その他

一生自分の歯で生活したい!私たちはどうすれば良いのか?

みなさまこんばんは 東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です。

本日は午前中、千葉病院にて上下顎切手術をおこないました。
朝830に到着、患者さんは50歳代と外科矯正患者さんとしては比較的高齢だったこともあり、ご本人と手術前にお話をしました。
手術自体は930にスタート終了は1230と3時間ちょうどでした。本当に口腔外科の先生にはいつも大変お世話になっております。

予定どおり午後の錦糸町での診療には間に合いました。

また、今日はいつもより午後の診療を早く切り上げ、夜は墨田歯科医師会の勉強会に参加してきました。JIADSという歯周病の勉強会主宰の小野義弘先生です。

本日のテーマは

一生自分の歯で生活したい!私たちはどうすれば良いのか?

基本的なコンセプトはたったの3つです

1:正しいかみ合わせ
ある研究結果で75歳で20本以上自分の歯を維持できている人の70%が正しいかみ合わせでした。
一方、受け口や開咬といった症状のひとで、20本以上維持できていた人は0%でした。
僕は0%という結果にとてもびっくりしております。
つまり、歯列矯正治療の必要性が確認できたということです。

2:ブラッシングが簡単にできる環境をつくる
どんなにブラッシングが上手でも、歯茎の環境がブラッシングしずらい状況ですと歯周病が進行してしまいますし、ちょっとしたアクシデントで症状が悪化いたします。
反対に環境が良好ですと、多少雑なブラッシングでも良い状態が維持できます。

3:歯を支えている骨や歯ぐきを強くする
骨を強くするというと、牛乳を飲むとかカルシウムを摂取すると思われがちですが、そうではありません。
細菌が体に入りにくく、強靭な歯茎と骨を構築するのです。

現在の僕は1と2に関しては合格点を与えても良いと思う技術をもっております。しかしながら、3についてはまだまだこれからの努力が必要と思います。

1とか2の症例とは
1123-1

このような症例や

1225-1

このような症例です

治療後

1123-2

1125-2

となります。

素人にはわかりづらいですが、上記は3の問題がない人たちです

続いて

2290

2344

2154

といった人は特に3の問題のウエイトが多いい症例です。

じつはこの3の問題を抱えている人は結構たくさんいらっしゃいますが、私のようなところに診察にくる場合はほとんどが紹介、しかもかなりの遠方からの来院です。

つまり、どこにいっても症状がよくならなく、紹介で来院といった流です。

3の症例が仕上がるのは数年先ですが、楽しみにしていてください。

最後に、
日本有数の歯周病の著明な先生と自分の治療の考えがそう変わらなかったことが一番の収穫でした。
今後の自分の方向性もまちがっていないことが再確認できました。

明日もがんばります。

プロ矯正歯科

ピックアップ記事

  1. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  2. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  3. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  4. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは

関連記事

  1. その他

    82歳と高齢の女性が口唇裂傷、ケガの患者さんの対応の場合

    こんにちは。東京のプロ矯正歯科田中憲男です12月はみなさん忙しいの…

  2. その他

    矯正治療後のメンテナンスの必要性は重大、とても大切なことです!

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。昨日…

  3. その他

    年末にむけて装置撤去が増えております。

    ブログ読者のみなさまおはようござい…

  4. その他

    出っ歯だけ治す矯正治療はあるのか?プロが教える本当の治し方

    みなさまお久しぶりです。東京の歯列矯正治療歯科プロ矯正歯科長田中憲男で…

  5. その他

    【再矯正歯科治療】再矯正は普通の矯正歯科よりも難易度が高くなる

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です!こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 白い歯になりたい

    【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは
  2. 良いクリニックの選び方

    良い矯正歯科クリニックを選ぶ際に技術と同じくらい大切な事とは?
  3. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯周病 矯正治療】成人の患者をマウスピース装置で矯正治療すると?
  4. その他

    外科矯正治療の必要性のない反対咬合症例の治療経過
  5. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯列矯正】30代を過ぎたら歯周病を考慮した治療が必要になる?
PAGE TOP