抜歯矯正が知りたい

【画像あり】前歯が出っ歯の場合、抜歯して歯列矯正をすることもある

みなさまおはようございます。東京の
プロ矯正歯科院長 田中憲男です。
先週は東京で今年初の真夏日を記録したとおもったら、春の気候に逆もどりしてしまいまいた。こういう状況の場合は夏風邪を引く可能性も高いですので、くれぐれも体調管理にはご注意ください。

さて、本日から夏休みに入る学生様も多くなると思います。夏休みというこで矯正治療の相談にいかれる人もたくさんいると思います。
そういう方に参考になればと思い、本日のブログを更新しました。

矯正治療の難易度を決定する要因としては大きく2つに分けることができます。

1:顎のズレや、不一致など、骨格に問題が大きくある場合
2:歯の数が少なかったり、歯を支える根っこが短い(短根)といった場合、重度の歯周病など

1の場合はインプラント矯正や外科的矯正治療といった治療方法を選択することで、ほぼ100%理想どおりの治療結果を得ることも可能になります。
しかしながら、2の場合は矯正治療そのものをおこなうことが不可能になる可能性もございます。

本日の症例は2のパターンを提示させていただきます。

【画像あり】前歯が出っ歯の場合、抜歯して歯列矯正をすることもある

初診時の写真です。
721-1
横方向の写真もあったのでうすがPCが調子悪く出てこないのですいませんが、いわゆる普通の出っ歯とガタガタといった症状です。
しかしながら、根っこがとても短いため矯正治療は無理と他医院で断られること2回、当院が3件目でした。

CTなどの検査をした結果、やはり矯正は難しく、どうしても治療をするならば、一番根の短い前歯を抜歯しての矯正治療が必要と説明し、本人、家族は悩み抜いた結果、治療することになりました。

これが抜歯した直後の写真です
721-3

とてもかわいそうですが、仕方ありません。抜歯した歯の写真です
721-4

歯の頭の部分と比較して根っこの部分もかなり短いことがわかります。

治療中の様子です
721-5
721-6

ここまでくると普通の症例と大差ないと思います

治療後の写真です

721-7

カメラの調子が悪く、正面からの写真がなくて申し訳ありませんが、日常生活では全く問題ない仕上がりとなりました。

時間もなくなってきましたのでブログも終わりにしますが、検査診断は治療の要だということです。

それでは今日も1日がんばりましょう

プロ矯正歯科HP

ピックアップ記事

  1. 当院のコロナウイルス対策~第3報~
  2. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  3. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!
  4. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感
  5. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?

関連記事

  1. 抜歯矯正が知りたい

    他院で断られてしまった、抜歯矯正治療を当院で治療すると?⓶

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。今日…

  2. 抜歯矯正が知りたい

    【歯列矯正 口元出てる】口元改善した場合の歯列矯正治療方法は?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  3. 抜歯矯正が知りたい

    【出っ歯 前歯 抜歯画像】歯列矯正治療を行った10代の姉妹症例⓵

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  4. 抜歯矯正が知りたい

    上下の歯が噛み合わない、ガタガタの八重歯をインプラント矯正で治す

    みなさまおはようございます!東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  5. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯矯正 女性】口元の改善が期待できる症例とは?

    みなさまあけましておめでとうございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  6. 抜歯矯正が知りたい

    治療後6年経過した患者さんが歯列の後戻りで来院された理由は?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    【再矯正歯科治療】再矯正は普通の矯正歯科よりも難易度が高くなる
  2. 永久歯少ない人の矯正

    インプラント矯正3
  3. その他

    【歯科矯正】他人の治療を批判するのは簡単、でも治すのは難しい
  4. 歯周病の矯正が知りたい

    30代からの歯列矯正治療を開始することで注意することは?
  5. その他

    歯の将来が分かる歯科用CT、歯科矯正診断方法とは?⓵
PAGE TOP