治療期間が早い矯正が知りたい

【東京一費用が安い】マウスピース矯正治療にチャレンジします!



みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

ブログランキングがんばってます!

みなさまの熱い応援で順位も定位置までもどってきました

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

2月の終わりに大腸ポリープ除去手術をおこないました。

術後の経過が悪く、手術数日後から出血が生じてしまい、

結局、翌週に再手術となってしまいました(泣)

術後出血は大腸にかぎらず、出血を伴う処置の場合は

ある程度の確率で生じてしまいます

ちなみに、

大腸ポリープを内視鏡で除去した場合の出血の確率は

1%程度だそうです

1%に当選してしまうなんて、なんてついていないと思いつつ、

入院になりそうなところを、なんとか回避できたので

とりあえずほっとしてます

おかげて、禁酒は2週間以上続き

油ものや肉類、生野菜など

大腸に負担のかかる食品を避け続けてきました

食事と飲酒の制限は日曜日までなので

明日で終了です

体重も3KG以上減少して

昔の白衣がすんなりと着れるようになりました。

除去したポリープの病理検査結果が木曜なので

次回のブログでは除去したポリープがどんなものだったか

御報告いたします

自分でみた限りは良性腫瘍と思いますので

それほど心配はしておりませんが

最悪、悪性だったとしても

早期発見ですから、死ぬことはないでしょう

さて、

さっそく本日のタイトルです

【東京一費用が安い】マウスピース矯正治療にチャレンジします!

いままでの歯列矯正治療の場合は

通法にしたがった検査結果をもとに

施術者である先生の技術や経験を含めて

総合的に治療計画を立ててきました

しかしながら

これからの治療は

人工知能を利用した歯列矯正治療になります

現在は

そのための導入期といえるでしょう

私はかれこれ25年近く

歯列矯正一筋でやってきましたので、

それこそ、多くの患者さんを診てきたこともあり、

一般的な矯正歯科の先生でいえば

30年もしくは35年分くらいの経験数があります

おそらく、通算で5000人くらいは診療してきたと思います

一般的な歯列矯正医が一生涯で診ることが可能な数が

5000人程度と言われておりますので

48歳にしてその数は達成してしまいました

いまでこそ、ピークは過ぎましたが、

30代後半から40代前半のころは

年間400人近くの患者さんの診療をおこなってきました

プロ野球選手でも

高校卒業してすぐに横浜DENAのレギュラーになった

ソフトバンクの内川選手などは

若くして2000本安打を達成しています

私の場合も、

矯正歯科に例えれば、

ソフトバンクの内川選手と同じレベルといえます

ですから、

AIに頼った診断方法は

正直のところ、自分には必要ないと考えていました

ところが、

マウスピース矯正治療の最大手の

アラインテクノロジーが

昨年発表したI-tero2という機械

これはものすごいテクノロジーです

まず、

紹介画像です

よく知りたいかたのために

 

リンクを生成してますので

 

こちらからどうぞ!

 

これのすごいところは

 

クラウドコンピュータがアラインテクノロジーにあります

つまり、

 

親機はアラインテクノロジーにあり

 

現場にあるI-tero2 は子機にあたります

 

世界各地でアライナー矯正をされている

 

膨大な治療前後のデータが、

アメリカ本土のアラインテクノロジー本社のクラウドに保存されます

それぞれのクリニックにおいて

現場の患者さんの状況に沿って

歯列矯正のシュミレーションが

 

即時におこなうことが可能です

 

I-tero2の機械の費用も高額ですし、

毎月の保守費用もそれなりにしますが

将棋の名人でも人工知能に負けてしまう時代ですから、

私程度の経験が人工知能に勝つはずがありません

 

さらに、

現在、私自身が

インビザラインによるマウスピース矯正をおこなっていることもあり

これからの治療は

マウスピースで治療可能であれば、マウスピースで完了するといった時代に

突入していくのではないかと考えております

マウスピース矯正治療に関しては

 

