その他

歯科矯正での目立たない半透明のホワイトワイヤーとは?

みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。

本日は午後からインプラントの手術のため、患者さんの予約を90分間でおとりしていたところ、
何の連絡もなくこちらからお電話をしてもつながらず、30分以上時間だけが経過してしまいました。
インプラントなどの手術の場合、器具の準備や消毒だけでも1時間程度は時間を必要としますので、
合計2時間30分間の時間ロスとなってしまいました。

これは医院にとっても私自身にとっても非常に残念なことです。
みなさまも相手の立場にたった行動をこころがけましょう。
私も常にそのようなこころがけができるように努力しております。
インプラントや矯正治療は長いお付き合いになりますので、本日のような行動をとられるような患者さんの場合、
治療前であれば今後の治療を断ったほうが医院にもプラスになる場合もございます。
また、時間ができたことですし、ブログの更新ができたことで前向きにとりましょう。

本日のテーマは

歯科矯正での目立たない半透明のホワイトワイヤーとは?

本日はホワイトワイヤーです。
通常の歯科矯正治療に用いられるワイヤーは銀色です
2022-4

上記の写真は最新のデーモン3ブラケットに通常のワイヤーをセットした状態です。
一方、ホワイトワイヤープラス透明ブラケットの組み合わせですと

1872-4

このような状態となります。

だいぶ、審美性が改善されてきていますよね!
これなら、裏側からの高額な矯正治療でなくてもいいかな?って思う患者さんがいるはずです。
ちなみに、この患者さんの初診時の状態です

1871-1

正面からはそれほど歯並びの不正はありません

1871-2

1872-3

とこんな感じでした。
現在は

1872-4

1872-5

1872-6

と、仕上げにむかってまっしぐらです。
ここまでの治療期間はジャスト1年です。
いよいよ来月は8月です。

プロ矯正歯科

ピックアップ記事

  1. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  2. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  3. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは
  4. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?

関連記事

  1. その他

    たくさん歯を抜いてしまった人の歯列矯正治療

    みなさまおはようございます。プロ矯正歯科院長、田中憲男です。…

  2. その他

    今年最後の診療です

    みなさまこんにちは。プロ矯正歯科院長田中憲男です。2007年の当…

  3. その他

    知っていれば得!歯科治療における確定申告、医療費控除について

    あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。プ…

  4. その他

    入院期間4泊5日の外科手術

    金曜に手術を終了した患者さんが本日朝退院されました 。仕事後60時間ほ…

  5. その他

    今年も学会発表をしてきました!

    みなさんこんにちは。東京の歯列矯正治療歯科プロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  6. その他

    歯並びを改善すると自信が持てますね

    ブログ読者のみなさま、こんばんは。プロ矯正歯科院長田中憲男です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 永久歯少ない人の矯正

    【抜歯 治療 症例】前歯のガタガタ、難しい開咬の治療とは?
  2. 目立たない矯正を知りたい

    裏側矯正って本当に治るの?
  3. 永久歯少ない人の矯正

    生えてこなければ抜歯も必要?永久歯の本数が少ない人が増えている
  4. 外科矯正が知りたい

    歯並びを綺麗に!美容外科か?保険適用か?2つの外科矯正治療の違い
  5. その他

    失敗は嫌!マウスピース矯正・床矯正治療は注意するポイントがある?
PAGE TOP