良いクリニックの選び方

【良いクリニック ポイント】無理に行わない方がいい治療もある!?

みなさまこんにちは。東京の歯列矯正治療歯科プロ矯正歯科院長 田中憲男です
さて、昨日は母校昭和大学歯科矯正学教室が主催された学術勉強会に参加してきました。演者の先生はとても有名な先生であり、矯正学を専攻してかれこれ50年以上活躍されている方でした。70才をすぎてあのパワーだけでもすごいものをもっているのに、それにもまして貪欲な勉学の精神をお持ちであり、自分自身まだまだ青二才だなと改めて反省ができた良い機会となりました。

また、本日はお昼休みに墨田区の保険センターにいってきました。目的は妊婦さん対象の母親教室の講師として妊娠から出産、産後にかけてのさまざまな歯科的諸問題に対する講義です。講義のあとは参加者のみなさまからの御質問や事前アンケートに対する回答などをおこなってきました。
この寒さの中、参加していただいた方々だけあって、みなさま熱心にメモ等をお取りになられ、とても勉強熱心でした。そういえば、昨日の自分も熱心にメモを取っていたなあと思いだしたりしての今回のブログです。

さて、今回のテーマは

【良いクリニック ポイント】無理に行わない方がいい治療もある!?

正中線が一致できない(不可能)というわけではなく、無理におこなわない方がその患者さまにとって利益がある場合もあるという例です。

今回の症例です

1271-1

正面からみると前歯のガタガタが気になります・
展開した写真をみると

1271-2

このように左右の犬歯の場所が異なります。
また、奥歯のポジションも若干左右差があります。

もうすこしわかりやすく説明をすると、向かって右側のガタガタの程度と向かって左側のガタガタの程度が異なるということです。

治療後の写真です
1271-3

1271-4

正面からみても正中線が上下一致しておりません。
展開写真をみてもきれいに歯は並んでおりますが、左右の奥歯のポジションが若干異なります。
この状況から正中線を一致させるためには、向かって左側の奥歯すべてをより後方移動する必要が生じます。そうなると親知らずの抜歯が必要になってきます。今回の症例では左右ともに親知らずがきれいに生えてきていますので、(一番後方の白い歯です)かみ合わせの関係からも抜歯をするのは少しもったいないです。

結論、このように親知らずを機能的には抜歯をせずに保存した結果、審美的に上下正中線が若干ずれてしまうということは起こりえます。もともとが犬歯を並べるspaceでパンパンだったわけです。機能優先か審美優先か難しい判断ですが、最終決定は患者さまがきめる方向でよろしいのではないでしょうか?矯正治療をまったくしない場合の全体的な歯並びおよび虫歯や歯周病のリスクを考えれば、おやしらずや正中線などというレベルの問題は大した問題ではありません。



ピックアップ記事

  1. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  2. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  3. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  4. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  5. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!

関連記事

  1. 良いクリニックの選び方

    歯列矯正治療を検討していたが、専門医に相談しなかったためひどいめにあいました

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  2. 子どもの矯正が知りたい

    歯列矯正治療を開始する前におさえるべき、重要な3つのポイント

    おはようございます!プロ矯正歯科院長 田中憲男です!みなさ…

  3. 良いクリニックの選び方

    院長が暗いとクリニックの雰囲気も暗くなる

    今日は一日、自分のクリニックでの診療日だ。土曜日午前中は他の医…

  4. 良いクリニックの選び方

    セカンドオピニオンは無駄な事が多くある

    前回のブログの反響が大きかったためか、他医院で治療中の患者様の…

  5. 良いクリニックの選び方

    ワイヤー矯正治療で考える期間と値段、大切なポイントは?

    歯列矯正ランキングみなさまおはようございます!東京のプ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 抜歯矯正が知りたい

    ガタガタ前歯、前歯を抜歯して矯正しても自然に仕上がるの?
  2. その他

    入院期間4泊5日の外科手術
  3. 外科矯正が知りたい

    【外科矯正 症例】当院で初めて外科矯正を行った症例 ~治療12年後~
  4. その他

    今月も学会出張です
  5. 歯周病の矯正が知りたい

    50代からの治療、歯列矯正治療年齢が高くなる場合のリスクとは?
PAGE TOP