治療期間が早い矯正が知りたい

顔の変化を望むと治療期間が長くなる?半年で終わる歯列矯正とは?

みなさまおはようございます。
東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。
さて、今年も本日で最後の診療となりました。
今年1年間、自分自身および診療所が成長してこれたのも、みなさまのおかげでございます。本当に1年間ありがとうございました。
私は開業する以前は昭和大学矯正学教室に10年間勤務し、開業し6年が経過しました。おおよそ大学病院の勤務している期間の半分を開業医として経過したのですが、臨床経験値としては2倍以上得ることができたと思います。
理由を列挙すると
1:症例数に関しては3倍程度増加
2:組織ではなく、自分が院長という立場なので、判断および行動が素早い
3:結果にたいするフィードバックが早い
4:大学時代も仕事熱心でしたが、年間300日以上は歯科関係の事をしている
5:矯正専門の枠を超えて、インプラントや審美歯科等、包括的歯科医療の実践

という感じです。
その中で特に実践できたこととしていわゆる6カ月で終わる歯列矯正という、スピード矯正があります。
結論としては、6か月ですべてを終了するスピード矯正は難しいということです。
1歯から数本の歯並びを改善するような部分矯正ならまだしも、今回の症例のような、かなりの修正が必要な症例の場合、6か月では難しいです。

顔の変化を望むと治療期間が長くなる?半年で終わる歯列矯正とは?

1769-1

1769-2

スピード矯正の適応症は写真のような歯並びがガタガタであり、
かつ、骨格的な不正が少ない症例がベストです。
つまり、出歯やしゃくれ等、歯並びに加えて、顔貌の改善も望む場合は治療期間が延長すると思ってください。

写真は装置を装着した日に撮影しました。
おおよそ3カ月後の写真です

1769-3

1769-4

3か月でご本人が気にされていた、
1:前歯の真ん中と顔の真ん中が一致していない
2:歯が斜めに傾いている
3:前歯が内側に入っている

などの症状は改善したものの、歯に隙間がのこってしまっています。

結局のところ、こういう部分をブリッジやインプラントで閉鎖してしまえば、
6か月で矯正治療が終了ということは成り立つのですが、、、、、、、
矯正治療単独で隙間を閉鎖するとなると、残り3カ月では少し厳しいです。

そうなるとどの程度の期間で治療可能かということになります
A:抜歯が必要ない症例の場合、8カ月から10カ月
B:抜歯が必要な症例の場合、1年から1年3カ月

といった感じでしょう。

スピード矯正もマウスピース矯正同様、適応症があります。
カウンセリングの結果、自分にとって都合がよいと思い、治療を開始したものの、結局満足した結果にならないことも多く聞きます。

矯正治療の場合、結果がわかるのが先ですので、今はなんとも言えませんが、治療を引き受ける担当医のモラルも大切なことと思いました。

来年も自分自身にとっても患者さんに対しても正直な診療をこころがけるように頑張っていきます。

1年間ありがとうございました。新年は6日から診療を開始します。



ピックアップ記事

  1. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!
  2. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感
  3. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  4. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  5. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過

関連記事

  1. 治療期間が早い矯正が知りたい

    あけましておめでとうございます!インフルエンサー割引開始します!

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  2. 治療期間が早い矯正が知りたい

    親知らずも抜歯しないで利用できる場合がある

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  3. 治療期間が早い矯正が知りたい

    上下の永久歯の数が異なる場合、歯列矯正治療での対応は?

    みなさまこんばんは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  4. 外科矯正が知りたい

    ちょっとした表現のちがいで、まちがった解釈をしてしまうこともある

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  5. 治療期間が早い矯正が知りたい

    来年もずっと綺麗でいたい!スピード矯正経過報告

    ブログ読者の皆様おはようございます。いよいよ今年も12月に入りまし…

  6. 治療期間が早い矯正が知りたい

    安い?早い?デメリット?スピード矯正を始める上で大切なこと

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です最近までは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 歯周病の矯正が知りたい

    【50代患者 画像あり】歯周病患者の歯科矯正治療⓵
  2. その他

    【歯列矯正】年齢関係なく歯の数が上下左右異なる場合の対応は?
  3. その他

    【両国国技館近くの開業医がひとり言】日馬富士の引退について
  4. 永久歯少ない人の矯正

    インプラント矯正
  5. 治療期間が早い矯正が知りたい

    当院の診療体制が充実します!スピード矯正治療のご案内
PAGE TOP