治療期間が早い矯正が知りたい

結婚式や成人式に最適なスピード矯正、5つのまとめとは?

8.8
ブログ読者のみなさまおはようございます。プロ矯正歯科院長田中憲男です。
いよいよ北京オリンピックが開催されますね。
私個人としては野球と水泳ではぜひ金メダルと思い、重点的にテレビ観賞をできたらよいなあと考えております。

 

さて、先週は学会出張のために休診をさせていただき、みなさまに大変ご迷惑をおかけいたしました。その代り、お盆は木日以外は通常どおりに診療をいたしますので、どうぞよろしくおねがいします。
学会では日本臨床矯正歯科学会会長をはじめ、学術委員の先生かたを紹介していただき、今後の日本での自分にとっても非常に有意義となることでした。

 

やはり海外の学会に参加する日本人は少数であるため、普段お話をする機会にないような先生方ともコンタクトをとることができるのは良いことと思います。

 

世界的な矯正治療の流れとしては
1970年代までは矯正治療単独
1970~1990 外科矯正の出現
1990~インプラント矯正の出現
2005~インプラントと外科矯正のコンビネーション
といったながれです。
但し、日本の場合、外科矯正治療は健康保険適用のため、インプラントと外科矯正治療のコンビネーションをおこなうことは不可能です。
そういった点では、日本の矯正治療は世界的にみて少し遅れてきていますね。

 

ということで今回のテーマはスピード矯正です。
スピード矯正とは、ことばどおりで歯が高速に動くことでです。その結果、治療期間が大幅に短縮されるのが一番の特徴となります。

 

しかしながら、複数の症例を経験することにより、スピード矯正の適応症と非適当症があることがわかってきました。

 

もともとアメリカ発のスピード矯正。
日本にも同じようなシステムをもちこんだのがはじめだったのですが、人種差や骨格的特徴などがことなるアジア系民族では、すべての症例が適応症例とは言い難いですね。
本日UPする方はスピード矯正治療前と途中経過です。おおよそ2か月という短期間で一番きになる前歯のガタガタが改善されてきております。
 ~スピード矯正のまとめ~
1.骨格的にバランスの取れている症例が対象となる(例外もあり)
2.歯周ポケットが4㎜未満であること
3.翌日、休日を取ることが可能なこと
4.医院まで頻繁に通うことが可能なこと(月に3回程度)
5.歯ギシリ等しない方

 

といったところでしょうか

 

次回の更新はお盆までには行うように努力しますね。

 

プロ矯正歯科



ピックアップ記事

  1. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  2. 当院のコロナウイルス対策~第3報~
  3. コロナウイスルに感染しにくい予防法とは?
  4. 40代から奥歯を抜歯して歯列矯正した女性が50代になり、久々に来院されました
  5. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感

関連記事

  1. 治療期間が早い矯正が知りたい

    外科的矯正治療終了後13年経過した40代後半の症例

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  2. 治療期間が早い矯正が知りたい

    プロが考える健康の秘訣!毎日の生活にかかせないある食品にこだわる

    みなさまこんばんは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。今日…

  3. 治療期間が早い矯正が知りたい

    アメリカで学んできた、スピード矯正について

    ブログ読者の皆様おはようございます。ペンシルバニアのスピー…

  4. 治療期間が早い矯正が知りたい

    スピード矯正治療終了後、5年経過 20代女性 

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  5. 治療期間が早い矯正が知りたい

    スピード矯正とデーモンブラケットは相性が良い

    ブログ読者の皆様こんにちは。今月は年度初めということもあり、ブ…

  6. 治療期間が早い矯正が知りたい

    結婚式に最適 !スピード矯正に適した症例5つのポイントとは?

    みなさまおはようございます!東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 良いクリニックの選び方

    歯科矯正治療中のセカンドオピニオン、親子治療の経過を見る
  2. 外科矯正が知りたい

    【出っ歯 歯列矯正治療】出っ歯で悩まないで!治す方法を画像で見る
  3. 目立たない矯正を知りたい

    裏側矯正は忍耐が必要ですね
  4. その他

    コロナ時代、歯列矯正治療も二重形成術にはかなわないと思います
  5. その他

    コロナ陽性数が減少してきたからくりとは?
PAGE TOP