歯周病の矯正が知りたい

叢生、ガタガタな歯並びは歯周病が増悪する?難易度の高い歯科矯正

みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。
久しぶりの日記更新となり、楽しみにされていた患者さまには大変もうしわけなく思います。
院内レントゲン完全デジタル化がおわり、OSもXPからwindous7に変更いたしました。

そのため、ブログだけでなく、ちょこちょこと小さな問題が積み重なりなかなか快適なPC環境が確立できておりません。
自宅などを引っ越しをした経験のある方ならわかると思いますが、パソコンの引っ越しは自宅の引っ越し以上にめんどうなこともたくさんあります。
おかげさまでPCの知識もかなり飛躍いたしました。(笑)

さて、10月はいくらか診療も暇になってきました。
矯正学会での収穫としては、歯科用CT画像で矯正歯科だけでなく、歯科治療全般の診断が可能になることができそうです。

これは大宮CTセンターにとっては画期的なできごとであります。

その準備(講演)を11月に予定しております。
前回の資料をもとに、もう少し臨床に即した内容に改善をし、かつ、新しいソフトの説明もできればと思っております。

叢生、ガタガタな歯並びは歯周病が増悪する?難易度の高い歯科矯正

本日の患者さんは出っ歯プラス叢生患者様でした。

特に、下の歯がガタガタの場合、虫歯だけでなく、歯周病に罹患する心配もでてきます。
この程度歯がガタガタですと、きちんとブラッシング完了するまでに最低でも15分くらい時間がかかるはずです。

a2

a1

そのまま抜歯してしまうと、かえって隙間が生じてしまい、歯が倒れてきます。
その結果、上の出っ歯具合がより一層悪くなってきてしまいます。

a3

歯に関していえることは、自然に良い方向に移動してくることは稀であり、その多くは悪い状況を一層拡大していくと考えてください。
ですから、歯科矯正治療は難易度が高い治療なのです。

a4

a6

やはり、歯科矯正治療は治療費用も高額ですし、治療期間も長めです。
そういう意味で信頼できる医療機関を選択することは重要です。
ひとつ言えることは、そこそこ混雑している歯科医院のほうが、強引な治療をすすめることは少ないと思います。

やはり、現行の患者さんの治療で十分やっていける余裕がある施設のほうが、そうでない施設よりは強引ではないと思います。
気軽に相談にいける雰囲気が大切ではないかと思います。

a5

プロ矯正歯科



ピックアップ記事

  1. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  2. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  3. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?
  4. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  5. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは

関連記事

  1. 歯周病の矯正が知りたい

    【矯正治療】40~50代でも可能だが専門性が必要、顔貌の変化はある?

    みなさまおはようございます東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  2. 歯周病の矯正が知りたい

    絶対に知ってほしい!医師が考える矯正治療の難しさとは?

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です先日、母…

  3. 歯周病の矯正が知りたい

    40代女性、左側前歯2本抜歯しての歯列矯正治療の経過

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  4. 歯周病の矯正が知りたい

    歯茎が下がっている状況での歯列矯正治療の工夫

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  5. 歯周病の矯正が知りたい

    中年男性でも、歯列矯正した方が良いと思います。

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  6. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯周病 】成人の患者をマウスピース装置で矯正治療すると? ~2~

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    出っ歯の矯正、1年経過した後の状況を画像でみると
  2. 外科矯正が知りたい

    歯科矯正医師がブログで外科矯正手術を分かりやすく説明する!
  3. 外科矯正が知りたい

    外科的矯正治療から審美歯科治療までの流れとは?
  4. 抜歯矯正が知りたい

    【出っ歯 抜歯 経過】下前歯を抜歯して矯正治療するとどうなるか?
  5. その他

    歯列矯正のカウンセリングに大切な5つのポイントとは?
PAGE TOP