抜歯矯正が知りたい

【長期治療】先天的に永久歯が2本欠損した開咬症例



みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

ブログランキングがんばってます!

みなさまの熱い応援で順位も定位置までもどってきました

年末にむけて忙しいですけど、がんばって更新していきますので、

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

先週までは日の出前から出勤していたのですが、冬至をすぎて日照時間が長くなってきました。

寒さはこれからが本番ですが、出勤時に日の出をみることができると

1日をすがすがしく過ごせるような気がします

話はかわるのですけど、

明日は、私が住んでいる埼玉県で議員選挙があります

退職者が出たための補欠選挙ですから、定員は1ないし2名でした(すいません、数まで把握してません)

選挙運動は規定があり、朝8時から夜8時までが運動して良い時間帯だったと記憶しております

ところが、最近の選挙は選挙演説などは上記の時間帯に限定しての運動ではあるものの、

実際は、駅前に始発から8時くらいまでの時間とおそらく、夜8時から終電までおこなってます

具体的には

本人が肩からタスキをかけて、駅の改札口近くに立ってます

来る人来る人に私は〇〇ですと名乗ることはありません

それをおこなうと、演説とみなされるからだと思います

そのかわり、ひたすらひたすら おはようございます!

を連呼しています

今までの議員選挙では

朝8時から夜8時までの時間帯が勝負だったはずなのですが、

ここ最近の選挙は

当然のごとく

始発から終電まで、選挙活動をおこなってます

政治家になるのも大変になってきた時代なのだなあと思いました

一方で

矯正歯科クリニックの方はどうかというと

確かにどんどんと新規の開業は増加しております

一般的な普通の症状をもった症例に関しては

やはり患者さんの奪い合いが激しくなってきたと思います

一方で

どこにいっても断られる

治療は不可能といった患者さんは

大勢おります

そんな理由もあり

プロ矯正歯科の患者さんも

一般的な症状をお持ちの方の数は減少してきました

そのかわり、難易度の高い方は遠方からも普通に通院されますので

そのような方の割合が非常に多くなりました

 

私は日曜日に

一般歯科クリニックの歯列矯正治療をおこなっております

そこは、本当に普通の症例しか担当しませんし

ちょっと難易度が高い症例の場合はすぐに知り合いの専門医に紹介してしまいます

やはり、いつ退職するかわからないので、

だれが治療しても治せるレベルの症例しか担当したくありません

正直、私が突然死したら

プロ矯正歯科の患者さんはどうなるのか心配ですが

そうなった場合でも

返金だけはきちんとできるように

プロ矯正歯科が受け取りとなっている生命保険に加入してますので

御安心ください(笑)

本日の症例も、難易度で言えば

かなりのヘビー級症例でした

治療結果をみれば

本当にここまで良く治ったなあと

うれしく思いました

それでは初診です

 

【長期治療】先天的に永久歯が2本欠損した開咬症例

 

まずは 定番の開咬ですね

 

最近はこの程度の開咬患者さんが来ても

なんとかなるかな!という見方ができるようになりました

経験って重要ですね

 

 

右からみても左からみても開咬です

 

また、奥歯の咬み合わせも良くないのがわかると思います

 

 

左右の金属の歯を注目してください!

この歯は乳歯です!

 

また、乳歯の下には永久歯はありません

 

下顎の歯列です

上顎の歯列と比較しても左右差が広いのがわかります

また、舌がとても大きいのがわかると思います

また、側面頭部X線規格写真分析では

かなりの開咬傾向がみうけられました。

 

結論

当初は外科的矯正治療をすすめました

御本人は外科は嫌だということでしたので

100%御自身がイメージしている治療結果を提供することは

不可能ですが、

外科がどうしても嫌なら、普通の矯正治療ですすめましょう!

ということで、治療スタートです

 

この症例で上顎の乳歯の部分がもしも永久歯があるのであれば

絶対に非抜歯矯正治療を選択します

 

しかしながら、乳歯の状況はきわめて困難な状況でしたので

抜歯するしか方法はありませんでした

 

治療期間は出産をはさんで

おおよそ3年4か月かかりました

特に、出産後は治療を休んだこともあり

通院間隔も2か月に1回と長くとったりもしました

 

本当にここまで良くなおりました

自画自賛です

側面の咬合はかなり良好です

いやあ、本当に良くなおりました(笑)

一仕事終えたといえます

もともとが

 

この状況が

これですから、すごいです

この状態が

奥歯の移動量がとてもすごいです

これだけ移動しながら、バーテカルコントロールもしていく考慮をする

まさに

プロ矯正歯科本年のMVP症例でした!

じつは、

外科矯正治療のMVP症例も選出したいのですが、

あいにく、外科矯正治療は保険治療のため

モニター制度がございません

ところが、外科矯正治療のあとに

審美治療を予定されている患者さんがおりますので

審美治療を割り引くことで交渉してみようと思います。

8:00を過ぎました

本年最後の土曜日診療がはじまります

本当に予約がパンパンなので、

10人近く診療をお断りさせていただきましたことを

深くお詫びします

最後までありがとうございました

よろしかったら、応援のクリックお願いします




歯列矯正ランキング

ピックアップ記事

  1. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!
  2. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  3. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  4. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?
  5. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!

関連記事

  1. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯矯正治療】治療計画を立てる上で前歯を抜歯する症例とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  2. 抜歯矯正が知りたい

    【虫歯原因】虫歯で奥歯を抜くことになってしまった人の歯列矯正治療

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  3. 抜歯矯正が知りたい

    【健診 流れ】リテーナーを装着していれば定期健診をさぼれる?

    みなさまおはようございます東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です…

  4. 抜歯矯正が知りたい

    医師が教える!難易度の高い歯列矯正治療がある?

    ブログ読者のみなさまこんにちは。本日も治療費comにて口コミコ…

  5. 抜歯矯正が知りたい

    治療期間が3年、予想以上に長くなった歯科矯正治療のふりかえり⓶

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 歯周病の矯正が知りたい

    【30~40歳対象】歯肉退縮した状態からの裏側矯正の工夫
  2. 子どもの矯正が知りたい

    【医師が教える!】小児矯正を行う上で押さえる3つのタイミングとは
  3. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯周病】成人の患者をマウスピース装置で矯正治療すると? ~1~
  4. その他

    オウム真理教が歯列矯正治療に及ぼした影響について
  5. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯矯正治療】抜歯部位が異なると治療の難易度が変わる場合とは
PAGE TOP