その他

矯正治療後の後戻りとは

32aecdc5.jpg

 

 

 

 

 

 

みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です。
昨年のブログ更新がのびにのびてしまったことを深くお詫びいたします。
当院の患者様には年賀状に今年の抱負を書かせて頂きました。今後ともどうぞよろしくお願いします。治療中にブログの話題を振られると正直お恥ずかしいです(笑)ぜひともコメントよろしくお願いします。
さて、お正月の私の行動はいたってシンプルでした。
31日~1日にかけては除夜の鐘をたたきに行き、初詣。
2日と3日は箱根駅伝の観戦と、のんびりした過ごし方をいたしました。箱根駅伝はちょっとみる予定だったのが、なかなかの熱戦のため結局往路も復路も観戦をしてしまいました。最近の若者は軟弱化といわれておりますが、そんなことを感じさせない駅伝ランナー達にとても感動をいたしました。
ほかにやったことといえば、アメリカ歯周病学会の講演DVDを観ました。このDVDはちょっと高額な費用なのですが、アメリカ本土までの旅費や休診することを考えるととてもリーズナブルなDVDといえます。繰り返しみることができるのも良いですしね。

さて、歯科矯正の話題に移りますが、よく、矯正治療は後戻りをするといわれております。治療前の状態にもどるのではないのですが、ワイヤー装置の後の保定装置を使用しないとやはり歯は動いてしまいます。
どうしてかというと、矯正治療は骨折の治療と非常に似ており、治療後の歯は骨折治療と同じく、取り外し式のギブスで固定しないと曲がって骨がくっついてしまう現象と一緒なためです。

当院ではかれこれ数百人の患者様が矯正治療を受けておりますが、いわゆる後戻りで再矯正することになった方は、この方が初めてです。

写真上段が初診時。
中段がワイヤー終了時
下段が後戻り時

という感じです。

向かって右側の犬歯の部分が初診時のそれに近い形となってきております。
この程度は気にならないという患者様も実際におりますが、後戻りという現象はこのようなことを指します。しかしながら初診の状態になっているわけではないことも御理解していただけると思います。

現代歯科矯正学では完全に後戻りのコントロールをすることは不可能といわれております。
真面目に保定をするか、多少の戻りは気にしないかのどちらかではないでしょうか?



ピックアップ記事

  1. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  2. コロナウイスルに感染しにくい予防法とは?
  3. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  4. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは
  5. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~

関連記事

  1. その他

    歯の将来が分かる歯科用CT、歯科矯正診断方法とは?⓵

    みなさまこんばんは。東京の歯列矯正治療歯科・プロ矯正歯科院長 田中憲男…

  2. その他

    送別会

    みなさまこんばんは。昨日は母校である昭和大学矯正学教室の送別会でした。…

  3. その他

    航空関係の仕事に就きたいなら歯並び改善しましょう

    ブログ読者の皆様こんにちは。アメリカペンシルバニアから帰国して…

  4. その他

    兄弟姉妹の歯並びは似ているのだろうか?

    今日は兄弟姉妹の歯並びについてコメントをしようとおもう。人間の身体的特…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 良いクリニックの選び方

    日大アメフト部の事件・矯正歯科クリニックもSNSの影響を受ける
  2. 外科矯正が知りたい

    新元号:令和 40歳女性 外科ボーダー症例をインビザラインで治療
  3. 外科矯正が知りたい

    ブログで見る、外科的矯正か非外科的矯正か?
  4. その他

    他院と当院で出来る治療は違う、全ては医師の技術次第
  5. その他

    【抜歯 放置】抜歯、装置をつけず放置するとどのような結果になるか?
PAGE TOP