その他

【抜歯】抜歯したまま放置しておくと歯列はどのように変化するのか?

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です

今週は本当に忙しい1週間でした!
最近診療にきていた方なら存じていたと思いますが、実は風邪をひいてしまいました。

風邪をひきましたが、今回は本当に気合いでなんとか治しました!

確か日曜日あたりから体調に異変があったのです。
今週を振り返ってみると、日曜日が月の中で一番患者さんがくる外勤先のアルバイトでした。月曜、火曜と通常の診療 水曜は夕方から外勤 木曜は午前中手術 午後は保健所で検診 夕方は外勤 金曜は午前中手術 午後診療 、本日土曜日は午前中診療 午後外勤 明日の日曜は1日外勤です。

先週の日曜から明日の日曜日までで、ちょっとした人の1ヵ月分くらいの仕事をこなしてきます。
別に収入がほしくて仕事をしているのではないのですが、社会が自分を必要としている限りはがんばっていこうということです。
ただ、なかなか社会が自分を不要といってくれないのも事実ですね(笑)

そんな中、外勤先は某大学病院の講師の先生が手伝いにくることになりました。僕の中ではその大学の准教授と2名で自分の外勤先をすべて後継する予定です。2年後をめどに外勤はすべて退職する方向です。

さて、本日のテーマは

【抜歯】抜歯したまま放置しておくと歯列はどのように変化するのか?

過去から続いたブログの3回目なのですが、本来ならば治療最終状態でみせたかったのですが、

この患者さん 結婚のために地方に引っ越すことになってしまいました。
そのため、最終資料という形での披露となります

お時間のない方に簡単に初診時の状態です

21

年齢がわかいこともあり、正面からみるとたいしたことありません。

 

 

 

22

側面からみるとただの出っ歯にみえます

 

 

 

26

一方で奥歯のないところがあります

下のほうはどうでしょうか?

 

 

 

25

この写真ではよくわかりずらいですが、奥歯がすりへったままになってます

横方向のかみあわせ写真をじっくりみましょう

 

 

24

奥歯の隙間がほとんどありません。

つまり、奥歯に歯をいれたくてもいれることができない状況になってしまいました。

こうなってくると 顎の関節も何らかのトラブルに遭遇することも結構あります。

また、奥歯の状況が状況なので、出っ歯がどんどんひどくなっていき、下顎が後退していきます。

そんな中 装置をせっとしました。

治療目標としては、左右の奥歯の隙間は完全に閉鎖することは不可能と説明をしたうえでおこないました

27

当初は奥歯だけ

だんだんと前歯にもセットをして

 

 

 

29

それから下の歯列にもセットです

 

 

 

 

30

31

そんな中、地方に転勤となってしまいました!

33

最終資料です

若干上下の正中線が不一致です これはこれから改善予定です

 

 

33

横方向の出っ歯もそこそこ改善です

 

 

 

34

上下の歯列も整理整頓できたと思います

 

 

 

37

38

最後の写真ですが、奥歯のかみあわせの部分をよくみてください

36

35

きちんと上下の歯列の間に隙間ができているのがわかると思います。
この隙間を利用して 最終的な歯を入れていく方向になります

ここまで治療がすすめば、最終目標もはっきりとしますので
クリニックを変更しても 継続しての治療はそれほど問題はないと思います。

それでは、みなさま恒例のクリックよろしくお願いします!

歯科医 ブログランキングへ

今日も1日がんばりましょう!

ピックアップ記事

  1. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  2. 有村藍里さんの輪郭矯正は素晴らしいですね!
  3. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  4. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  5. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!

関連記事

  1. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯矯正治療】難しい症例は誰が治療しても難しい⓶

    みなさまこんばんは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!前回…

  2. その他

    香川県顎変形症研究会に参加して

    ブログ読者のみなさまこんにちは。プロ矯正歯科院長田中憲男です。今…

  3. その他

    【インプラント矯正治療】前歯の大きさが不揃いな場合の対応について

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。 こ…

  4. その他

    【両国国技館近くの開業医がひとり言】日馬富士の引退について

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  5. その他

    テーマは「医療連携」、日本顎変形症学会発表を終えて

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。金曜…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    外科矯正治療の必要性のない反対咬合症例の治療経過とは?
  2. 外科矯正が知りたい

    【手術 期間】上下骨きりの手術計画について
  3. その他

    折れた歯を救う方法はあるのか?
  4. その他

    サッカー日本代表の言葉と歯科治療を置き換えて考えて見えたこと
  5. 子どもの矯正が知りたい

    【医師が教える!】小児矯正の治療期間、注意点について知っておくべきこと⓶
PAGE TOP