抜歯矯正が知りたい

前歯2本抜歯、非常に難易度の高い40代女性治療経過を見る



みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

ブログランキングがんばってます!

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

前回、いよいよ今年も師走と話ましたが、御歳暮が届くと、今年も残りわずかだなあと感じます。
御歳暮のあとは年賀状の準備です。

じつは、プロ矯正歯科では開設以来10年間くらいは年賀状を書いてました
最後のころは700通とか出していて、結構な労力もかかる作業でした。

700通投函しても、1割程度の70通は宛名不在で戻ってきてしまします。
実際は本当に引っ越しをしている人もいれば、もともとの住所記載が間違っている場合もありました。

もし、今年年賀状を書くとすると軽く1000通は超えるはずです。

そこで、数年前からは年賀状の代わりに御年賀を用意することに変更をしました。

今年の御年賀もなかなかセンスの良いものと自負していますが、限定500セットなので御了承ください

あて、冒頭のテーマにあるタイトル

前歯2本抜歯、非常に難易度の高い40代女性治療経過を見る

です

どの程度難易度が高いかというと、

そもそもが、治療開始時には治せる自信がなかったため、

治療費用は決定していたものの、支払は待ってもらいました。

つまり

治療不可の可能性があるので、返金等するのも面倒ですから

治療費用そのものをいただかないでのスタートだったのです

どの程度の難易度かというと

初診相談時に一番前歯がすでに1本なかった
(これは結構あることです)

さらに、隣の前歯も抜歯しないといけない状況であった

隣といっても、左右対称ではなく、

1番目がなく、2番目が抜歯という状況です

一方で、反対の1番目と2番目は問題がない状況でした

そこで、治療計画としては

1:上顎の歯が欠損している周辺を中心に骨移植(自家骨+人工骨ミックス)
2:上の歯の歯列矯正治療
3:経過良好であれば続行、不良であれば中止
4:下の前歯歯肉移植
5:下の歯の歯列矯正治療

という手順です

ここで、良く質問をうけるのですが、

私が治せても、他の先生では不可能な場合もあります

一方で他の先生が治せても、私が治せない場合もあります

繰り返しますが、歯列矯正治療は技術職です

例えていえば

調理師の免許があれば、ホテルのレストランのシェフになれるかというと
見習いからスタートになります

歯列矯正歯科医師も同様です
繰り返しますが、先生が10人いれば技術も10とおりです

とりあえず、治療費用は骨移植代金だけはいただきました。
歯列矯正はどうなるかわからないので、治療費用の請求はしていません

せっかく骨移植をしたので、
抜歯をしてしまうと、骨の高さが低くなってしまいますので、
抜歯予定の歯も利用しての歯列矯正治療です

user comment….

結構動いてきましたね!
抜歯予定の前歯もなんとなく並んできました

ただ抜くのではなく、使えるものはなんでも利用するが重要です

さて、ここからが本番です

1番目の歯がなく、2番目の歯は抜歯予定

そこで、反対の1番目の歯を顔をまたいで反対側にもってきます
これが可能であれば、治療費用はいただくこととしました

欠点は歯の根が短くなることですが、それは仕方ないでしょう

user comment….

かなりうまく事が進みました

患者さんは旦那さんからも良くなてきたといわれるそうです

user comment….

下も2本歯の抜歯をして歯列矯正治療をスタートしました

上顎の方は抜歯したスペースはほぼなくなってきました

user comment….

そこそこ形になってきたと思います

user comment….

この写真だけをみると歯茎が下がっているなどといったことも見受けられますが、

あらためて、初診の状態と比較してみると

かなりの変化だと思います

顔面写真を掲載できないのが非常に残念ですが、
非常に若返り、きれいになったと思います

院長の私が40代半ばだからか
患者さんの御年齢も30~40代の比率が非常に高いです

本日も最後までありがとうございました

そろそろ患者さんが来院されますので、今日はこれにて終了とします

ブログランキングどうぞよろしくお願いします!


歯列矯正ランキング

ピックアップ記事

  1. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  2. 当院のコロナウイルス対策~第3報~
  3. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  4. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは
  5. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感

関連記事

  1. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯周病 矯正】30代を過ぎると歯周病を考慮した治療が必要になる

    みなさまおはようございます。 東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  2. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯周病 治療 画像】歯周病患者の歯列矯正はメンテナンスが重要です

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  3. 抜歯矯正が知りたい

    3年間の治療期間、歯科矯正治療が長期になる場合とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  4. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯部位 歯並び改善】左右非対称な抜歯部位での歯列矯正治療の症例

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  5. 抜歯矯正が知りたい

    下顎の抜歯した部位、治療経過で再検討し本数を変えることもある

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  6. 歯周病の矯正が知りたい

    【虫歯 治療】多数歯の虫歯、欠損を伴う40代後半女性⓶

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 歯周病の矯正が知りたい

    すきっ歯を非抜歯にてマルチブラケット装置で2年9か月治療した40代女性
  2. 子どもの矯正が知りたい

    【小児期 矯正治療】歯並び交換中の経過観察をするメリットについて
  3. 抜歯矯正が知りたい

    治療期間が3年、予想以上に長くなった歯科矯正治療のふりかえり⓶
  4. 歯周病の矯正が知りたい

    他院で治療中に当院に相談に来られた40代女性
  5. 良いクリニックの選び方

    歯列矯正治療終了後に一般歯科で虫歯14本と診断された症例
PAGE TOP