その他

平均治療期間について

11.9.jpg
ブログ読者のみなさまこんにちは。
本日は千葉の病院で予定されていた上下顎骨切り手術が
延期となったため、時間もできたことからブログの更新となりました。
来月は母校の昭和大学にて学会があり、演題を2タイトル発表する
予定となっております。
そのうちの1タイトルはスピード矯正と普通矯正の治療期間の違いです。
結論から申し上げますと、当院(プロ矯正歯科)での平均矯正治療期間は2年1か月でした。
それに対して、スピード矯正の場合は1年3か月とそれぞれのグループでは優位に差がありました。
今後、症例数を増やしてコルチコトミーの手法別でも評価をしていきたいと
考えております。
本日UPする患者様はおおよそ1年7か月治療が経過したかたです。
もともとの症状は通法の矯正治療単独であれば2年6か月程度の治療期間がかかる
と考えられますが、このかたはおおよぞ2年程度の治療期間で終了する予定です。
6か月治療期間を短くするオプションとして、インプラント矯正をおこないました。
このインプラント矯正のスクリューの安定性の検討が、もう一つの演題です。
この結果についてはまた御報告させていただきます。

ピックアップ記事

  1. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  2. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは
  3. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  4. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  5. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感

関連記事

  1. その他

    コーンビームCTと通常のCTとの違い

    ブログ読者のみなさまこんにちは。昨日は院長みずから休日出勤をし…

  2. その他

    事前に顎の歪みを把握、非外科矯正治療に望んだ場合のポイントは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  3. その他

    歯並びを改善すると自信が持てますね

    ブログ読者のみなさま、こんばんは。プロ矯正歯科院長田中憲男です…

  4. その他

    歯列矯正のカウンセリングに大切な5つのポイントとは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 外科矯正が知りたい

    予約はお早めに!夏休みの長期休暇は矯正治療が増えます
  2. その他

    矯正治療中に動かない歯を予測するのは経験が必要である
  3. 外科矯正が知りたい

    【顎削り 美容 画像】オトガイ水平骨切り術とは?
  4. その他

    状態の維持が重要、歯列矯正の保定期間についての考え方
  5. 歯周病の矯正が知りたい

    他院で治療中に当院に相談に来られた40代女性
PAGE TOP