その他

サッカー日本代表の言葉と歯科治療を置き換えて考えて見えたこと

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です

先日はサッカー日本代表がワールドカップ出場を決めましたね!
ハリル監督の見事な選手起用と采配でした
本田選手と香川選手がスタメンから外れての勝利ですから、
将棋に例えれば、飛車と角抜きでいままで勝利したことのない相手に勝った事実

本当にすごいことだと思います。
すごいというよりも、選手全体の実力がついてきたということでしょう。

試合後の本田選手のインタビュー記事を読んで感じたことが2点ありました。

1:自分が出場しない時の日本代表は明らかに試合に勝つ確率が悪かったのに、
今回がきっかけで代表に変化が生じてくるかも?と

2:いままではポジションにあぐらをかいていたのが、若い世代が突き上げてきて
危機感を感じてきたと

歯列矯正治療の世界ではどうでしょうか?

サッカー選手と異なり、歯科医師の場合は現役を続ける期間が長期です
また、開業医と大学病院とではいささか事情が異なります

開業医の場合、歯科医師の場合は65歳どころか、75歳現役もたくさんいます
開業歯科医師で若い世代というのは30代~40代
最近は20代で開業する先生は本当に少なくなりました。

そうなると、私の年齢(本年47歳)ではまだまだ若い世代といえます。

一方で、大学病院の場合はどうでしょうか?

ちなみに、私の母校である昭和大学病院の場合はどうでしょうか?
先生の過半数は20代です。
30代は比較的多くおりますが、40代となると少数です
いわゆる企業でいう管理職相当が40代です。
50代になると、医局で1ないし2人てところです
教授以外の定年は60歳ですから、60代はいたとしても教授1人です

つまり、開業医と大学病院の先生の場合、
私の年代45歳以上で業界の扱いがことなります
つまり、臨床の現場に関していえば、
大学病院の臨床が優れているわけではなく、
それよりも優秀な開業医はたくさんいるのです

ところが、開業医の中には、
まったく勉強をしない先生もたくさんおります
一方で、大学病院の場合は強制的に学習させられます
抄読会やセミナーがだまっていてもやってきます
知識を吸収するには最適な場所です

つまり、

大学病院は教育的な現場ですから、
知識や経験がない人でも情報をシェアできるように
配慮した施設であるのに対して

開業医は閉鎖的な施設ですから、
先生にあえてランキングをつけるとすれば
通知表の1から5までレベルはバラバラなのです

ですので

プロ矯正歯科の臨床レベルが高いか低いかは
私が評価するのではありませんが、

プロ矯正歯科を卒業していった患者さんの一部には
他の歯科医院にて提案された治療計画なり治療説明に対して
不安をもったりすることが往々にあります

今日はそんなサッカー日本代表の言葉を
歯科矯正治療に置き換えて考えてみました。
どこの世界でも日々自分の腕を磨くことはとても大切ということです。

サッカー日本代表の言葉と歯科治療を置き換えて考えて見えたこと

今回の症例もそんな1例でした。
それでは初診時です

 

前歯のガタガタと開咬でした

 

 

横の咬み合わせはどうでしょうか?

 

 

あまり上下の歯が接触しておりません

 

 

舌の動きも悪そうです

 

 

歯が後ろに重なってしまってます

 

患者さんは1年後に留学を控えていました

正直1年で仕上げられる症例ではありませんでしたので

できるところまでやりましょうということでの

スタートでした

見た目よりも、歯が動きやすい装置を選択してのスタートです

治療期間1年でここまで改善しました

抜歯した隙間は残っていますが、帰国後におこなうこととしました

おおよそ2年間の留学後

帰国後に治療再開です

 

帰国後の治療も無事に完了しました

写真は2013年の保定時です

親知らずも残っていましたが

今回の症例は上の4番目の歯左右1本ずつの抜歯でしたので

上の親知らずを残しても歯数的には問題がないと判断しました

帰国後の歯科矯正治療は少々遠方からの通院だったこともあり、

治療終了後は最低限のメンテナンスをおこなうにとどめました

つまり、何かあるときには当院にきてくださいです。

患者さんは遠方からでしたので、

1年に1回目安での来院を継続してくれました。

年に1回ですから、2013年から現在までの通院は5回程度でした

そんな中、下顎の銀歯がいたくなったらしく近所の歯科医院にいったそうです

そこで担当された歯科医師のコメントに疑問を感じたということで

私の意見を聞きたく来院されました

担当の歯科医師のコメントを列挙すると

1:どうして抜歯部位が上顎だけなのか?

