その他

たくさん歯を抜いてしまった人の歯列矯正治療

12.18
みなさまおはようございます。プロ矯正歯科院長、田中憲男です。

昨日は母校の昭和大学歯科矯正学教室の忘年会に参加させていただきました。
主任教授である槙宏太郎先生の計らいで、来年1月に開催されるCTミーテイングの講演をさせていただけることになりました。

本日UPする症例はそのなかで発表予定の症例であります。

このような多くの歯を喪失している方の場合、従来の矯正治療ではほとんどといっていいほど治療困難でした。

現在では最新の治療方法をもちいることによって、矯正治療で治療不可能な症例は皆無といっていいでしょう。

しかしながら、歯科矯正治療とは「包括的歯科治療」の一つの方法であるため、
今度、歯のない部位に何かしらの治療(補綴治療と呼びます)をする必要があります。

年内で矯正治療はひと段落し、年明けにはインプラントを順次おこなっていく次第です。

年ごろの女性に入れ歯ではかわいそうですからね

ピックアップ記事

  1. 有村藍里さんの輪郭矯正は素晴らしいですね!
  2. コロナウイスルに感染しにくい予防法とは?
  3. 韓国で美容整形する人が増加してきました
  4. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  5. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感

関連記事

  1. その他

    年末にむけて装置撤去が増えております。

    ブログ読者のみなさまおはようござい…

  2. その他

    前歯のガタガタ、正中線が一致しない場合の治療はどうしたらいい?

    みなさまこんにちは。東京の歯列矯正治療歯科プロ矯正歯科院長 田中憲男で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 良いクリニックの選び方

    良い矯正歯科医院の見分け方、ポイントはたった3つだけ!
  2. 歯周病の矯正が知りたい

    叢生、ガタガタな歯並びは歯周病が増悪する?難易度の高い歯科矯正
  3. その他

    矯正治療の中断、転医について
  4. 治療期間が早い矯正が知りたい

    結婚式に最適 !スピード矯正に適した症例5つのポイントとは?⓶
  5. 抜歯矯正が知りたい

    2本歯がくっついている場合や上下の歯数が異なる場合の対応
PAGE TOP