外科矯正が知りたい

【医師が答える】外科的矯正治療の治療期間と一般的な流れとは?

11.24.jpg
ブログ読者のみなさまおはようございます。
ここのところすっかり冬の陽気になってきましたね。
インフルエンザが流行する前に予防接種をうけましょう。
ところで、いままでは当院の初診患者様の割合は圧倒的に成人の方が多かったのですが、
最近はお子様の患者様も増加してきました。
この理由は、地域の方から当院が認知されてきたのだと思います。

さて、本日のテーマは

【医師が答える】外科的矯正治療の治療期間と一般的な流れとは?

です。

特に、この治療はある程度の症例経験がないとなかなか引き受けるのを嫌がる傾向があります。
その理由は、5~6年勤務した大学病院の先生で経験できる症例数が多くても10症例程度。
矯正終了まで到達という限定でいえば3症例くらいが平均と思います。

また、多くの歯科医院では「顎口腔機能診断施設」基準を満たしていないため、これらの外科的矯正治療が健康保険適用にならないためです。
そうなると外科的矯正治療の適応症患者様は
近所の歯科医院で矯正相談→できないと断られる→ご自身で医院を探す→当院をはじめとする「顎口腔機能診断施設」基準を満たしている医院での治療。
という流れとなります。
実際、「顎口腔機能診断施設」基準を満たすためにはいろいろなハードルがあり、それを認可する医療機器のコストを考えると、申請するのを断念してしまう先生も多々あります。
つまり、将来的にはこのような症例の患者様は一部の専門的医療機関で診療を受けるように国が指導していくと思われます。
心臓病のバイパス手術の症例数を掲示するのと同様に、外科的矯正治療の年間症例数も掲示するようになるでしょう。(ちなみに当院では40症例程度です)
次に、外科的矯正治療の一般的な流れです。
1.手術前にある程度歯を並べておく必要があります。
これを手術前矯正治療といいます。多くは1年から1年6か月程度です
2.歯の配列がほぼ完了した時点で手術となります
入院期間は当院が医療連携している施設では1週間程度です
3.手術後矯正治療をおこないます。
これを術後矯正治療と呼びます。期間は1年前後と考えてください。
つまり、これらのすべての治療期間のトータルは1年6か月から2年6か月となります。
一般的な矯正治療とほぼ治療期間は同じと考えてください。



ピックアップ記事

  1. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!
  2. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  3. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  4. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  5. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!

関連記事

  1. 外科矯正が知りたい

    【外科矯正】軽度に顎が曲がっている症例は検査して分かる

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  2. 外科矯正が知りたい

    外科矯正の手術に同席することもある

    ブログ読者のみなさまこんにちは。いよいよ3月卒業式のシーズンに…

  3. 外科矯正が知りたい

    【受け口 治し方】歯科矯正は健康と美容を増進する有効な治療法

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  4. 外科矯正が知りたい

    上顎歯槽部骨術、手術時間2時間、出血量50cc

    ブログ読者のみなさまこんにちは大阪でおこなわれた日本矯正歯科学会は…

  5. 外科矯正が知りたい

    【外科矯正治療 CG画像】オトガイ水平骨切り術とは?

    みなさまおはようございます東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 永久歯少ない人の矯正

    永久歯の本数少ない矯正症例、歯科矯正治療から3年後の状態を見る!
  2. 永久歯少ない人の矯正

    【矯正治療 乳歯】永久歯が少なく大人になっても乳歯がある ~前半~
  3. 子どもの矯正が知りたい

    小児期の第一期で完了するのと第二期が必要な歯列矯正治療の違いとは?
  4. 永久歯少ない人の矯正

    【抜歯治療】スキッ歯が心配!上下の歯数が異なる歯列矯正とは?
  5. その他

    新しい事を吸収するには古い事を捨てる必要もある
PAGE TOP