その他

アメリカニューヨーク州では国民の16%がコロナ抗体者という発表がありました

 

 

 

 

 

 

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします


歯列矯正ランキング
緊急事態宣言が発令してから17日経過しましたが、
以前感染者数は減少していませんね

先週は石田純一さんがコロナに感染し
先日は岡江久美子さんが亡くなったり
コロナがどんどん近づいてきている感じがしてきました

表紙のようなコロナウイルスのバイクまで登場したそうです

そんな中、衝撃的なニュースが出てきましたので
みなさんとシェアをさせていただきたいと思います

まず、基礎知識として

BCGワクチンを接種していると感染しても重症化しにくいと言われています

アメリカやフランス、スペインなどはBCGワクチンの接種をしていません

ワクチンを接種していると感染しにくいのか?

それとも感染しても重症化しにくいのか?については不明です

テレビで報道されているPCR検査というのは

ウイスルが活発に活動している状況である証明です

つまり、PCR検査で陽性の場合、他人にうつす可能性があります

 

一方で

無事に退院された人(たとえば、阪神タイガースの藤波投手)のような人の場合

PCR検査が陰性(マイナス)となって退院です。

たしか、2回検査して2回とも陰性だと退院できるそうです

 

つぎに抗体という表現があります

一度病気にかかると、その病気に対しての抵抗力がつくので

抵抗力のバリアーみたいなものを抗体と呼びます

ただ、コロナウイスルは進化するといわれているので、

抗体ができても、感染する可能性があるともいわれていますが

ここでは一般的な抗体についての説明とします

 

抗体がある≒コロナにかかった人 と 定義して良いと思います

 

そんな中、アメリカのNY州では

街中の人3000人に抗体検査をしたところ

なんと!

14%の人が抗体をもっていました

3000人の無作為の母集団ですので、結構な信ぴょう性があります

これは公式発表の10倍ということになります

一方で

日本の場合はというと

慶応大学病院が無作為に67人に検査したところ、6%が陽性でした

NYの場合は抗体検査

慶応の場合はPCR検査ですので、比べ方が異なります

文章が長文になってしまうので、結論にいきます

そもそも、コロナウイスル発祥の地は中国の武漢と言われています

日本は世界の中でも早い時期からコロナウイルスを大量に輸入してきました

東京オリンピック開催のために、PCR検査をせず、発症者をごまかしてきました

たまたま、BCGワクチンを接種していたことで欧米諸国と比較して重篤化していないだけで

抗体をもっている人はNYよりも多くいると推測できます

おそらく、断言できると思います!

つまり、日本国民 1億1000万人に対して、すくなくとも10%の1100万人が

コロナ抗体をもっていると仮定してもおかしくない可能性があります

地域差がありますので、5%としても550万人の国民が抗体をもっています

そうなると、日本でコロナで死亡と発表した数は300人程度です

もしかしたら、コロナで死亡なのにPCR検査しないことで

普通に葬儀をおこなった人が250人いたとして 合計で550人

そこで計算をしてみると

死亡率は550÷550万≒0.01%となります

ちなみに、医学誌ランセットによると、0.66%と言われています。

「ランセット」というと、医者なら誰でもが知っているような、

インパクトファクターの高い有名な医学誌なので、そのデータには信ぴょう性があります。

0.66%は米国でのデータですので、BCGワクチンを接種している日本の場合は

重症化率10分の1と言われていますので

0.66÷10分の1≒0.066%となります

結論としては

効果的な薬がない状況ですので、免疫力が低下している人が重篤化するのです

糖尿病、肝臓病、腎臓病や呼吸器疾患、抗がん剤や白血病の治療中の人は本当に気おつけなければ

最悪死に至ります

免疫力アップする簡単な方法は

平常時の体温を1度あげることです

対応が1度あがることで、免疫力が5倍になるといわれています

1度が無理なら0.1度でも効果があります

また、禁煙できる人は禁煙しましょう(重症化防止のため)

また、口が乾かないように適度に水分と補給しましょう

うがいでも良いです

 

プロ矯正歯科としては

コロナ対策はできるところかなりやりつくした感があるので、

今後は

可能であるならば、コロナウイルスの抗体検査キットを購入したいです

購入したら、当然 院長の自分が最初に検査をうけます!

もちろん希望者には検査をおこないます!

現在、検査キット購入のために様々な企業に打診をしています

それでは、長文になりましたが最後までありがとうございました

本日も1日がんばりましょう!

 

ピックアップ記事

  1. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!
  2. 出版記念講演会のおしらせ
  3. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは
  4. コロナウイスルに感染しにくい予防法とは?
  5. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例

関連記事

  1. その他

    親知らずの前を抜歯して代わりに親知らずを利用する治療

    ブログ読者の皆様こんばんは。本日はクリスマスですね?それぞれ楽…

  2. その他

    出っ歯だけ治す矯正治療はあるのか?プロが教える本当の治し方

    みなさまお久しぶりです。東京の歯列矯正治療歯科プロ矯正歯科長田中憲男で…

  3. その他

    新しい事を吸収するには古い事を捨てる必要もある

    皆様こんばんは 本日で当院の年内業務は終了です 。ふりかえれば…

  4. その他

    他医院からの引き継ぎ治療は費用が割高になる

    ブログ読者のみなさまこんにちは。今日は他医院で矯正治療をおこな…

  5. その他

    外科矯正治療の必要性のない反対咬合症例の治療経過とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  6. その他

    少しずつでも歯列矯正の技術を向上する努力

    ブログ読者の皆様こんにちは。本日は大宮市内の医療法人に矯正治療の出張に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 子どもの矯正が知りたい

    【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  2. その他

    オリンピック中止発表前後のコロナウイスル患者数の推移を振り返ってみて
  3. 良いクリニックの選び方

    25歳時上下4本抜歯をして歯列矯正治療をおこなって36歳になりました
  4. 子どもの矯正が知りたい

    抜歯か非抜歯かボーダーライン症例。治療後3年経過しました現在
  5. その他

    矯正治療の中断、転医について
PAGE TOP