抜歯矯正が知りたい

表側抜歯治療30代女性 ワイヤー装着後1年経過

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

 

今、スタッフの欠員補充でいろいろとドタバタしています
やはり、結婚や妊娠などがあると、産休や育休となりますので、こればかりはどうしようもありません

おとといの木曜日に昭和大学矯正科の集まりがあったのですが、育児休暇、産休をとったあとでも
歯科衛生士の場合は肉体労働、長時間労働のため、一般的な事務職とくらべると仕事の復帰が遅くなったり難しくなったりするのが常だそうです

女性ばかりの職場ですから、結婚や妊娠は避けて通れない課題ですので、いろんな角度で臨機応変に対応していくのが大切ですね

そんな忙しい日常ですが、自分自身はだんだんと身体が慣れてきてしまいました
人員の補充は継続していくので、いずれは時間を持て余すはずです

そこで、来年度から勉強会の1年コースに申し込むことにしました
隔週木曜日の午前中開催のコースで、年間100万円以上の授業料ですから
かなり高額ですが、10年以上も継続しているコースですので、自分へのご褒美です
しっかりと勉強して、フィードバックできるようにしていきたいです

さて、本日のテーマです

表側抜歯治療30代女性 ワイヤー装着後1年経過です

1年治療するとこのくらいまでは治るよ!という目安です
最近はスタッフが少なくて、写真を撮影していません
そんなこともあり、今回の内容も写真が少なくてごめんなさい

それでは初診です

ガタガタで奥歯のかみあわせは反対でした

つまり上顎が小さいのでガタガタも上顎に集中しています

上顎は拡大してから抜歯となりました

user comment….

まだ、拡大中なので抜歯していません

user comment….

まだまだ拡大中です

十分拡大してから抜歯です

下はつけていません

拡大完了して下もつけました

ここまでで1年経過です

user comment….

user comment….

user comment….

下の方は、先月スタートしています

上顎は1年くらい経過しています

つまり、上と下 はずすときは同時ですので、

はずす時期から逆算して上下の開始時期をずらしています

本日も最後までありがとうございました

今日も忙しいですが、がんばります!

 

ピックアップ記事

  1. 韓国で美容整形する人が増加してきました
  2. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感
  3. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  4. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  5. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!

関連記事

  1. 抜歯矯正が知りたい

    歯並びガタガタ治したい、顔の真ん中を超えての歯の移動は難しい?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  2. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯部位 歯並び改善】左右非対称な抜歯部位での歯列矯正治療の症例

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  3. 抜歯矯正が知りたい

    【前歯 歪み】上下の前歯を抜歯して治療した36歳女性

    みなさまこんばんは!東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  4. 抜歯矯正が知りたい

    医師が教える!難易度の高い歯列矯正治療がある?

    ブログ読者のみなさまこんにちは。本日も治療費comにて口コミコ…

  5. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯矯正治療】難しい症例は誰が治療しても難しい 

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です…

  6. 抜歯矯正が知りたい

    長期経過を見る、外科矯正治療と矯正治療単独のボーダーライン症例

    おはようございます!東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男ですう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    治療中、目立ちたくない!表側装置でも目立たなくする治療工夫とは?
  2. 良いクリニックの選び方

    【読まないと損!】矯正・小児・一般歯科の歯列矯正治療費用の決め方
  3. その他

    コロナ時代、歯列矯正治療も二重形成術にはかなわないと思います
  4. 治療期間が早い矯正が知りたい

    【ブライダル矯正にオススメ?】スピード矯正とインビザラインとは
  5. 永久歯少ない人の矯正

    【抜歯治療】スキッ歯が心配!上下の歯数が異なる歯列矯正とは?
PAGE TOP