外科矯正が知りたい

【治療方法 期間】経過を画像で見る、外科的矯正の一連の流れとは?

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。

週刊天気予報では本日も雪との予報でしたが、雨でよかったですね。3月に入って暖かくなってきましたし、このまま春になってほしいところです。

この時期は入学や転勤の季節です。先日書いたブログの患者さんも治療途中で転勤になってしまいました。
矯正治療は経過が長く、転勤族の患者さんにはなかなか受けることが難しい治療となってしまいます。
また、最近のお子様は習い事や塾など大変忙しく、希望曜日や時間帯に制限があると通院困難となってしまいます。

多くの矯正専門クリニックの場合、一般歯科での矯正治療と比較すると治療費用が高額な場合がありますが、専門なだけに毎日診療をしております。一方で一般歯科の矯正治療の場合は大学病院の先生などの派遣が多く、先生の交代はもちろんのこと、診療可能な曜日が月に数日と限られてしまいます。

それぞれに利点と欠点がありますので、みなさんの事情に沿った医院選びを行うとよいでしょう。

本日のブログの症例は何にしようかと考えていたのですが、ここ数日当院のスタッフの退職等でもバタバタしており、写真は撮影してもPCに取り込む作業ができないことが続いております。

当院のスタッフの退職理由も旦那さんの転勤のためですので仕方ないことですが、会社の転勤辞令は1月から長くても2月ですから大変なものです。
急遽、退職するスタッフの代わりを採用しなければならなくなり、求人雑誌やハローワーク、その他いろいろと雑用が増えてしまいました。

診療以外の雑務はなれていない分、いろいろと面倒です。
良い人材を雇用できるようにがんばっていきます。

一方で
3月は外科矯正手術が夏休みの次に多いい季節です。

そんな中、夏休みに手術した外科矯正治療の患者さんの矯正装置が取れました。
患者さんのリクエストで装置を外した写真が欲しいとのことでしたので、今PCに取り込んでる所です。

この方は以前にもブログに掲載させていただいたので、今回は最後までの治療経過を見せることができました。

【治療方法 期間】経過を画像で見る、外科的矯正の一連の流れとは?

それでは初診の状況です

301

もともと犬歯が八重歯の状態でした。

成人の患者さんで八重歯の人の場合は八重歯が動かない場合があります。
確立的には5000人に1人といわれておりますが、私は過去に2人経験しております。
けっして10000人も治療してはおりませんが、3000人くらいは治療してきたと思いますので、1人くらいは遭遇してもおかしくはないと思います。
302

 

 

 

303

このように上顎と下顎を比較した場合、上顎のほうが治療期間が長くかかると判断した場合は

矯正装置を装着する部位も上顎のみとする場合があります。

つまり、

治療ゴールから逆算して準備をすすめているわけですね

305

本症例は外科矯正治療となりました。

当院では外科矯正治療は健康保険での治療です。

健康保険の治療でも透明で目立たないブラケットを使用しております。

ただし、手術中に万が一外れてしまった場合のことを考えると、まったく透明ではなく、

ワイヤーが入る部分に金属スロットがはいっております。

この金属スロットがあるおかげで、何かあってもレントゲン撮影でブラケットが写るので安心です。

306

307

歯列には表側と裏側があるのはあたりまえなのですが、不正咬合を改善する場合、かみ合わせの状況によって、装置をつけるのが表が早いのか裏が早いのかで選択することがあります。

つまり、この段取りの部分をスムーズにおこなうことによって、治療期間が3~6か月は短縮できます。
いわゆる裏側矯正治療などの場合は装置をつけるのが裏と限定されてしまうため

この段取りの部分が遅くなりがちです。
ですので、同じ症例を同じ術者が治療をおこなった場合は表側の装置の方が段取りがしやすい分、裏側装置よりも治療が効率的になります。

ただ、最近は裏側装置も本当に進歩してきたので、僕自身はあまりストレスを感じなく治療をおこなってます。
過去のブログをみていただければわかりますが、裏側矯正治療の割合が非常に多くなってきました。

308

上下の歯に装置がつき、ある程度歯列のアライメントが完成してきました。

外見的には非常によくなっておりますが、咬合(かみ合わせ)としてはまだまだの状態です

 

 

310

このあと、外科手術をおこないました。

一般的な知識としては外科手術の場合 入院期間は1週間前後、 出血は200~400cc
術後1か月は柔らかい食事を中心としてもらい、1か月経過したのちにだんだんと硬いものを食べていきます。

 

当院では食後のチューインガムを使ったトレーニングをおこなってます。
このチューインガムトレーニングに効果は東北大学で論文にもなっております。
ガムを使ったトレーニングをすることで、あきらな咬合力の回復スピードが変わります。

そして、いよいよ装置が外れました!
スタッフみんなでお祝いをしたかったのですが、残念なことに土曜日でしたので診療室もバタバタしておりました。

311

上からみると

 

 

 

314

横のかみ合わせは

 

 

 

 

312

初診時から比較すると本当に美しくなりました。

 

 

 

301

302

 

 

 

 

この状態が2年足らずで

311

312

 

 

 

 

このように変化しました。

今後はホワイトニングを希望されているので、ホワイトニングをおこなっていく予定です。
ホワイトニングの経過も御見せしますので、みなさま楽しみにしていてください!
Fさんよろしくお願いします(笑)

プロ矯正歯科HP

院長動画・診療室風景



ピックアップ記事

  1. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  2. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  3. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  4. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  5. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過

関連記事

  1. 外科矯正が知りたい

    外科矯正の手術に同席することもある

    ブログ読者のみなさまこんにちは。いよいよ3月卒業式のシーズンに…

  2. 外科矯正が知りたい

    優秀な矯正医師は多いが、優秀な外科医師は数少ない

    今日は外科的矯正治療について話をしたい。当院では一般歯科の先生…

  3. 外科矯正が知りたい

    【手術 期間】上下骨きりの手術計画について

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  4. 外科矯正が知りたい

    顎変形症の手術は術後顔貌の変化が大きいため向き、不向きがある

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  5. 外科矯正が知りたい

    【外科矯正治療】治療が4年、長期間になってしまった場合の症例

    みなさまおはようございます! 東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  6. 外科矯正が知りたい

    【出っ歯 歯列矯正治療】出っ歯で悩まないで!治す方法を画像で見る

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    成人矯正(その1)
  2. 抜歯矯正が知りたい

    ホワイトワイヤー 表側装置で治療した20代女性
  3. 子どもの矯正が知りたい

    小児矯正を行ったお子様、抜歯せずに治療をしました!
  4. その他

    stay homeで自他ともにかわったこととは?
  5. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯周病 症例】上顎前歯2本を抜歯して矯正治療開始する40代女性
PAGE TOP