その他

前歯のトラブルについて

08791f60.jpg

 

 

 

 

 

ブログ読者のみなさまおはようございます
東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です
本日は矯正の治療をちょこちょこやりつつ、午後からはインプラントの手術のため
患者様の予約をしぼっております。
やはり、大きな仕事はバタバタしている中でやっても良い結果はでませんし、相手に対しても失礼ですからね。
万が一、キャンセルが生じた場合は当院にとっては大変な損害になってしまいますから、こうした大きく時間を取る処置の場合は予約金という形を頂戴しております。
安く良質な診療をおこなっていくためには、皆様の協力が不可欠ですからよろしくお願いします。

さて、前回のブログでの相談ありがとうございました。
不正咬合になるということはどんな場合でも原因があるということです。
したがって、その原因に対して対処をしないと、症状の再発が生じてしまいます。
一般的に歯科医院は痛みを取りのぞくとこを主としておりますので、原因がよくわからなくても痛みを取り除く対応をしなければなりません。
しかしながら、痛みをとったあとの機能および審美改善をおこなっていくためには、どうしてこのようになったのか?また、再発を防ぐためにはどうすればよいのかと、様々な角度から考察していく必要があります。

今回UPする患者様はすべて治療終了もしくは治療中の患者様ですが、
この方たち共通の項目としては前歯を喪失してしまった。という点です

写真上段の2名は奥歯がダメになっていくなかでなんの対応もしない結果、ついに前歯まで症状がすすんでしまったケース

写真下段の2名は転倒の結果前歯をぶつけてしまい、折れてしまったケースです。

どちらも前歯がないという点では共通項目ではありますが、こちらの対応はまったく異なります。

つまり、上段の2名は原因が奥歯の対応をしっかりおこなわないと、前歯だけ治療をしてもすぐに再発してしまうケース。
一方、下段の2名は前歯に対して対応を行えば無事完了ということになります。

さらに、興味深い点ですが、奥歯を失ったまま放置した場合、前歯がこのような状態になってしまうと、多くは抜歯されてしまう運命になります。

しかしながら、前歯のみ外傷をうけた下段の場合は根を保存して土台として差し歯の治療が可能となりました。

一見、外傷のほうが強い衝撃をうけているため、根の保存が難しいはずなのに、結果としては反対の現象が生じていることは、今後の歯科医学の研究材料としては良いテーマなのかもしれません。

このブログを読まれているみなさまはこのような状況におちいったことはほとんどないと思いますが、こうなってしまうと結末は悲惨な状況に陥ることがほとんどです。
なぜなら、
1.治療がとても難しい。(ドクターの技量が問われる)
2・費用もかなりかかってしまう(保険治療だと入れ歯になる可能性が高い)
3.治療期間が長期間かかる(短期でなおすには入れ歯になってしまう)

みなさまも治療途中の奥歯を放置している方は、早めに歯科医院を受診しましょう。
そして気持ちよく新年を迎えたいですね。

ピックアップ記事

  1. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  2. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  3. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!
  4. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  5. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは

関連記事

  1. その他

    可能な治療は限定される?私がマウスピース矯正を否定する理由⓶

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  2. その他

    youtubuで作成中、矯正で歯が動く様子を記録しました!

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。ひさしぶ…

  3. その他

    1年間、本当にありがとうございました!

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    歯を抜きっぱなしにしておくと、とんでもないことになります!
  2. 外科矯正が知りたい

    今週は外科手術に入ります!
  3. 白い歯になりたい

    綺麗な歯並びのために!矯正治療中のブラッシングはとても大切です
  4. 歯周病の矯正が知りたい

    叢生、ガタガタな歯並びは歯周病が増悪する?難易度の高い歯科矯正
  5. 白い歯になりたい

    人生はまだまだこれから!45歳から歯列矯正治療をはじめると?
PAGE TOP