その他

少しずつでも歯列矯正の技術を向上する努力

ブログ読者の皆様こんにちは。本日は大宮市内の医療法人に矯正治療の出張にきています。さすがにクリスマスということもあり。午後6:00で予約患者さまの診療は終了いたしました。6:30までは緊急のために医院内に待機をしているため、空き時間を利用してブログの更新をいたしました。したがって、残念ですが写真はありません。

今年の反省点は、いろいろな症例の写真をUPしたいにもかかわらずその種となる写真がとても少なかったことです。後できずいてももう手遅れですよね?大学病院のように資料収集、保存が徹底されていなかったことが一番の反省です。
診療全般にあたっては自分自身まだまだ向上している実感が湧きます。職業は異なりますがNYヤンキースの松井選手も毎年バッテイングフォームを改良するのと同じく、私自身の矯正治療のテクニックも向上しています。ここからはすこし難しい話になってしまいますが、テクニックが向上したのも事実ですが、注意力や観察力(より症例を深く理解でき問題点を観察できる部分が向上したと思います)。

やはり、経験した症例数が増えれば増えるほど、また、このような症例を提示する機会を与えていただけたブログのおかげで自分を見つめなおすことができたと思います。
最後に、昨日日本矯正歯科学会より送られてきた新聞記事に学会専門医という制度が発足するらしく、現在その原案を製作中とのコメントがありました。その原案はかなりハードルが高く、アメリカやヨーロッパ等の矯正専門医の制度と遜色ない内容でした。正式には来年度以降に発足すると思いますので、この件は来年度以降の目標としていきたいと思います。





ピックアップ記事

  1. 当院のコロナウイルス対策~第3報~
  2. 韓国で美容整形する人が増加してきました
  3. 40代から奥歯を抜歯して歯列矯正した女性が50代になり、久々に来院されました
  4. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  5. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例

関連記事

  1. その他

    韓国で美容整形する人が増加してきました

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  2. その他

    顎変形症学会にて

    ブログ読者のみなさまお久しぶりです。今週の水曜日から金曜日まで、新潟…

  3. その他

    年齢・歯周組織を考慮して、出来れば抜歯せずに治療します

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  4. その他

    秋は学会シーズンですね

    ブログ読者のみなさまこんにちは。プロ矯正歯科院長田中憲男です。3…

  5. その他

    忘年会シーズン

    ブログ読者のみなさまこんにちは。いよいよ忘年会シーズン本番となって…

  6. その他

    リニューアルしたプロ矯正歯科

    ブログ読者のみなさまこんにちは本日は雨のためか、キャンセルする患者…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 目立たない矯正を知りたい

    【表側矯正装置 裏側矯正装置】マウスピース矯正に有利な症例とは?
  2. 外科矯正が知りたい

    【外科矯正治療】治療が4年、長期間になってしまった場合の症例
  3. 良いクリニックの選び方

    矯正歯科医院としての社会的役割
  4. 抜歯矯正が知りたい

    【前歯 歪み】上下の前歯を抜歯して治療した36歳女性
  5. その他

    なるべく費用も抑えて矯正で目立ちたくない!工夫した治療方法とは?⓵
PAGE TOP