その他

男性の方も口元をきにする方が増えてきました

4.11 2008
ブログ読者のみなさまこんにちはプロ矯正歯科院長田中憲男です。
僕が歯科矯正学を学びはじめたおおよそ15年前は、30代で歯列矯正をする方などはほとんどいなく、ましてや男性で歯列矯正をしている患者等はほとんどいませんでした。
ここ近年は、野球選手の新庄さんの影響もあり、男性でも素敵な歯並びや色を気にされるかたが多くなってきたと思います。事実、新庄選手が在籍していた日本ハムファイターズの選手は歯の手入れをしている方が非常に多いいです。
これも身近で新庄選手の身だしなみをみていて感じたのでしょうね。
 当院でも男性の患者様は非常に多く、成人歯列矯正全体の25%くらいはいると思います。

また、そういった方の共通点は人と接する職業をしている方が多く、第一印象の好感度をUPするために自分自身の小さな努力をされておりますね。

つまり、30代に入ると、男女差関係なく、加齢変化に大きな差が生じる分岐点となります。30代でも20代同様な若さを維持しているか、早々と40代の健康状態に突入してしまうか、本人の努力次第です。

さて本日UPする写真の方も30代のかたです。
僕は、30代~40代のかたの歯列矯正治療は原則として抜歯はなるべくしないで治療をするようにこころがけております。このかたも抜歯はしないで歯列矯正をおこないました。しかしながら、すべての患者様に対して抜歯をしないで治療をすることは困難であります。
つまり、第一選択としては非抜歯、次の段階で抜歯を考えるということですね。

正直、子供の歯列矯正治療と比較して30代~40代の歯列矯正治療は診断も難しく、治療の難易度も高いです。

歯周組織の状態もpoorな人も多く、歯並びだけでなく、いろいろなリスクを伴っている方も多いいです。

私はこのような方に対しての包括的歯科治療に対しては一日の長があると自負しております。

御興味のある方はブログのバックナンバーをご覧下さい。

プロ矯正

ピックアップ記事

  1. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  2. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは
  3. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!
  4. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  5. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?

関連記事

  1. その他

    一生自分の歯で生活したい!私たちはどうすれば良いのか?

    みなさまこんばんは 東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です。本…

  2. その他

    状態の維持が重要、歯列矯正の保定期間についての考え方

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  3. その他

    2月の学会で発表するテーマとは?研究の一部をご紹介します

    こんばんは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。本日の内容は…

  4. その他

    昨日の天気予報には参りましたね

    ブログ読者のみなさまおはようございます。昨日の天気予報には参りまし…

  5. その他

    入院期間4泊5日の外科手術

    金曜に手術を終了した患者さんが本日朝退院されました 。仕事後60時間ほ…

  6. その他

    第4回プロCTイメージングセミナーが好評に終了いたしました!

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。昨日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 歯周病の矯正が知りたい

    【口臭 原因】歯列矯正治療中に口腔内環境は清潔に出来るのか?
  2. 子どもの矯正が知りたい

    どんな方法があるの?小児歯列矯正治療で症状が改善されない場合⓶
  3. 治療期間が早い矯正が知りたい

    【今すぐ治したい人】スピード矯正のメリットとリスクについて
  4. その他

    顎変形症学会にて
  5. 子どもの矯正が知りたい

    【医師が教える】大人の矯正と子供の矯正の違いとは?⓵
PAGE TOP