランキングは自分の首をしめるだけです。ボチボチやっていきますので、これからもどうぞよろしくお願いします!

さて、師走の忙しい中、国会総選挙ですね! 解散してから投票日までの期間が短く感じたのは私だけでしょうか?
選挙費用に使用される国民の税金は約600億円と聞いております。

こういった公の場で政治に対してのコメントは控えたほうがいいのですが、今回の総選挙は時期も目的も含めて意味がなかったような感じがします。
おそらく投票率も東京に関していえば、ひょっとしたら50%を切るのではないかと思います。

自分の近況です
先日の日本臨床矯正歯科医会の発表は大成功だったのです。そのあとに舞い込んできた仕事が顎変形症治療につかわれる骨固定用プレートのプロモーションVTR作成という仕事でした。

もちろん、歯科矯正のパートなのですが、出来上がったVTRは20年間は使用するとのことですので、私がこの仕事を引退するころまでは使用する予定だそうです(笑)

それでは本日の内容です

【部分矯正】部分矯正(プチ矯正)治療は通常よりも難しい治療が多い?

まずは本日の症例です40代女性

21上の前歯が気になるとのことで来院でした

 

 

 

22

結構なガタガタです

 

 

 

23

前歯が隠れてしまってます

上からみると

 

 

25

前歯が内側にはいってしまってました

一方で下の歯並びは

 

 

24

前歯1本がねじれているだけです
このような症状の場合、上のみ歯列矯正を希望といったリクエストを受けることが結構あります。
いわゆる部分矯正 もしくはプチ矯正というものです

矯正治療は歯並びを整えるのはもちろんですが、咬み合わせを良好にすることで
治療後の後戻りを最小限にすることが重要です
そういったデリケートな部分を一生懸命におこなっても、ある一定の割合で治療後の歯ならびが安定しないことが結構あります。

本症例の場合は

BlogPaint黒〇で書かれてい部分がまったくかみあっていないのです。この部分はプチ矯正治療では改善できません。

つまり、下の犬歯を後方に移動しなければ、上の歯列との良好な咬み合わせを構築できません。
こういった細かい治療のことになると、患者さんは理解することも難しいですし、場合によっては
必要もない下の歯列にも装置をつけて治療費用を割高にもらっていると思う人もいます

ですが、世間的にはプチ矯正治療は結構なブームですので、その治療をうけられる人も多いいでしょう
矯正治療で重要なことは、ワイヤー装置をはずしてからの咬み合わせの安定です

ですから、専門性の高い医院になればなるほど、このような部分矯正治療はお断りする傾向が強くなります。
(ただ、最近は歯科医院増加に伴う患者数の減少によってなりふりかまってられないというところもあるでしょう)

結論としては、本患者さんには部分矯正治療では治療を引き受けることはできないと説明し、全体的に矯正治療をおこなう方向で了承してもらいました。

治療結果です

26上だけの抜歯で上下の正中線を一致することは結構難しいです

 

 

 

27

この部分の咬み合わせを改善するためには、下顎の歯列にも装置をつける必要がございます

 

 

BlogPaint

反対方向の咬み合わせです

 

 

 

28

上あごの歯列です

 

 

 

30

下顎の歯列です

 

 

 

29

下顎のもとの状態です

 

 

 

24

一見たいした変化はないようにみえますが、歯並びだけでなく咬合平面の傾きも変化させて治療をしております
テクニック的な部分の話になってしまいますが、部分矯正だけでは咬合平面の傾きは変化できません

8:30になりました。

今日は午前中錦糸町 午後は新宿に外勤 明日は1日大宮で外勤です
どこにいっても多くの患者さんに恵まれて本当に自分は幸せだなあと思います。

それでは今日も1日がんばりましょう!

プロ矯正歯科HP

ピックアップ記事

  1. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!
  2. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  3. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  4. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  5. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例

関連記事

  1. その他

    歯並びがよくなってくるとファッションにも変化が生じてきます

    ブログ読者の皆様こんにちは。結局、5月は一回もブログの更新がで…

  2. その他

    忘年会シーズン

    ブログ読者のみなさまこんにちは。いよいよ忘年会シーズン本番となって…

  3. その他

    遠隔地から通院されている人の治療で気をつける3つのポイントは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  4. その他

    【口元 改善】口元が出ている症状を改善すると治療後の安定が難しい?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  5. その他

    コーンビームCTと通常のCTとの違い

    ブログ読者のみなさまこんにちは。昨日は院長みずから休日出勤をし…

  6. その他

    1年間、本当にありがとうございました!

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 外科矯正が知りたい

    外科矯正治療手術前後の顔の変化
  2. 歯周病の矯正が知りたい

    40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  3. 目立たない矯正を知りたい

    【裏側矯正治療】外科矯正治療を手術せずに裏側矯正治療にした症例
  4. 抜歯矯正が知りたい

    【45歳女性 抜歯矯正】治療期間を優先して抜歯部位を選択した症例
  5. 外科矯正が知りたい

    【外科矯正治療】治療が4年、長期間になってしまった場合の症例
PAGE TOP