その他

今年も学会発表をしてきました!

みなさんこんにちは。東京の歯列矯正治療歯科プロ矯正歯科院長 田中憲男です。
5月、6月、7月と学会がつづきます。夏をはさんで9月、10月、11月と
1年のうち春が3カ月、秋が3カ月と合計6カ月間が学会シーズンとなります。

今年も学会発表をしてきました!

今年は東京で開催される学会が多いいです。
そのため、交通費もかからず、学会終了後夕方から診療ができるなどの利点も多いことから、普段は参加しない学会やセミナーにも積極的に参加してきます。

学会発表の形式は大きく2とおりに分類されます。
1つは、映画館のような会場でスライドを上映しながら原稿を読む口演方式。
もうひとつはあらかじめ壁新聞のような形でつるしをしておき、きめられた時刻に発表をする展示方式です。

プレゼンテーション123

口演方式の方がおおがかりで良い発表のイメージがありますが、展示方式のほうが、
あらかじめ発表を見てまわることができるのでそういった部分利点があります。
また、ごらんのように発表を見に来る先生かたも多くて50人程度なため、若手の先生でも質問できる雰囲気があることも良いと思います。

僕の場合、展示の右下の部分に自分の連絡先等入った原稿を準備しておき、学会が終わったあとでも気軽に質問に応じることができるようにメールアドレス等も挿入しております。

明日は1日、千葉西病院で上下顎骨切り手術です。
正面は非対称でなおかつ、上顎前突がかなり厳しい手術となりそうです。
申し訳ありませんが、この患者さんの術前矯正は1年6カ月以上は期間がかかりました。

一方でワイヤー装置をセットして6カ月も経過しないうちから、手術時期はいつなのか?
とか治療方針を突然変更させてほしいなどという要望もあり、そのような対応に対して少し困っております。

僕も可能な限り治療期間が短くなるように努力しております。

さすがに術前矯正が1年6カ月を超えてくると申し訳ない気持ちが生じますが、
術前矯正が長くかかる患者さんに限って、自分が難症例だということを自覚しているためにクレームがでません。
本当にいつもありがとうございます。今後とも一生懸命診療にあたりますので、どうぞよろしくお願いします。

プロ矯正歯科

ピックアップ記事

  1. 40代から奥歯を抜歯して歯列矯正した女性が50代になり、久々に来院されました
  2. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  3. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  4. 韓国で美容整形する人が増加してきました
  5. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?

関連記事

  1. その他

    6月4日は虫歯の日

    ブログ読者のみなさまこんばんは。更新がとても遅くなったことを深く…

  2. その他

    コロナ下の中セミナーに参加しています

    みなさまおはようございますプロ矯正歯科院長、田中憲男です…

  3. その他

    表側装置で治療していると友人を紹介してくれることが多くなる

    矯正治療の目標は大きく2つある。一つ目は機能的なかみ合わせ(個…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    マウスピース矯正でどこまで治療可能か?
  2. 歯周病の矯正が知りたい

    医師が説明する、30代からの歯列矯正治療のポイント
  3. その他

    一生自分の歯で生活したい!私たちはどうすれば良いのか?
  4. その他

    昨日の天気予報には参りましたね
  5. その他

    矯正治療終了後6年ぶりに後戻りした患者さんが帰ってきました!
PAGE TOP