外科矯正が知りたい

手術計画からみる最先端の外科矯正治療とは?⓵

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。
9月にはいったというのに残暑というよりは猛暑が続きますね!僕は暑いのは得意ですが、今年の夏は本当に暑かったですね。

さて、話はかわるのですが、最近、当院のHPがウイスルに感染してしまいました。
みなさまに迷惑がかかるウイスルではなく、当院のHP管理パスワードの問題だそうで、パソコンを壊すのではなく、HPを壊してしまい、グーグル等からのアクセスができないようにされてしまうそうです。
そういうこともあり、現在は対策をおこなっておりますが根本的解決としてより安全なHPを新規作成する方向にしました。
といっても、内容はほぼ完成されているので、デザインを一新することに加えて、安全なHPにすることを主としております。

本日の内容は最先端の外科矯正です。

手術計画からみる最先端の外科矯正治療とは?⓵

当院にお越しいただいている患者さんは承知していることですが、うちの診療所は特別豪華な内装でもなく、診療椅子も国産の一般的なものです。
事実国産の方が壊れないですし、サービスも良いですから、なんでも日本製が一番だと思います。

しかしながら、診断や治療計画を立案する歯科用CTやシュミレーションソフトといったハードウエアおよびソフトウエアを完備し、
それを実際の臨床で使用し、学会等で発表をしている医療機関は東京都内では当院のみであります

もちろん実際の手術は大学病院もしくは大学病院以上の設備が整っている施設でおこなうのですが、ただ治すのではなく、術後の予知性がかなり高い治療計画をたてることができます。
また、計画どおりに手術を行うことは非常に難しいのですが、優秀な外科医との連携でそれも実現しております。

従来の方法の場合というか、現在でも多くの施設の方法はかみ合わせを改善すれば良いといったレベルの治療目標を設定している施設もあります。
しかしながら、当院の場合、せっかく手術するのであればかみ合わせだけでなく顔貌も改善することもできます。ここが大きなポイントです。ですが、歯は絶対抜きたくないけど顔貌も改善したなどど、診断に対して患者さんが素人感覚で治療方針を決めてしまう場合はそのような結果にはならないです。もし同じ結果になるのであれば、検査などをする必要はありませんよね?診断というのは科学的根拠にもとづいた結果であり、治療計画というのは患者さんが決めてしまった場合は素人考えになってしまいます。

前置きがながくなってしまいましたが、私が診療後や前におこなっている手術計画を供覧しましょう

9050

横顔のレントゲン写真です 下顎がものすごく前に出ているのがわかると思います。
9054

この写真は上下が逆ではなく、このようなかみあわせです。いわゆるしゃくれです。

CT写真での画像です
9055

色を分割しているのは上顎の骨と下顎の骨、頭の骨と色分けをしております。
写真でも下の赤い部分が大きいのがわかります。

これをソフト上で手術をおこないます。

9056

色分けの部分が多くなりました。骨を削ったり移動したりして上下のバランスを整えます。
9055

わかりやすいのは赤色の部分の骨が白く変化しているところです。

両者を重ねてみると

9052

左右反転した画像で申し訳ありませんが、赤から白に顎が変化してます。

実際は上顎も移動しており上顎の移動量を計測してみると

9051

このように変化量がわかります

また、下顎の移動量ならびに切断した骨の干渉の程度をみるために下側からみた画像です
9053

この手術をおこなった結果、顔がどのように変化するか等のシュミレーションもソフトでできます。
皮膚や脂肪等と骨はCT値が異なりますのでシュミレーションと実際の変化量は異なりますが、方向性は同じという部分が大切と思っております。

手術計画からみる最先端の外科矯正治療とは?⓶

ユニ矯正歯科クリニック古谷先生の協力により、ようやくシステムが完成できそうです。

プロ矯正歯科HP

プロ矯正歯科口コミ

マイベストプロ東京



ピックアップ記事

  1. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  2. 当院のコロナウイルス対策~第3報~
  3. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  4. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  5. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感

関連記事

  1. 外科矯正が知りたい

    優秀な矯正医師は多いが、優秀な外科医師は数少ない

    今日は外科的矯正治療について話をしたい。当院では一般歯科の先生…

  2. 外科矯正が知りたい

    外科的矯正治療から審美歯科治療までの流れとは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲…

  3. 外科矯正が知りたい

    【受け口 治す 矯正】外科矯正中はアゴのしゃくれが目立ってくる?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  4. 外科矯正が知りたい

    外科的矯正治療適応症例で手術なしで治療するのに最適な方法

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  5. 外科矯正が知りたい

    新元号:令和 40歳女性 外科ボーダー症例をインビザラインで治療

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  6. 外科矯正が知りたい

    ちょっとした表現のちがいで、まちがった解釈をしてしまうこともある

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 子どもの矯正が知りたい

    小児期の不正歯列は大人になっても改善できないことが多くある(早期治療の勧め)
  2. 治療期間が早い矯正が知りたい

    【虫歯 治療】多数歯の虫歯、欠損を伴う40代後半女性③
  3. 歯周病の矯正が知りたい

    見知らぬ歯科医院との治療連携は難しい
  4. 良いクリニックの選び方

    歯列矯正治療終了後の患者さんのアンケート2
  5. その他

    【矯正歯科】矯正歯科医にとって一番難しいと思われる症例とは?
PAGE TOP