その他

抜歯だけが治療じゃない、親知らずの歯を利用する治療方法もある

みなさま東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です。
最近は患者さんからの口コミも多数いただいており、本当に心から感謝しております。また自分がこの職業につくことができたのも、母校の昭和大学名誉教授である柴崎好伸先生が入局を許していただいたことです。
仕事というのは実力も必要ですが、それを達成するためには運も必要です。実力があっても運がない人って周りにもいると思います。
私はそういう意味では強運の持ち主だったと自負しております。先日もある患者さんから先生の所はなんでそんなに治療費用が低価格なのか?と質問されたのですが、自己の利益を可能な限り少なくしているからです。患者さんが集まらなければ自分がいままで努力してきたことが達成できません。治療費用を値下げして患者さんが集まらなければ自爆行為ですが、幸い当院は多くの患者さんに支えられてここまで着ました。あと1年で10年目になります。

さて、本日のテーマは

抜歯だけが治療じゃない、親知らずの歯を利用する治療方法もある

患者さんの多くは親知らず=生えてきたら抜歯するもの といった認識をもつ人も多数あります。
しかしながら、不正咬合を改善する方法として親知らずを利用して代わりに他の歯を抜歯する方法もございます。

例としては
1:ガタガタの度合いが非常に厳しい場合
2:歯列全体を後方に移動したい場合
3:奥歯のかみ合わせがすれ違っている場合
4:下の奥歯を抜歯したまま放置して上の奥歯がのびてきてしまった場合
5:銀歯など多数生えていてそちらを抜歯したほうが自分の白い歯を多数のこせる場合

などです。
つまり、A:治療期間を短縮するために抜歯する場合と、
B:将来のことを考えてより悪い歯を抜歯してかわりに親知らずを利用するという方法とに分類できます。
今回の症例はAの治療期間を短縮する場合です。
2027-1

正面からみると八重歯です。
2027-2

下からみると奥歯が舌方向に傾いております。
2027-3

上方向からみると奥歯が頬方向に傾いております。
つまり例としては1と3に当てはまります。

治療直後はこんな感じではじめました。
2027-4

私の場合、治療開始時から全部つけるのをあまり好みません。必要な部分のみ装置をセットすることが多いいです。

2027-5

上の奥歯の部分を注目してください。親知らずの前の歯が2本抜歯してるのがわかると思います。
つまり、この時点で上顎だけで3本も抜歯してます。そういう意味では患者さんは不安になりますかね(笑)

2027-6

治療終了時です。

2027-8

2027-9

初診の状態と比較していただければ、仕上がりの状態がより理解できると思います。

本日は積雪の心配もあり、早く自宅を出発したおかげで、ブログの更新ができました。
これぞ、早起きは三文の徳ですね!

プロ矯正歯科

ピックアップ記事

  1. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは
  2. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  3. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  4. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  5. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~

関連記事

  1. その他

    男性の方も口元をきにする方が増えてきました

    ブログ読者のみなさまこんにちはプロ矯正歯科院長田中憲男です。僕が歯…

  2. その他

    6月4日は虫歯の日

    ブログ読者のみなさまこんばんは。更新がとても遅くなったことを深く…

  3. その他

    【抜歯 放置】抜歯、装置をつけず放置するとどのような結果になるか?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  4. その他

    矯正治療後のメンテナンスの必要性は重大、とても大切なことです!

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。昨日…

  5. その他

    ゴールデンウイーク

    ブログ読者の皆さまこんにちは。以前、週に1回は更新するような話…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 永久歯少ない人の矯正

    【医師が教える】歯が無くても歯科矯正は出来るのか?
  2. その他

    表側装置で治療していると友人を紹介してくれることが多くなる
  3. その他

    手術
  4. その他

    歯の将来が分かる歯科用CT、歯科矯正診断方法とは?⓵
  5. その他

    【プロ矯正歯科】院長プロ先生の矯正治療日記のはじまり
PAGE TOP