2:おやしらずはどうして抜歯しないのか?

3:歯周病が進行している

という内容でした。

本症例の場合

患者さんと私がお付き合いしている期間は

留学前1年

留学後1年

経過観察約4年

合計6年間と長期です

家族の年賀状もいただけるような間柄です

いままで私は1~3について

特に問題があるような説明をしたことはありませんでした

なぜなら、

問題がなかったからです

つまり、

最近の歯科医院は

患者さんが知識がないと思い

不安がらせる言動や行動をすることがあります

知識のない患者さんにとっては不安になります

どうしてかというと

一般歯科に来院する動機が

歯が痛いといった理由がほとんどです

痛いのであれば、心の状態も平和ではありません

そこに不安をあおるような言動がおそいかかります

さきほどの1~3についての私のコメントです

1:どうして抜歯部位が上顎だけなのか?

検査、診断をした結果、上顎抜歯が適切な治療方針となったため

さらに、患者さんに対しての知識として以下の事を教えました

いままでの経験としては、症例によっては

下顎抜歯だけもありますし、前歯抜歯、1本抜歯もあります

さらに、ケースバイケースと前提して

1番前歯の抜歯、2番目前歯抜歯、犬歯抜歯

小臼歯抜歯、大臼歯抜歯、おやしらず抜歯と

すべての歯を抜歯して歯列矯正治療をおこなった経験があります

おそらく、その先生は歯列矯正治療に対する知識が全くなかったのでしょう

自分が知識がないことを患者さんに暴露してしまったわけです

 

続いて

2:おやしらずはどうして抜歯しないのか?です

この理由はブログ文中で説明してます

繰り返しになりますが

今回の症例は上の4番目の歯左右1本ずつの抜歯でしたので

上の親知らずを残しても歯数的には問題がないと判断しました

 

3:歯周病が進行している

3については前回の来院が1年前でしたので、

私自身で歯周病の検査をおこないました

なぜ、歯科衛生士ではなく、私自身がおこなったかというと

あとあと、向こうのクリニックとトラブルになった時に

自分の言動に責任をもちたかったからです。

検査の結果は

すべての歯が健康であり、出血部位も0でした。

歯石もなく私よりも健康なはぐきでした。

今回は一般歯科での相談でしたが、

そもそもが

私が担当してかれこれ6年以上治療およびメンテナンスを

おこなってきた患者さんが助けを求めてきたのです

そのような患者さんに対しては

当職としても全力で対応いたします

一方で

他のクリニックで変な状況になってしまい

助けをもとめられてもどうしようもありません

争いごとに巻き込まれるには覚悟が必要です

人間関係は1日や2日ではつくることが不可能です

それでは8時になりました

本日もさいごまでありがとうございました

ブログランキング好調に維持してます!

応援のクリックよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

ピックアップ記事

  1. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?
  2. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  3. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  4. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  5. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる

関連記事

  1. その他

    テーマは「医療連携」、日本顎変形症学会発表を終えて

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。金曜…

  2. 良いクリニックの選び方

    セカンドオピニオンは無駄な事が多くある

    前回のブログの反響が大きかったためか、他医院で治療中の患者様の…

  3. その他

    歯列矯正のカウンセリングに大切な5つのポイントとは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    正中線の一致が難しい理由とは?
  2. 良いクリニックの選び方

    【矯正歯科 見極め ポイント】良い矯正歯科医院の条件
  3. 子どもの矯正が知りたい

    小児矯正治療のポイントはすべての歯が生え変わる前に診察を!
  4. 外科矯正が知りたい

    【ワイヤー治療 期間5年】完成まで本当に苦労した症例を振り返って
  5. 外科矯正が知りたい

    手術計画からみる最先端の外科矯正治療とは?⓵
PAGE TOP