歯周病の矯正が知りたい

すきっ歯を非抜歯にてマルチブラケット装置で2年9か月治療した40代女性

 

 

 

 

 

 

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

コロナ第2波がきそうですね!

昨日は100人超えましたが、すぐに200人300人となりそうな予感です

都知事選挙中ですから、コロナは二の次三の次でしょう

政治家でも国民よりも自分の保身が1番です

みなさまも、自分自身のことを1番に考えて行動してください

 

今年の僕のスタイルは人の集まるところにはなるべく行かないことです

余った時間とお金は自分のスキルアップに投資しております

コロナ不景気のため、経済的に困窮している人もたくさんいると思いますが

そんなときは、人手不足の業界でのダブルワークをしてもよいと思います

ウーバーイーツも人手不足ですし、

ネット売買が好調なため、物流関係も人手不足です

家でテレビやスマフォいじるのも良いですけど

時間だけは平等ですから、コロナ後に大きな差になると思います

 

僕自身はコロナ自粛前後から開始したことがいろいろとあります

自分の予想としては、コロナでクリニックが暇になると推測していたためですが、

結果的にはコロナ前と同等レベルまで復活してしまったので

やることが増えすぎて、毎日充実した日々を過ごしています

 

自粛中に開始したこと

1. 1人で早朝ゴルフ

昨年は年間で10回くらいしかラウンドしていなかったのですが、

GW中は1人で河川敷のゴルフ場にラウンドしにいっていました。

誰かとするのではなく、1人でカートに乗ってゴルフをします。

予約制なのですが、スタート時間が朝5時ころで朝7時には終了します

自宅には朝7時30分には帰ってきます

これにはまってしまい、休日の朝は雨が降らないかぎりは早朝ゴルフにいっています

今年はGWから開始して2か月で9回行きました

家族が寝ている間に出発して、寝ている間に戻ってくるので、誰にも迷惑がかかりません

2.本の執筆

これは自粛前からおこなっていることですが、原稿の締め切りが7月9日なので

いよいよテンパってきています(汗)

人生で最初で最後のつもりですので、がんばって仕上げます!

3.オンラインセミナー

今までは診療が忙しいことを理由に

矯正以外のセミナーにはほとんど参加したことがありませんでした

コロナのおかげで、ZOOMによるオンラインセミナーが活発になったおかげで

歯列矯正治療のセミナーはもちろんのこと、

審美歯科やインプラントの歯科関係のセミナー

また、社労士さんによるコロナの助成金・補助金活用のセミナー

次世代起業家セミナーなど

歯科関係だけでなく、経営者のセミナーも積極的に受講しています

会場費がかからないので、参加費が安いのも良いですね!

4.顎関節症・喰いしばり症状の緩和方法

以前から難治性疾患と言われていた、顎関節症・喰いしばり症状の緩和方法について

自分なりにいろいろと情報収集をおこなっております

歯科的な対応だけでなく、医学的な対応や薬学的対応を含めて試行錯誤しております

5.日本矯正歯科学会認定医の更新作業

本年末に日本矯正歯科学会認定医更新のため、ブログを閉鎖しなくてはいけない可能性が出てきました

少しでも規定に抵触しないためには、ブログ内容に以下の8項目をつける必要があるそうです

1.主訴 2.診断名 3.年齢 4.治療に用いた装置 5.抜歯部位 6.治療期間 7.治療費 8.副作用

これが一番やっかいな作業ですね(汗)

正直、やっても何も自分のパワーアップ、キャリアアップにならない

後ろ向きな作業です(涙)

誰かに費用を支払ってかわりにやってもらいたいので

パソコンが得意な方がいましたら、お声掛けください!

 

それでは本日のテーマです!

すきっ歯を非抜歯にてマルチブラケット装置で2年9か月治療した40代女性

 

1.主訴 2.診断名 3.年齢 4.治療に用いた装置 5.抜歯部位 6.治療期間 7.治療費 8.副作用

の順で羅列していきますと

主訴はすきっ歯をなおしたい

診断名としては骨格性1級、空隙歯列、過蓋咬合でした

治療に用いた装置はマルチブラケット装置です

抜歯は非抜歯です

初診時の写真です

比較的このような患者さんの来院は多くおります

また、だいたいの方が

部分矯正で治らないのか?とか

上だけの装置で治らない?とか

聞いてきますが、空隙歯列の歯列矯正は難易度が高いことが多いいです

つまり、

部分だけとか、上だけでは治らない確率が高いです

部分ではむりです

下の前歯が伸びてきています

上の前歯を後退させたくても

すぐに下の前歯にぶつかってしまいます

つまり、歯の移動方向としては

上も下も上下左右の移動が必要になります

装置セットした写真です↓

下の歯がほとんど見えません

治療開始前よりも下の歯がみえなくなってしまいました

比較するとよくわかります

難易度は高いです

なんとかここまでもってきました

上の前歯が小さいので、隙間があまってしまいます

診断の時点で把握していることですが、

やりくりが大変です

なんとか装置がはずれました

写真が下手ですね(汗)

初診と治療中と比較してみますと

 

user comment….

ぜんぜんちがいます

 

user comment….

上顎歯列はもどりそうな予感がするので、

永久固定しています

2年くらい壊れなければ

取り外しに変更予定です

頻繁に壊れる場合は

永久固定ですね

繰り返しますが

部分矯正や上だけ矯正治療では不可能です

最後になりますが

治療期間は2年10か月でした

また、

治療費用は

59万円(税別)でした

大学病院で治療されていたら、おそらく90万(税別)程度でしょうね

これからは、ソーシャルデイスタンスや

感染予防費用も高額になりますので

治療費用も値上げせざるを得ないでしょう

 

また、治療前、治療中の副作用としては

歯肉の炎症や口内炎が予想されましたが

本症例はあまりなかったです

 

本日も最後までありがとうございました

まだ、朝7時44分ですが、過去のブログの修正がまっております(涙)

今日も1日がんばりましょう!

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 有村藍里さんの輪郭矯正は素晴らしいですね!
  2. 出版記念講演会のおしらせ
  3. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?
  4. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!
  5. 40代から奥歯を抜歯して歯列矯正した女性が50代になり、久々に来院されました

関連記事

  1. 歯周病の矯正が知りたい

    【虫歯 治療】多数歯の虫歯、欠損を伴う40代後半女性⓶

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です…

  2. 歯周病の矯正が知りたい

    中年男性でも、歯列矯正した方が良いと思います。

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  3. 歯周病の矯正が知りたい

    叢生、ガタガタな歯並びは歯周病が増悪する?難易度の高い歯科矯正

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。久しぶり…

  4. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯周病 治療 画像】歯周病患者の歯列矯正はメンテナンスが重要です

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  5. 歯周病の矯正が知りたい

    40代女性、前歯2本抜きで抜歯して歯列矯正治療した経過

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  6. 歯周病の矯正が知りたい

    歯茎が下がっている状況での歯列矯正治療の工夫

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    当院のコロナウイルス対策~第3報~
  2. 子どもの矯正が知りたい

    小児歯列矯正治療の方が成人矯正よりも治療期間が長くなる理由とは?
  3. 抜歯矯正が知りたい

    歯列矯正中に治らなくなってしまい、追加抜歯した症例のその後
  4. 白い歯になりたい

    40代、奥歯欠損、ガミーフェイスを非抜歯矯正で治療 
  5. 外科矯正が知りたい

    新元号:令和 40歳女性 外科ボーダー症例をインビザラインで治療
PAGE TOP