その他

折れた歯を矯正治療によって抜歯を回避する

12.16.jpg

ブログ読者の皆様こんにちは。本日も午前中は千葉の病院にて下顎を移動する手術に立ち会っていました。本日の患者様は下顎が左右にずれていまして、右は前方に左は後方に移動するという複雑な手術でした。さらに、上あごの歯茎の中にもぐっている親知らずを左右抜歯するという内容でした。手術時間は左右の親知らずの抜歯を含めて2時間3分。出血量は計測不能とのことでおおよそ50ccということでした。一般的に下あごの移動手術は手術野が目で直視できないことから出血量が多くなる(通常200~400cc)といわれているのに対し、外科の先生がおっしゃることは見えないなら見えるように準備をすれば余計なところを切る必要はなくなる。その結果出血量が少なくなるとのことでした。なるほどと理解できたのですが、人間少しできるようになると現状に満足してしまいがちです。歯列矯正も同様に現在のテクニックに満足せず、さらなる改良、工夫をこらしより良い医療を心がけていきたいと初心に戻ることができた一日でした。

また、手術後におととい水曜日に手術をされた方のお見舞いに伺ったのですがとても元気そうで今週末くらいには退院できるとのこと。やはり、手術は矯正治療と異なり結果が早く現れてしまいますので技術の差が歴然です。
ところで話は変わるのですが、通常歯が折れてしまうと抜歯となってしまいます。このかたも従来の治療方法では当然抜歯適応の患者様でしたが前歯ということもあり、急遽矯正装置をとりつけ歯を歯茎の下に向かって引っ張りだす計画を立てました。下段左は装置装着約3ヶ月後。無事に根がでてくる結果となりました。下段右はその後新しい差し歯が完成した写真です。
すべての症例がこのように適応症となるのではありませんが、かなりの高い確率で折れた歯でも無事に救うことができます。ただし、このような治療は健康保険の適応症とはなりませんのでどうしても高額な医療費が必要となってしまいます。しかしながら、患者様の満足度はかなり高いものを提供できたと思います。



ピックアップ記事

  1. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!
  2. コロナウイスルに感染しにくい予防法とは?
  3. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  4. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  5. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?

関連記事

  1. その他

    遠隔地から通院されている人の治療で気をつける3つのポイントは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  2. その他

    年末にむけて装置撤去が増えております。

    ブログ読者のみなさまおはようござい…

  3. その他

    顎変形症学会にて

    ブログ読者のみなさまお久しぶりです。今週の水曜日から金曜日まで、新潟…

  4. その他

    今年最後の診療です

    みなさまこんにちは。プロ矯正歯科院長田中憲男です。2007年の当…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 子どもの矯正が知りたい

    【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  2. 白い歯になりたい

    【歯列矯正】子供の歯列矯正がきっかけ、親も治療を行った症例とは
  3. 抜歯矯正が知りたい

    【出っ歯 前歯 抜歯画像】歯列矯正治療を行った10代の姉妹症例②
  4. 外科矯正が知りたい

    歯科矯正医師がブログで外科矯正手術を分かりやすく説明する!
  5. その他

    久しぶりのブログ更新です
PAGE TOP