その他

歯並びがよくなってくるとファッションにも変化が生じてきます

6.5.jpg

ブログ読者の皆様こんにちは。結局、5月は一回もブログの更新ができず皆様にご迷惑をおかけいたしました。記事にしたい事はいろいろとあったのですが、新人スタッフ研修等の資料作成などで時間をとられてしまいました。

6月に入りますと学会のシーズン突入です。まずはじめは6月21日~の日本顎変形症学会。7月6日は東京矯正歯科学会 他に日本口蓋裂学会や地方の地域学会などいろいろと開催されます。
学会発表も未来の矯正歯科の発展には重要なことですが、現場の患者様の皆様がより歯列矯正に対して理解を深めていただけるようなコラムを掲載したいと思い、先日某雑誌編集長などと打ち合わせ等もおこないました。

タイトルは【歯列矯正と色】です。
歯並びがよくなってくると、口紅の色が変化したり、洋服の色使い等が変わってきます。実際にこのような変化が生じるのは事実なのですが、それを数値化することがなかなか難しいところですね。

写真のかたも初診時よりわずか7ヶ月程度で本人の主訴は改善されています。
実際はのこり8ヶ月程度は装置はついたままとなってしまいますが初診時のような歯並びがずっと続くわけではなく、治療の途中で主訴は改善されていることがほとんどです。



ピックアップ記事

  1. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  2. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  3. 韓国で美容整形する人が増加してきました
  4. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感
  5. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?

関連記事

  1. その他

    日本歯科医師会や東京都歯科医師会での歯科医師の活動内容とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  2. その他

    たくさん歯を抜いてしまった人の歯列矯正治療

    みなさまおはようございます。プロ矯正歯科院長、田中憲男です。…

  3. その他

    事前に顎の歪みを把握、非外科矯正治療に望んだ場合のポイントは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  4. その他

    外科矯正治療の必要性のない反対咬合症例の治療経過とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  5. その他

    忘年会シーズン

    ブログ読者のみなさまこんにちは。いよいよ忘年会シーズン本番となって…

  6. その他

    他院と当院で出来る治療は違う、全ては医師の技術次第

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です。天…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    折れた歯を救う方法はあるのか?
  2. 目立たない矯正を知りたい

    3つの特徴から見る、大学病院矯正と一般矯正開業医の比較
  3. 良いクリニックの選び方

    患者さんからの紹介は良いクリニックの条件の一つです
  4. 抜歯矯正が知りたい

    【初診 確認】初診時に矯正治療目標を確認しておくことはとても重要 
  5. 目立たない矯正を知りたい

    ~インビザライン(マウスピース矯正治療)の経過~
PAGE TOP