その他

【歯列矯正 治療開始 画像】治療開始8ヶ月の変化とは

みなさまおはようございます。
東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です

5月の連休も乗り越え、世間様では5月病と言われている時期が来ました。
5月病とは会社に入社してまもなく大型の連休を消化した結果、張り詰めていたリズムが狂ってしまうことだそうです。

人間、休息は必要ですが、新入社員さまにとっては入社早々の大型連休はマイナスなようなきがします。

ちなみに、私が大学を卒業した今から20年ちかく前の5月連休は大学での矯正歯科レントゲン分析100人分という宿題がだされておりました。それに加え、ワイヤ曲げをいろいろな形に曲げるのを合計100本くらいの課題でした。6月から本物の患者さんを担当させていただく前に5月の連休の課題をクリアできないといわゆる留年という難関でした。

1日の睡眠時間はわずかであり、食事と風呂トイレ以外はだれもいない大学の診療室で1年目だけ集まって課題をこなしていた記憶がよみがえります。

最近は本当に忙しいとブログで記載しておりますが、研修医の時の忙しさに比べると仕事の終わる先が見える分、忙しいといっても計算ができます。

新人の時は、次から次へと出される課題が消化できずに、どんどん蓄積されていくのが本当にきつかったでした(笑)

また、課題を消化できる時間の予想がたたないので、人とあったりする時間などまったく作ることができずに完全に世間様から隔離された状況の毎日でした。

未熟者な自分に治療を担当させていただいた患者さんがいたからこそ、今の自分がいるのですが、患者さんの立場から申し上げると担当が新人というのは嫌なものだと思います。

やはり、同じ治療費を支払うのであれば経験豊富な安心して通える先生の方がいいですよね?
まあ、雑談はこのくらいにして今日のテーマも前々回からの続きです。

【歯列矯正 治療開始 画像】治療開始8ヶ月の変化とは

つまり
治療開始6ヶ月経過→8ヶ月経過といったところですか!

初診時です

1

抜歯したまま放置してる結果

 

 

 

 

3

奥歯がのびてきてしまいました

 

 

 

BlogPaint

5

 

 

 

 

虫歯等の問題もあります

BlogPaint

それを6ヶ月間治療した結果

 

 

 

 

6

そこそこならんできました

 

 

 

2

のびている歯もすこしづつ改善してきました

8ヶ月目に入り、下の奥歯にも装置をつけました

 

 

4

これからの問題は向かって右側の空隙閉鎖です

 

 

 

 

5

1

3

 

 

 

 

 

 

 

ここからが空隙閉鎖をしていくのが治療の難所になるでしょう!
このように当院に来院時には虫歯だらけ   歯並びガタガタ  歯周病罹患など  なんでも大歓迎なのですが

一旦、治療開始となった場合はきちんと治療に来るといった約束のもとに治療プランを進めております。

やはり、来たり来なかったり、治療の間隔があいたりする人は 当初の目的どおりに治療が完了することができなくなることも仕方ありません。

反対に、きちんと来院してくれる人は結果も残すことができるので人間関係も良好に築けます!

今日は、開業以来最高の予約患者数で9時から診療ではまにあわないので、8:45分からおこないます!
スタッフには申し訳ないのですが、付いてきてくれて本当に感謝しております

それでは1日がんばりましょう!

プロ矯正歯科HP

ピックアップ記事

  1. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  2. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  3. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  4. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  5. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは

関連記事

  1. その他

    上顎の正中線を越えての歯の移動は難しい?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男ですた…

  2. その他

    出っ歯の矯正、1年経過した後の状況を画像でみると

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男ですた…

  3. その他

    今年最後の診療です

    みなさまこんにちは。プロ矯正歯科院長田中憲男です。2007年の当…

  4. その他

    【プロ矯正歯科】 院長 田中憲男の日曜日

    昨日の夜診療中ついに声がでなくなってしまった。仕事が終わったあとに夜間…

  5. その他

    年齢・歯周組織を考慮して、出来れば抜歯せずに治療します

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    可能な治療は限定される?私がマウスピース矯正に否定的な理由⓵
  2. 歯周病の矯正が知りたい

    50代からの治療、歯列矯正治療年齢が高くなる場合のリスクとは?
  3. 目立たない矯正を知りたい

    【裏側矯正治療 ワイヤー矯正】治療期間が長期になる場合の症例
  4. 良いクリニックの選び方

    歯列矯正治療の途中でクリニックを変更したときの危険性とは?
  5. その他

    一日
PAGE TOP