その他

矯正治療後の後戻りとは

32aecdc5.jpg

 

 

 

 

 

 

みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です。
昨年のブログ更新がのびにのびてしまったことを深くお詫びいたします。
当院の患者様には年賀状に今年の抱負を書かせて頂きました。今後ともどうぞよろしくお願いします。治療中にブログの話題を振られると正直お恥ずかしいです(笑)ぜひともコメントよろしくお願いします。
さて、お正月の私の行動はいたってシンプルでした。
31日~1日にかけては除夜の鐘をたたきに行き、初詣。
2日と3日は箱根駅伝の観戦と、のんびりした過ごし方をいたしました。箱根駅伝はちょっとみる予定だったのが、なかなかの熱戦のため結局往路も復路も観戦をしてしまいました。最近の若者は軟弱化といわれておりますが、そんなことを感じさせない駅伝ランナー達にとても感動をいたしました。
ほかにやったことといえば、アメリカ歯周病学会の講演DVDを観ました。このDVDはちょっと高額な費用なのですが、アメリカ本土までの旅費や休診することを考えるととてもリーズナブルなDVDといえます。繰り返しみることができるのも良いですしね。

さて、歯科矯正の話題に移りますが、よく、矯正治療は後戻りをするといわれております。治療前の状態にもどるのではないのですが、ワイヤー装置の後の保定装置を使用しないとやはり歯は動いてしまいます。
どうしてかというと、矯正治療は骨折の治療と非常に似ており、治療後の歯は骨折治療と同じく、取り外し式のギブスで固定しないと曲がって骨がくっついてしまう現象と一緒なためです。

当院ではかれこれ数百人の患者様が矯正治療を受けておりますが、いわゆる後戻りで再矯正することになった方は、この方が初めてです。

写真上段が初診時。
中段がワイヤー終了時
下段が後戻り時

という感じです。

向かって右側の犬歯の部分が初診時のそれに近い形となってきております。
この程度は気にならないという患者様も実際におりますが、後戻りという現象はこのようなことを指します。しかしながら初診の状態になっているわけではないことも御理解していただけると思います。

現代歯科矯正学では完全に後戻りのコントロールをすることは不可能といわれております。
真面目に保定をするか、多少の戻りは気にしないかのどちらかではないでしょうか?



ピックアップ記事

  1. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  2. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  3. 出版記念講演会のおしらせ
  4. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感
  5. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!

関連記事

  1. その他

    サージガイド

    ブログ読者のみなさまこんにちは。今日は雨のためか、院内が暇なのでブ…

  2. その他

    小児期(小学校低学年~)の歯列矯正治療は有効か?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  3. その他

    プロ矯正歯科

    今日はプロ矯正歯科という名前で開業した理由を話したい。矯正専門…

  4. その他

    youtubuで作成中、矯正で歯が動く様子を記録しました!

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。ひさしぶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 永久歯少ない人の矯正

    矯正治療によって、顔のゆがみがひどくなる場合もある!
  2. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯周病 矯正】30代を過ぎると歯周病を考慮した治療が必要になる
  3. 歯周病の矯正が知りたい

    中年男性でも、歯列矯正した方が良いと思います。
  4. 抜歯矯正が知りたい

    治療途中で抜歯本数の変更をした症例
  5. 歯周病の矯正が知りたい

    【抜歯 虫歯】矯正治療中に虫歯を放置すると場合によっては抜歯となる②
PAGE TOP