その他

2月の学会で発表するテーマとは?研究の一部をご紹介します

こんばんは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。

本日の内容は矯正臨床とは少しはなれた内容ですが、この冬に札幌でおこなわれる日本臨床矯正歯科学会での研究に触れたいとおもいます。
前置きは置いておき、現在の歯科矯正診断は2D(2次元)から3D(3次元)にシフトしてきます。
当院でも2007年には外科矯正患者の手術シュミレーション用にシンプラントOMSを導入いたしました。

矯正診断にはおおよそ50年前から同じ方法で分析および診断をおこなっております。
その一つが、側面頭部X線規格写真というものを用いた方法です。
理由としては、当時は研究という目的で健康な人からもX線写真を撮影した結果、標準値を求めることができました。しかしながら、現代では健康な人を対象としてむやみやたらにX線写真を撮影することはできません。
したがって、CTデータがあっても矯正をする必要がないような人を対象としたCTデータがありません。
そこで、
CTデータをパソコン上(計算をする)ことにより、従来からのX線写真に変換することがいろいろな大学研究機関でおこなわれておりました。

そこに、アメリカのある大学が一般的な臨床医でも使用可能なソフトを発売されたのです。
実際にこのソフトの完成度が高ければ患者さんにはどのような恩恵があるかというと、CT撮影のみですべての診断が可能ということになります。

つまり、特殊な撮影機器がないような僻地の歯科医院であっても、町の病院等に1回CTを撮影するだけでOKになります。
つまり、医療の質が全国で平等になります。また、そういった高額な機械を購入しなくても開業することが可能になりますので、これからの若手の先生にとっては大変有意義なことになります。

さらには、治療費が安くなる可能性もあるということです。

2月の学会で発表するテーマとは?研究の一部をご紹介します

前置きがながくなりましたが、研究の一部を披露します
まずは、従来の側面頭部X線規格写真です

2358-1

これはこれできれいに撮影されている写真ですが、CTを用いた同じ画像をみますと、

2358-2

骨や歯だけでなく、皮膚や細かい輪郭もよく観察されます
この2枚の画像を特殊なパソコンソフトで重ね合わせをします
つまり銀行のATMにあるような指紋認証と同じです

2358-3

ビジュアル的にはかなりの画像の一致です。

あとは、通法にしたがい、距離や角度といった項目を計測すればよいのです。

開業をしてもこのような機会に恵まれて、さまざまなことにチャレンジできる僕は本当に幸せ者です。
この方面では本当に日本のトップクラスを走っております。
治療に来ていただける患者さんはもちろんのこと、家族ならびに代診の先生方、スタッフには本当に感謝しております。

プロ矯正歯科

ピックアップ記事

  1. 40代から奥歯を抜歯して歯列矯正した女性が50代になり、久々に来院されました
  2. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  3. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  4. コロナウイスルに感染しにくい予防法とは?
  5. 出版記念講演会のおしらせ

関連記事

  1. その他

    ガタガタの歯並び、どんなにひどくても治せるの?

    みなさまこんばんは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。11…

  2. その他

    年末にむけて装置撤去が増えております。

    ブログ読者のみなさまおはようござい…

  3. その他

    サッカー日本代表の言葉と歯科治療を置き換えて考えて見えたこと

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  4. その他

    外国人の歯列矯正治療希望者が増加してきました

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    出っ歯だけ治す矯正治療はあるのか?プロが教える本当の治し方
  2. 抜歯矯正が知りたい

    【歯科矯正治療の経過から見る】抜歯部位で仕上がりは異なるのか?
  3. 目立たない矯正を知りたい

    成人受け口でガタガタ症例をインビザラインで治療開始した経過
  4. 治療期間が早い矯正が知りたい

    マウスピース矯正って何?メリット、デメリットを考える
  5. 外科矯正が知りたい

    今週は外科手術に入ります!
PAGE TOP