子どもの矯正が知りたい

【医師が教える】小児矯正の治療タイミングとは?

2.20.jpg
ブログ読者のみなさまこんにちは。プロ矯正歯科院長田中憲男です。
本日は気温もあたたかく、春を予感される陽気になってきましたね。
高校や大学入学試験もあと少しですね。合格を決定したみなさまおめでとうございます。まだ、受験が残っているかたは最後の力を振り絞ってがんばってください。

 

ところで、来月3月になると卒業や転勤のシーズンとなります。
当院でも卒業や転勤に合わせ、なんとか矯正治療をひと段落するところまでたどりつけば御本人もうれしいとおもいますので日々がんばっております。

 

<h2>【医師が教える】小児矯正の治療タイミングとは?</h2>

さて、本日UPした患者様も小児矯正をおこなった方です。初診の状態はごらんのとおりの歯ならびで本人および御家族の方も心配されておりました。
この程度歯並びが悪いと、学校での生活でもクラスメイト等からいろいろと言われる原因となることもあります。私自身も小学生時代いじめを受けた経験はありますので、そういう意味では小学生は残酷ですからね。

 

前置きはこれくらいにして、小児が大人と決定的に異なる点は、顎が柔らかいことです。
したがって、この程度でしたら抜歯をせずに歯をならべることは容易です。こういった治療を乳歯・混合歯列期の矯正治療と呼びます。

 

治療タイミングとしては
1.初潮前が望ましい(身長が140cm未満~140くらいまで)
2.乳歯が最低4本は残っている(6本以上が望ましい)
1.2の条件を満たしていれば、すぐに治療開始とならなくても、経過をみつつ、時期がきたら治療スタートという流れになります。

 

最後に、前歯の出っ張り具合が気になる場合でも、抜歯等の本格矯正治療はどんなに早くても永久歯がすべて生え換わってからおこなうのが適切です。

 

プロ矯正歯科



ピックアップ記事

  1. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  2. コロナウイスルに感染しにくい予防法とは?
  3. 出版記念講演会のおしらせ
  4. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  5. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~

関連記事

  1. 子どもの矯正が知りたい

    小児矯正治療のポイントはすべての歯が生え変わる前に診察を!

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  2. 子どもの矯正が知りたい

    反対咬合って何なの?子供の治療は早めが絶対に良い、その理由は?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  3. 子どもの矯正が知りたい

    【医師が教える】大人の矯正と子供の矯正の違いとは?⓵

    ブログ読者のみなさまこんにちは。プロ矯正歯科院長田中憲男です。ここ…

  4. 子どもの矯正が知りたい

    【小児矯正】転院で失敗しない為にあなたが気をつけることとは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男ですも…

  5. 子どもの矯正が知りたい

    小児期の第一期で完了するのと第二期が必要な歯列矯正治療の違いとは?

    みなさまおはようございます!東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  6. 子どもの矯正が知りたい

    【医師が教える】小児矯正を行う時期と注意することとは?

    ブログ読者のみなさまこんにちは。プロ矯正歯科 院長 田中憲男です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 子どもの矯正が知りたい

    小児期からの歯列矯正治療は費用対効果が高い?
  2. 外科矯正が知りたい

    矯正治療から10年経過、前歯部反対咬合の30歳女性
  3. 目立たない矯正を知りたい

    プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  4. 治療期間が早い矯正が知りたい

    下前歯の歯肉が下がっている場合の矯正治療
  5. 良いクリニックの選び方

    矯正歯科医院としての社会的役割
PAGE TOP