その他

コーンビームCTと通常のCTとの違い

3.19.jpg

ブログ読者のみなさまこんにちは。昨日は院長みずから休日出勤をしていました。診療のためではなく、ある作業をおこなっているためです。
ある作業とは、4月1日に埼玉インプラント研究会という学会のための準備です。インプラントを専門にやっている先生はご存知と思いますが、コーンビームCTというCTスキャナーは歯科専門のCTと呼んでも異論はないと思います。他の医科の領域では形成外科や耳鼻科など、顎顔面付近の疾患を取り扱う先生方には重宝されている機器です。

じつは、このような特殊撮影は大学病院等に撮影依頼をするのが一般的なのですが、機械が大学病院にも1台しかなく、外の医院からの依頼を受け付けなくなってしまったのです。この機器の性能の良さを実感している院長としては、【それなら自分で購入してしまおう】という結論になりました。
開業医で院内にCTを置いてある歯科医院は東京都でも数件しかございません。機械がものすごく高額なため全ての歯科医院にCTが普及することはちょっと難しいことと思います。
そこで、自分の診療所の患者様はもちろんのこと、外勤先の矯正治療をおこなっている医院の患者様、地域の一般開業医の方にもCTを普及させるために、当院とは少し離れた場所に画像センターを設置することとし、地域の先生方とも相互利用する形をとることとしました。
現在は歯科放射線科の画像専門医の先生とコンタクトをとりつつ、学会発表のための資料作りをおこなっています。

本日添付する写真はこのCTで撮影された実際の画像です。従来のレントゲン写真やCT写真ですと素人の方だとよくわからない画像だったと思いますが、ごらんのとおり画像の良さは一目瞭然です。
次回のブログはコーンビームCTについて、従来の医科用CTとはなにが異なるかをお話いたします。

ようやく資料作りが一段落しました。夕方キャンセル患者様が多かったのは何かの縁だったのではないでしょうか?おかげで資料作り完成です!<br clear=”all”>ちなみに明日21日は通常どうり診療しますね。金曜の午前中は手術のため休診です。<br clear=”all”>



ピックアップ記事

  1. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  2. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感
  3. コロナウイスルに感染しにくい予防法とは?
  4. 韓国で美容整形する人が増加してきました
  5. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~

関連記事

  1. その他

    プロ矯正歯科

    今日はプロ矯正歯科という名前で開業した理由を話したい。矯正専門…

  2. その他

    インビザライン矯正の欠点は?クリニック側からの視点で

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  3. その他

    年齢・歯周組織を考慮して、出来れば抜歯せずに治療します

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  4. その他

    ガタガタの歯並び、どんなにひどくても治せるの?

    みなさまこんばんは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。11…

  5. その他

    【部分矯正】部分矯正(プチ矯正)治療は通常よりも難しい治療が多い?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 抜歯矯正が知りたい

    東北地方から来院されている患者さんの治療(初診時から現在まで)
  2. その他

    他院と当院で出来る治療は違う、全ては医師の技術次第
  3. 外科矯正が知りたい

    【外科矯正】軽度に顎が曲がっている症例は検査して分かる
  4. その他

    アメリカニューヨーク州では国民の16%がコロナ抗体者という発表がありました
  5. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯部位 歯並び改善】左右非対称な抜歯部位での歯列矯正治療の症例
PAGE TOP