治療期間が早い矯正が知りたい

アメリカで学んできた、スピード矯正について

12.15.jpg

ブログ読者の皆様おはようございます。
ペンシルバニアのスピード矯正セミナーについてのお話を報告するといって1ヶ月も経過してしまいました。
お返事が遅くなったことを深くお詫びします。

まず、スピード矯正はアメリカも日本も技術的には同じですが、日本でアメリカと同じことをやってしまうと問題となってしまう点がひとつございます。

アメリカで学んできた、スピード矯正について

スピード矯正のコンセプトは組織(歯槽骨)に対する外科的侵襲。それに対する生体の修復力を利用して歯の移動をスムーズにこなうのを主としております。

日本人などのアジア人とアメリカなどの白人とでは体の造りが異なるため、同じ方法を利用した場合の生体の修復力に差がでてしまいます。つまり、日本人のほうが、アメリカ人よりも外傷に対する抵抗力が弱いということです。また、アメリカ人の矯正のほうが、日本人の矯正治療よりも治療がやさしいことも違いと言えます。このことは人種差ですので仕方ありません。事実、ペンシルバニアでは日本人の患者様のリポートは皆無でした。

したがって、当院では日本人向けに外科的侵襲を抑えた方法をとることによって、
安全でかつスピードの速い歯列矯正方法を確立いたしました。その結果、
6ヶ月では歯列矯正は終了しないまでも通常の矯正治療期間のおおよそ半分の治療期間が可能となりました。

アメリカにいってきて一番の収穫は上記の2点です。
すなわち、人種差のため、治療目標が異なること、生体の修復能力に差があることの再確認でした。

写真の患者様はおおよそ10ヶ月で矯正治療が終了した患者様です。コルチコトミーに加え、デーモンシステム、さらに矯正用SMAPシステムを利用して非抜歯にて治療終了した患者様です。この症例は来年度に論文化して日本矯正歯科学会指導医の申請論文にする予定です。

長々とした文章を最後まで読んでくださってありがとうございました。
次回からは週に1回は更新をしていきたいと思います。



ピックアップ記事

  1. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?
  2. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感
  3. 韓国で美容整形する人が増加してきました
  4. コロナウイスルに感染しにくい予防法とは?
  5. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過

関連記事

  1. 治療期間が早い矯正が知りたい

    外科的矯正治療終了後13年経過した40代後半の症例

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  2. 治療期間が早い矯正が知りたい

    【結婚式前に綺麗になりたい!】美容エステも矯正治療も早めがいい!

    おはようございます。今日はとても天気が良かったため、朝の目覚め…

  3. 治療期間が早い矯正が知りたい

    初診相談はお早めに!美容整形・矯正歯科でも治療は余裕を持つと良い

    ブログ読者のみなさまおはようございます。夏休みが終わってしまい…

  4. 治療期間が早い矯正が知りたい

    綺麗になりたい!スピード矯正経過報告

    ブログ読者のみなさま、いよいよ春が近づいてきましたね。学生のか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 治療期間が早い矯正が知りたい

    外科的矯正治療終了後13年経過した40代後半の症例
  2. 抜歯矯正が知りたい

    初診時年齢35歳女性、治療開始からわずか6か月で未来院になり、3年経過後再来院し…
  3. 子どもの矯正が知りたい

    【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  4. その他

    コロナ陽性数が減少してきたからくりとは?
  5. その他

    【治療結果 まとめ】マウスピース矯正に適した症例とは?
PAGE TOP