良いクリニックの選び方

歯列矯正中に歯がうごかなかった場合の対応

みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

ゴルフファンのみならず、タイガーウッズの名前を知らない人はいないと思います。

今週のマスターズで14年ぶりの優勝を成し遂げたタイガーウッズの言葉に感動しました!

「決してあきらめてはいけない。それしかないんだ。常に戦うこと。あきらめたら、道はひらけない」

タイガーは、ゴルフというエスタブリッシュのスポーツにおいて、人種の壁をぶち壊し、その景色を変えた。
そしていま彼は年齢、ブランクという壁を壊した。
人はいろいろなものを失いながら、いろいろなものを得て、生きている。
年齢を言い訳に、走るのをやめる必要はないと、稀代の英雄が身をもって示してくれたのだ。

ゴルフに限らず、スポーツの場合は体力や若さが経験を上回っていることが多く、
野球選手のイチローもそうですが、年齢の壁にぶつかり、引退を余儀なくされてしまう場合が多くあります

歯科矯正医もそれらと同様です
一般歯科医は自分が年をとってきたら、対象とする患者さんも高齢者にすればよいのです
しかしながら、歯科矯正の場合は自分が年をとっても、患者さんは常に同じ年代を対象とします

つまり、患者さんに対しては一切の妥協をせず、常に戦うことを継続していく必要があります
相手が高齢者の場合は治療に妥協する余裕が生まれてきます

たとえば、身体に負担がかかるから、やめておこう、
全身的な病気があるから、処置をするのは延期しようといった具合です

歯列矯正治療は非常に細かい作業ですし、腰や肩、目の負担も大変なものです
もう、20代や30代の体力はありませんが、
体力がないぶん、タイガーの言葉を借りると、

頭に小さな図書館を持っている

といえるでしょう!

この頭に小さな図書館を持っているを

歯列矯正治療に翻訳すると

危機的予知能力といえます

ゴルフであれば、ここを攻めると、コースの罠にはまるとか?
ここは、思い切ってピンを狙っていくなどといえるのでしょう

歯列矯正治療の危機的予知能力は
1:顎の成長予測
2:歯が計画どおり動くか
3:歯根吸収や顎関節症など

と思います
これらのうち、1~3すべてにおいて
1度は自分自身で経験をしないと
危機的予知能力が生まれてきません

もっというならば、
経験をしても、頭の中の図書館を持っていないと

なんどでも同じ失敗を繰り返してしまいます

つまり、
優秀な臨床医は
ノーベル賞をとるような神がかった頭脳は必要ありませんが、
頭の中の図書館を持っていることが重要です

不安になった場合はすぐに図書館で調べ物をする
もしも頭に図書館がなければ、頭の外の図書館に調べにいく
そういった行動が重要と思います

危機管理能力は
常に現場で仕事をしていた方が
センサーの反応が良いと思います

ですから、ブランクがあったり
月に数日間とか仕事をされない人の場合は
日常的にトレーニングをしておいた方が安全です

それでは、本日のタイトルです

歯列矯正中に歯がうごかなかった場合の対応です

これは非常にやっかいな事項です

うごかない歯が事前にわかれば良いのですが、
うごかない歯を事前に予測するのは困難です

あきらかにあやしいな?と動かなさそうなのを
事前にキャッチするのが 危機的予知能力なのですが、

本当に普通なのに、まったく動かない場合もございます

ですから、
私の結論としては、
抜歯する歯でも先に抜歯はせずに、
まずは全ての歯にブラケットをつけてみて、
様子をみるようにしています

その上で、抜歯に移行していきます

これは、一見、治療期間が長くなるように思われますが、
むしろ短くなるような気がします

理由については省略します

さて、今回はそんな動かない歯の場合の対応について
症例をとおしてみていきます

一見、普通のガチャガチャです

少し歯もでています

奥歯のかみあわせは問題なさそうです

こちら側の奥歯は後ろから二番目の下の奥歯が短い気がします

やはり、奥から二番目の歯がうもれているような気がします

全体的にガタガタなので、仕方ないかなあと

レントゲンで確認すると、親知らずも大変そうです

まずは親知らずを抜歯して治療開始しました

上はマルチブラケットです

まずは抜歯をしないで

付けれる歯は全部つけます

下の方も装置をいれて、臼歯の拡大をしてきましたが、

右奥から二番目の歯はその場から動こうとしません

上の方も、まだまだ始まったばかりです

下顎にも装置つけました

こんなにいろいろトライしても

奥歯はまったく動きません

ここまでやってうごかないので、

いよいよ抜歯することになりました

予定変更ですが、なんとかなるでしょう

user comment….

user comment….」

こちらがわはそこそこです

user comment….

こちら側はまだまだですね

だいぶまとまってきました

下顎の大臼歯移動は難しいですね

 

もしも、左側も右側と同じく、小臼歯抜歯をおこなっていたら、

本症例はどうなっていたでしょう?

考えただけでも恐ろしくなります

これらの危機管理能力は目の前の症例だけでなく

過去の経験がとても重要になってきます

 

それでは、本日も長い1日がはじまります

最後までありがとうございました

初診相談の無断キャンセルはくれぐれも気を付けてください

次回の予約が非常にとりずらくなります

 

ピックアップ記事

  1. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?
  2. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  3. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは
  4. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  5. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!

関連記事

  1. 良いクリニックの選び方

    良い矯正歯科医院の見分け方、ポイントはたった3つだけ!

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  2. 良いクリニックの選び方

    患者さんからの紹介は良いクリニックの条件の一つです

    ブログ読者のみなさまこんばんは本日は、来月発表予定の学会原稿を…

  3. 良いクリニックの選び方

    歯列矯正治療終了後に一般歯科で虫歯14本と診断された症例

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  4. 良いクリニックの選び方

    【良いクリニック ポイント】無理に行わない方がいい治療もある!?

    みなさまこんにちは。東京の歯列矯正治療歯科プロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  5. その他

    表側装置で治療していると友人を紹介してくれることが多くなる

    矯正治療の目標は大きく2つある。一つ目は機能的なかみ合わせ(個…

  6. 良いクリニックの選び方

    矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 外科矯正が知りたい

    【手術 期間】上下骨きりの手術計画について
  2. 抜歯矯正が知りたい

    人生が変わる!歯列矯正治療で白く美しい歯並びと自信を得た人とは?
  3. 抜歯矯正が知りたい

    20歳女性、上下左右合計4本抜歯しての歯列矯正治療
  4. 白い歯になりたい

    歯のホワイトニング治療の患者様、その効果で得たものとは?
  5. 白い歯になりたい

    痛い虫歯を放置して矯正治療を始めるか、虫歯を治すのが優先か?
PAGE TOP