その他

治療費、歯の根を抜く方法

2.16.jpg
ブログ読者のみなさまお久しぶりです。なかなかブログが更新できなかったことを深くお詫びいたします。本日、ある患者様より【先生、最近忙しいのですか?】と質問をされ、間接的にブログを更新していなかったことを指摘されてしまいました。
実際、診療自体はむしろヒマなのですが、診療以外の業務が多忙のためなかなか治療写真の整理ができなかったのは事実です。
忙しかった理由(いいわけです)
1.来年度の新人スタッフの面接が多かったです。ようやく決まりました。
2.外科矯正の手術が多く、1週間に3件あったこともありました。
3.現在執筆中の臨床論文がなかなかまとまらない。理由は大学の図書館に参考論文を調べに行く時間がないため、論文の考察という項目で中断してしまっている。この件は3月1日に大学の図書館にいってくる予定。
4.3月に医療法人の申請を予定しており、そのための書類作りがいろいろとある。
3を除いてはほぼ解決済みなのですが、3が一番時間のかかる作業ですね。
 さて、話は変わるのですが、今回からのブログ写真はすべて治療費comの口コミに投稿してくださった患者様の写真を使用させていただきます。こちらの方も重篤な叢生という症状だったのですが、一番難しかったことは抜歯した部位が左右で異なる歯を抜歯し治療いたしました。専門的な表現なのですが、ヘミセクションという方法です。ヘミセクションとは根が2本ある歯のうち、状態の悪い方の根を抜くという方法です。矯正治療終了後は残った根の上に新しく作った歯をかぶせていきます。
今後は矯正歯科にかかわらず、矯正治療終了後のかぶせ物の治療内容等も踏まえたブログを更新していきたいと思います。



ピックアップ記事

  1. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  2. コロナウイスルに感染しにくい予防法とは?
  3. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!
  4. 40代から奥歯を抜歯して歯列矯正した女性が50代になり、久々に来院されました
  5. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?

関連記事

  1. その他

    正中線の一致が難しい理由とは?

    みなさまこんばんは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男ですみなさま…

  2. その他

    最新の歯科矯正診断方法(その1)

    ブログ読者のみなさまこんにちはプロ矯正歯科院長田中憲男です。本日は…

  3. その他

    たくさん歯を抜いてしまった人の歯列矯正治療

    みなさまおはようございます。プロ矯正歯科院長、田中憲男です。…

  4. その他

    【矯正歯科】矯正歯科医にとって一番難しいと思われる症例とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!いよ…

  5. その他

    寝違えてしまいました

    昨日夜不覚にも 入浴中に居眠りをしてしまい そのせいか寝違えてしまいま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    歯列矯正は人生の大きな決断!患者さんの本当の口コミとは?
  2. その他

    マスク美人 いろいろと、マスク用のメイクが盛んですが、今が矯正のチャンスです
  3. その他

    オウム真理教が歯列矯正治療に及ぼした影響について
  4. 子どもの矯正が知りたい

    抜歯か非抜歯かボーダーライン症例。治療後3年経過しました現在
  5. 子どもの矯正が知りたい

    タイミングが重要!成長発育を利用した出っ歯を治す方法を画像で見る
PAGE TOP