歯周病の矯正が知りたい

他院で治療中に当院に相談に来られた40代女性



みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

ブログランキングかなり好調です!

現在4位まで上昇してきました

みなさまのクリックがなによりの楽しみです!

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

今年の9月の天候は異常気象でしたね

台風がどんどん来るのは仕方ないにしても

毎日毎日、雨ばかり続いていました

プロ野球では試合が消化できないそうで、

ダブルヘッダー(1日に2試合)も検討しているそうです

台風24号が近づいていますので、

別段用事がない人は外出しないでおとなしくしていた方が賢明とおもいます

さて、本日のタイトルです

他院で治療中に当院に相談に来られた40代女性です

まず、結論から申し上げると

他院で治療中ですが、治らないので当院に相談にきたという流れなのですが、

他院で治療費用は支払っています

また、そこの先生は治せる気満々なので、治療費用の返金などは一切ありません

さらに、患者さんをいったんプロ矯正歯科にて預けてもらえ(治療からリリースする)ば良いのですが

患者さんにとっては大切なかかりつけ医の先生だったりすると、

初対面の僕がどんなパフォーマンスをみせるか不安なのは当然ですし

いつでも出戻れるようにかかりつけ医との関係も継続していきたい気持ちは理解できます

昔の自分だったら、

かかりつけ医のもとで、やれるところまでやってダメなら当院にお越しくださいと

いっていたと思いますが、

最近は腕よりも口や接遇でポイントを稼ぐのが主流ですので、

当院のような昭和の医療スタイルでは患者さんはだれもこなくなってしまいます

グーグルでもかなりきびしい口コミも書かれたこともあり

自分なりに昭和の医療スタイルを脱却して、平成の医療スタイルにチェンジしつつあります

そんな中の来院患者さんでした

それでは初診です

これで咬んでいる状態です

もちろん歯列矯正治療中でした

裏側から矯正装置をいれたり、

虫歯の治療をしたり

いろいろと忙しそうです

左した奥の親知らずは虫歯で真っ黒でした

全顎的な歯列矯正が必要と思うのですけど、、、、、、

歯茎もかなり下がってきているのがわかると思います

このような包括的な治療が必要な場合

1.痛みがある場合は緊急の処置

2.歯周病のコントロール

3.虫歯治療(根間治療)必要なら抜歯

4.仕上げが歯列矯正治療

最後に差し歯などの補綴治療です

ところが、本症例は

1.2.3.4と同時並行している状況でした

僕は料理も普通の女性程度にはできるのですが、

治療と料理は非常に似ています

つまり、ガスコンロの数で同時並行できる品数が決まるのです

口の場合はコンロに例えれば1つです

そうなると、どの順序で準備していくかの段取りが大切です

段取りは記憶力ではないので、優秀な人が必ずしも段取りが良いかわかりません

今日は午前中錦糸町
午後新宿
夜間 東京駅と
忙しい1日になります

明日は月1の日曜診療ですので、

診療前に時間があればブログの続きをしたいと思います

みなさまのクリックに非常に勇気づけられます

よろしかったらおねがいします

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

 

ピックアップ記事

  1. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?
  2. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは
  3. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感
  4. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  5. 韓国で美容整形する人が増加してきました

関連記事

  1. 歯周病の矯正が知りたい

    【矯正治療】40~50代でも可能だが専門性が必要、顔貌の変化はある?

    みなさまおはようございます東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  2. 歯周病の矯正が知りたい

    絶対に知ってほしい!医師が考える矯正治療の難しさとは?

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です先日、母…

  3. 歯周病の矯正が知りたい

    40代女性、前歯2本抜きで抜歯して歯列矯正治療した経過

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  4. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯列矯正】30代を過ぎたら歯周病を考慮した治療が必要になる?

    みなさまおはようございます。 東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  5. 歯周病の矯正が知りたい

    見知らぬ歯科医院との治療連携は難しい

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 良いクリニックの選び方

    ~長期経過~骨格的な開咬症例は咬合の安定性が悪いですね~
  2. 抜歯矯正が知りたい

    【ワイヤー矯正5年 期間】現在、私が治療に困難している症例
  3. 外科矯正が知りたい

    【外科矯正 症例】当院で初めて外科矯正を行った症例 ~治療12年後~
  4. 治療期間が早い矯正が知りたい

    【医師が教える利点】スピード矯正とマウスピース矯正の合わせ技とは
  5. その他

    テーマは「医療連携」、日本顎変形症学会発表を終えて
PAGE TOP