その他

プロ矯正歯科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はプロ矯正歯科という名前で開業した理由を話したい。矯正専門医(矯正認定医)になるための最短ルートは大学病院矯正科に就職することが確実である。その上で自分が担当医師となり患者から矯正治療を学ばさせてもらうことになる。研修医時代は看護士や歯科衛生士はアシスタントにつかず、研修医がペア2人となりお互いの診療をアシスタントすることになる。私のペアは台湾からの留学生 陳信光先生といい当時矯正経験7年目の優秀な医師であった。本来なら研修医同士ぺアであるため、テクニックなど程遠い治療のアシスタントをする時間が私の場合陳先生のテクニックを見学できたことはとてもラッキーっだったと思う。その陳先生はいまや台湾ではNo.1のクリニックの経営者となっている。実はそこの医院がプロ矯正歯科という名前であり、私は姉妹医院として認めていただけたことになる。事実、台湾には偽プロ矯正歯科というクリニックができ、最近は学会などで プロ矯正歯科(台北市)とつけなければならなくなったそうだ。この日記が証拠となるよう、日本ではプロ矯正歯科というネーミングは当院が最初だったと記したい。



ピックアップ記事

  1. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  2. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!
  3. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  4. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!
  5. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?

関連記事

  1. その他

    顎変形症学会にて

    ブログ読者のみなさまお久しぶりです。今週の水曜日から金曜日まで、新潟…

  2. その他

    忘年会シーズン

    ブログ読者のみなさまこんにちは。いよいよ忘年会シーズン本番となって…

  3. その他

    航空関係の仕事に就きたいなら歯並び改善しましょう

    ブログ読者の皆様こんにちは。アメリカペンシルバニアから帰国して…

  4. その他

    youtubuで作成中、矯正で歯が動く様子を記録しました!

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。ひさしぶ…

  5. その他

    抜歯だけが治療じゃない、親知らずの歯を利用する治療方法もある

    みなさま東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です。最近は患者さんからの口…

  6. その他

    【治療結果 まとめ】マウスピース矯正に適した症例とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 目立たない矯正を知りたい

    裏側矯正は忍耐が必要ですね
  2. 抜歯矯正が知りたい

    【小臼歯 抜歯 治療】30代後半女性、小臼歯抜歯を伴う八重歯の症例
  3. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯矯正】難しい症例は誰が治療しても難しい ~その後~
  4. 白い歯になりたい

    【医師のブログで紹介】歯列矯正で顔の変化はどこまで出来る?
  5. 目立たない矯正を知りたい

    最新の歯列矯正方法(その2)
PAGE TOP