抜歯矯正が知りたい

治療期間が3年、予想以上に長くなった歯科矯正治療のふりかえり⓶

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。

毎日暑い日がつづきますね! さて、プロ矯正歯科ではスタッフ全員で夏休みをいただいております。

院長である私は本日が新宿、明日が大宮の歯科医院で外勤させていただきます(笑)。

プロ矯正歯科での診療開始は17日の土曜からとなりますので、急用の場合はメールにて受け付けております。
24時間以内には連絡可能と思います。

また、痛みがあるなどといった対応については、東京都・墨田区休日対応HPをごらんください。

さて、本日は前回のつづきです。

治療期間が3年、予想以上に長くなった歯科矯正治療のふりかえり⓵


前回のブログを読んでいたい方のために初診時の写真です

8031

 

 

 

 

一見、なんてことのない症例だったのですが、右上奥歯の交差咬合が改善できずにいました。

患者さんの主訴である、下前歯のガタガタを改善することを優先として、下顎にも矯正装置を装着しました。

8034

 

 

 

 

下顎もすぐ前歯には装着せず、まずは抜歯した空隙を閉鎖していきます。
そうすると自然に前歯のガタガタもばらけてきます。また、左右の抜歯部位を異なることとしてます。

8036

 

 

 

 

次いで下の前歯にも装置を装着しました。この時点でも右奥歯のかみ合わせは改善するどころか、反対に悪化してきてしまいました。

BlogPaint

 

 

 

 

ここから、奥歯だけのかみ合わせを改善するのに約6か月もの期間を必要としました。
初診検査の時に、顎のゆがみを発見できていれば、事前にこのような説明が可能だったと思います。

結局、ジャスト3年間、矯正装置を装着し、はずすこととなりました。
上下の正中線が若干不一致でしたが、かろうじて右上奥歯のかみ合わせは改善しました。

8038

BlogPaint

 

 

 

 

つまり、はじめの時点で顎の変形をみつけていれば、治療方針なり治療目標について、時間がかかる、もしくはある程度の妥協が必要などといった説明をすることができたと思います。

次回のブログでは、初診の段階で顎の変形を見つけ、それを把握した上で2年以内に治療完了できた似たような症例を提示する予定です。

それでは、今日も1日がんばりましょう!

プロ矯正歯科HP(スマフォ対応です)

プロ矯正歯科YOUTUBE

ピックアップ記事

  1. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感
  2. 40代から奥歯を抜歯して歯列矯正した女性が50代になり、久々に来院されました
  3. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  4. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  5. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況

関連記事

  1. その他

    【抜歯】抜歯したまま放置しておくと歯列はどのように変化するのか?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  2. 抜歯矯正が知りたい

    【長期治療】先天的に永久歯が2本欠損した開咬症例

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  3. 抜歯矯正が知りたい

    長期経過を見る、外科矯正治療と矯正治療単独のボーダーライン症例

    おはようございます!東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男ですう…

  4. 抜歯矯正が知りたい

    【初診 確認】初診時に矯正治療目標を確認しておくことはとても重要 

    みなさまおはようございます。人気ブログランキング参加しました!…

  5. 抜歯矯正が知りたい

    知らない人が多い、セカンドオピニオンの意味と正しいやり方とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 外科矯正が知りたい

    日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?
  2. 外科矯正が知りたい

    【外科矯正治療 CG画像】オトガイ水平骨切り術とは?
  3. 子どもの矯正が知りたい

    小児歯列矯正の相談にいくタイミングはいつですか?患者さんの声より
  4. その他

    成人矯正(その1)
  5. その他

    【プロ矯正歯科】 院長 田中憲男の日曜日
PAGE TOP