その他

保定装置を紛失した場合の対応?

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

スタッフが体調不良のため長期欠勤がつづいている中、長く勤めていた受付が退職しました
子育てがひと段落したので、一般の会社に社員で勤務することになったためです
転職先も決めていたので、止めることもできませんでしたし、
歯科医院の場合、業務終了時刻が遅い時間のため、子育てをしている人が社員として勤務するには難しい職場です

何年先になるかわかりませんが、
当院の診療時間は朝9時から夜18時
もしくは、朝8:30から夜18時などといった
通常の会社や大学病院と同じ業務時間に変更する方向にします

※もう十分すぎるほどの患者さんに来院されていますし、
仮に患者さんの数が半分になったとしても、べつに生きていくのにこまりませんので
それよりも、長期間安定してスタッフが働く職場を提供するほうが
目先の患者さんの獲得よりも長期的にみても良いと判断しました

そんなわけで、消毒のかたづけなど、自分でやる必要のない業務がさきほど完了しました

それでは、本日のテーマです
保定装置を紛失した場合の対応?です

患者さんは30代後半の女性

上下前突、空隙歯列(スキッパ)でした

それを歯列矯正治療 インプラント矯正をおこないました

最終的には

このような形でフィニッシュです

途中で岐阜から新幹線での通院でしたので、

保定装置にはいってから御無沙汰だったのですが、

先週、保定装置を紛失したと連絡がありました

 

いろいろと苦労したそうですが、

一番の対応としては

 

1、近所の歯科医院に電話をかける

2、東京で矯正をしていて保定装置をなくしたので歯型をとってほしいと

保定装置は東京で作ってもらう予定と話す

3.2を繰り返す どこかの歯科医院はOKといってくれるはずです(過去に100%大丈夫です。海外でもOK)

4.歯型をプロ矯正歯科におくる

5.急ぎなので大至急作成(だいたい、僕が作ります、昨日の終電から本日の始発で作りました)

6.ヤマト宅急便で発送完了

 

こんな流れです

急な対応になるので、自分のスケジュールがメチャメチャになりますが、仕方ないですね

また、通常来院されている患者さんが保定装置紛失した場合は

即座に簡易的なものを作成しますが、

御自身のスケジュールに合わすことが不可能な場合も多々ありますので、

どうしても急ぎであるのでしたら、こちらの都合に合わせてください

紛失したのは自分の責任なのですから、時間くらいは都合あわせてもらえないと

他の患者さんに迷惑がかかります

 

簡単になりますが、本日はこれにて終了です

しばらく終電の続く毎日ですが、がんばります!

ピックアップ記事

  1. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  2. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  3. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  4. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  5. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?

関連記事

  1. その他

    年末にむけて装置撤去が増えております。

    ブログ読者のみなさまおはようござい…

  2. その他

    外国人の歯列矯正治療希望者が増加してきました

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  3. その他

    歯列矯正したくても歯が動かない!その時の対応とは?⓵

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  4. その他

    大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  5. その他

    前歯のガタガタ、正中線が一致しない場合の治療はどうしたらいい?

    みなさまこんにちは。東京の歯列矯正治療歯科プロ矯正歯科院長 田中憲男で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    【インプラント矯正治療】前歯の大きさが不揃いな場合の対応について
  2. 抜歯矯正が知りたい

    3年間の治療期間、歯科矯正治療が長期になる場合とは?
  3. 治療期間が早い矯正が知りたい

    スピード矯正治療は治療期間が普通の半分程度です
  4. 外科矯正が知りたい

    本年最後の症例はここ数年で一番難しい症例でした
  5. 子どもの矯正が知りたい

    歯列矯正治療を開始する前におさえるべき、重要な3つのポイント
PAGE TOP