当初はかなり批判的だった私ですが、

技術は進歩してきました

それも認めたことが

今回のI-tero2です

これを導入したからといって、

治療費用の値上げをするのではなく

むしろ、広く普及させていきたいので

インビザライン矯正については

東京一安い治療費用で

みなさまに提供していくことにしました

過去において

プロ矯正歯科では

1台4000万円ちかくする歯科用CTも購入しましたし

外科矯正用の手術シュミレーションソフトだけでも

時代の変化にあわせて合計4ソフト

ソフト代金だけでも1つ300万円しますので、

合計で1200万円使いました

正直、もう十分にやりつくした感があります

でも、時代はどんどん進歩していくのです!

新しい機器を購入すると

クリニックの支払負担が増えるため

治療費用を増額するのが一般的ですが、

私の場合は

クリニックの設備やCT

コンピュータソフト費用などの借金は

ほとんど終わってしまいました。

そのため、治療費用を値上げする理由がありません

 

さらに、

私の場合は

ワイヤー矯正治療のテクニシャンですから、

最悪マウスピース矯正治療で

納得のいかない治療結果になったとしても

短期間ワイヤー矯正治療をおこなうことで

どんな症例でもリカバリーできると確信してます

 

最後になりますが、

マウスピースでの治療経過を供覧しましょう

初診です

結構ガタガタです

この程度ならマウスピースで可能でしょう

上顎は結構大変そうです

治療が進んできてます

これはマウスピースをセットした状態の社員です

これもマウスピースセットした状態です

素人にはほとんどわかりません

※ この患者さんは スナックかパブのお仕事をされている方です

マウスピースしたまま、冷たい飲み物や 乾きものなどは

ふつうに食べることが可能です

 

マウスピースをはずすとこんな感じです

セットすると

このようになります

 

最終資料です

 

かなりしっかりと仕上がっています

拡大も歯にやさしいです

 

アライナー矯正の技術の進歩はすごいです

しかしながら、

 

マウスピース矯正という名目は同じで

粗悪な治療もたくさんあります

粗悪な治療につかまってしまうと

上記のような結果は望めません

 

やはり、

マウスピース矯正治療には

アラインテクノロジーの

インビザラインしか考えられません

 

リンクを生成しておきますので、

良かったら、アラインテクノロジーのHPみてください

 

本日も最後までありがとうございました

 

応援のクリックがまだの方は

どうぞよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

ピックアップ記事

  1. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  2. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  3. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  4. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  5. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!

関連記事

  1. 治療期間が早い矯正が知りたい

    【今すぐ治したい人】スピード矯正のメリットとリスクについて

    薬のおかげで風邪の症状はかなり軽減されてきた。今日、大阪か…

  2. 目立たない矯正を知りたい

    【矯正治療 手術】裏側からの見えない治療が増えてきた理由とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  3. 治療期間が早い矯正が知りたい

    【スピード矯正 期間】結婚式前に綺麗になりたい!ブライダル矯正症例

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  4. 良いクリニックの選び方

    【他院で治らなかった症例】安さ・期間だけで選ぶかえって負担になる

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  5. 治療期間が早い矯正が知りたい

    結婚式に最適 !スピード矯正に適した症例5つのポイントとは?

    みなさまおはようございます!東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  6. 治療期間が早い矯正が知りたい

    当院の診療体制が充実します!スピード矯正治療のご案内

    ブログ読者の皆さまこんにちは。今日は携帯電話からのブログ更新です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 子どもの矯正が知りたい

    変な所から永久歯が出てきた場合の対応は?
  2. 治療期間が早い矯正が知りたい

    結婚式に最適 !スピード矯正に適した症例5つのポイントとは?⓶
  3. 白い歯になりたい

    綺麗な歯並びのために!矯正治療中のブラッシングはとても大切です
  4. 治療期間が早い矯正が知りたい

    【スピード矯正 30代女性】痛みの少ないスピード矯正治療とは
  5. その他

    【矯正歯科】矯正歯科医にとって一番難しいと思われる症例とは?
PAGE TOP