抜歯矯正が知りたい

【抜歯部位 歯並び改善】左右非対称な抜歯部位での歯列矯正治療の症例

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!
今朝は天気予報どおりに積雪しましたね。都内はまだうっすらと雪が積もる程度ですが、一日中積雪があると
夜には雪だるまを作ることができるくらいの量が積もるかもしれませんね。明日は東京都知事選挙です。このままだと投票率に影響がでるかもしれません。ちょっと心配です。

さて、このような天候の時は電車の遅延等も考えられますので、いつもよりも早い時間からの準備が必要になります。私の場合、東日本大震災の時にも遅刻をしなかったですので、開業10年間、無遅刻・無欠勤です。常日頃からスタッフにも5分前行動を促しております。

一方で患者さんというものはいろいろと種類があります。
たとえば、
A:11時のお約束をおとりした場合、11時前に来院されて歯磨き等を終了して治療開始可能な時間が11時からできる患者さん。
B:11時ちょうどに来院されてから歯磨きやトイレ等を終わらせて11時10分から治療可能な患者さん。
C: 最後に11時という約束で11時20分過ぎに来院される患者さん。

ちなみに当院の場合、次の患者さんの診療枠は30分です。

はたして?
AとBとCの患者さんの治療期間に違いはあるのでしょうか?

僕の答えははっきりとしていますが、違いはあります。

治療期間の早い順にA>B>Cです。

もちろん症例によっての難易度で治療期間が延長することもありますが、Cの患者さんの対応は本当に困ります。

数年前は一日のうちに患者さんの予約がまったく入っていない時間帯もあったので、なんとか調整ができたのですが、ここ最近は予約枠はパンパンな状況ですので、キャンセルが1人もいない状況ですと大変なことになってしまいます。

今後はそういう理由のため、
本日2月8日をもちまして、15分以上遅れた患者さんの治療は原則次回に予約変更という形をとっていく方向にしました。 医院さまによってはキャンセル費用をとっている所もあるそうですが、当院はキャンセル費用を取らないかわりに、せめて時間どおりに来院されている患者さんを優先する方向をとらせていただきます。何卒御協力お願いします。

さて、本日のテーマは、

【抜歯部位 歯並び改善】左右非対称な抜歯部位での歯列矯正治療の症例

矯正治療の場合、抜歯治療と非抜歯治療とに分類できます。
近年はインプラント矯正治療の普及にともない、従来では抜歯治療であった症例が非抜歯治療でも治療可能となってきたことが多く挙げられます。

しかしながら、重度の叢生(歯のガタガタ)などといった場合は抜歯治療を選択することもまだあります。

また、抜歯部位も左右対称な歯を選択することが一般的なのですが、症例によっては右は抜歯、左は非抜歯といった選択、 上は抜歯、下顎は非抜歯といった選択  もっと複雑になると 上は左右抜歯 下は右のみ抜歯などといった状況もございます。

本日の症例は 上顎は左右抜歯、下顎は右側のみ抜歯といった症例でした

9161歯に赤いマーキングがしてありますが、この部分が顔の中心です。

かなり顔の中心と歯の中心がずれていることがわかります。

 

 

9162噛み合わせもかなりラフな状況です

 

 

 

 

9163下顎の歯列もかなりガタガタです

 

 

 

9164上顎の歯列も相当ガタガタです。

正面の写真から理解できますが、このくらいのガタガタですとやはり抜歯治療はさけられないと判断できます。

いまならインプラント矯正治療といった選択枝もありますが、それを使用しても難しいと思います。

治療結果です

9165

若干上下の正中線の不一致がみられますが、上顎の正中と顔面の正中は一致しております。

 

 

 

9166

噛み合わせもばっちりうまくいきました。

歯列の形もかなり左右対称です

 

 

9168

下顎の歯列については右のみ抜歯なので左右非対称ですが、かみ合わせは良好です

 

 

 

9167

さて、このような治療をおこなったあとのメンテナンスはどうでしょうか?

現在は治療終了後約6年経過しました。

やはり、定期的にメンテナンスにきていただく患者さんは安心できます。

 

9169正面の状況です特に問題なさそうです

 

 

 

91610側面のかみ合わせです。 矯正装置をはずしたときよりも緊密なかみ合わせになってます

 

 

 

91612
上顎の歯列です

とくに歯並びがみだれた状況はありません。

下顎の歯列です
91611

 

 

 

 

上顎と同じく特に乱れた状況はまったくありません。

初診時を振り返ってみると

9161

9164

 

 

 

 

9163

9162

 

 

 

 

歯並びを改善すると確実に言えることがあります。
健康になることは当然ですが、目にみえない自信がつきます。
自信がつくと、雰囲気が変わってきます。

雰囲気がかわると、周りの人からの対応が異なってきます。
来週は仙台に出張です!
日本臨床矯正歯科学会にて展示発表してきます!

水曜・木曜なので、診療を休むのは実質1日です。
本年の学会発表は6月に予定している東京大会でおしまいにする予定です。

つまり、秋の学会は発表はせず、参加するだけの予定です。
(まだ2月ですが、学会発表の締切というのは半年前がふつうです)

それでは今日も一日がんばりましょう!

プロ矯正歯科HP

プロ矯正歯科画像

院長動画

ピックアップ記事

  1. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!
  2. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  3. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  4. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!
  5. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは

関連記事

  1. 抜歯矯正が知りたい

    【35歳女性 抜歯】小臼歯だけ抜歯した女性の症例

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です…

  2. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯矯正治療】難しい症例は誰が治療しても難しい 

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です…

  3. 抜歯矯正が知りたい

    【出っ歯 前歯 抜歯画像】歯列矯正治療を行った10代の姉妹症例⓵

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  4. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯歯列矯正】初診時41歳女性、大臼歯抜歯を伴った歯列矯正治療

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  5. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯矯正 治療】下顎の正中線を揃えるのがとても難しい理由とは?

    みなさまおはようございます。 東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  6. 抜歯矯正が知りたい

    高額費用、長期間になる!奥歯の欠損を放置すると前歯に影響がでる

    おはようございます。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です。サッカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 外科矯正が知りたい

    外科手術に立ち会うと通常診療に影響が生じる
  2. その他

    遠隔地から通院されている人の治療で気をつける3つのポイントは?
  3. 外科矯正が知りたい

    【顎削り 美容 画像】オトガイ水平骨切り術とは?
  4. その他

    【外科矯正】外科矯正症例を手術なしで治療した症例⓵
  5. 外科矯正が知りたい

    世界最先端の矯正治療を学ぶ、自分の医療技術の差とは?
PAGE TOP