白い歯になりたい

奥歯を抜歯したままは危険!一般歯科治療の中で歯列矯正の必要な症例

みなさまこんにちは。東京の歯列矯正治療歯科プロ矯正歯科院長 田中憲男です。
今月は学会がかさなりました。毎年、春と秋の2シーズンはこのような形がつづくのは仕方ありません。
診療を休んでの出張ですので、なにかしら得るものがないと行く価値がありません。

今回も貴重な経験をさせていただきました。一番の収穫はシンプラントという外科矯正治療用のシュミレーションソフトのパフォーマンスを最大にするための一工夫が可能になったことでしょう。
ユニ矯正歯科の古谷先生貴重なアドバイスありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

開業医の中には、まだ治療が必要と思われない時期から積極的に歯列矯正を勧める医療機関もございます。そういった間違っている情報を正しい情報に修正するために、大学病院などのセカンドオピニオンという選択があります。

本日のテーマは

奥歯を抜歯したままは危険!一般歯科治療の中で歯列矯正の必要な症例

本日の初診相談に来られた患者さまは大学病院からの転医患者でした。
お口の中を拝見すると、軽度の歯のガタガタといったところです。
年齢もまだ6歳ということと、前歯が生え切っていないのでそれまでは経過観察で問題ないと話ました。

しかしながら、大学病院の対応は「すぐに治療しないと手遅れになる」といった内容でした。また、相談の際に費用の説明もないまま、検査診断料金として約6万円も請求されたそうです。

ここまでの話はすべて患者さんが話をしていたわけですので、実際の状況は何ともいえません。
ただ、患者さんにとって大学病院というところに対して不審感がのこってしまったのは事実です。
これからは大学病院の言っていることも安心してはいけません。
みなさまも注意してください。

さて、本日の症例です。前歯が折れてしまっての来院でした。
1123-1

1123-3

このように奥歯を失ったまま放置しれいると、やがて前歯も折れてしまいます。
しかしながら、この状況になると前歯をなおすことが非常に困難になります。
なぜなら、下の歯が上に突き上げてしまってます。
下の歯も放置したままのため、奥歯が傾いてきてしまってます。
1123-2

このような状況のなか、歯列矯正を開始することおおよそ2年間。ようやく装置がはずれるところまで来ました。
下の矯正装置は上の奥歯の治療が終了するまでは、保定装置のかわりとしてSetしたままとなっております。

1123-6

1123-5

はやく、下の矯正装置もはずしたいところですね!

プロ矯正歯科



ピックアップ記事

  1. 当院のコロナウイルス対策~第3報~
  2. 40代から奥歯を抜歯して歯列矯正した女性が50代になり、久々に来院されました
  3. コロナウイスルに感染しにくい予防法とは?
  4. 出版記念講演会のおしらせ
  5. 韓国で美容整形する人が増加してきました

関連記事

  1. 白い歯になりたい

    白い歯になりたい、顔と歯の調和である審美歯科

    みなさまあけましておめでとうございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲…

  2. 白い歯になりたい

    【歯列矯正】子供の歯列矯正がきっかけ、親も治療を行った症例とは

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  3. その他

    【虫歯 治療】多数歯の虫歯、欠損を伴う40代後半女性⓵

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です…

  4. 白い歯になりたい

    歯が綺麗になれば美人になれる!保険治療でどこまでできる?

    ブログ読者のみなさまこんにちは。本日はひさびさのブログ更新です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 子どもの矯正が知りたい

    変な所から永久歯が出てきた場合の対応は?
  2. その他

    コロナ下の中セミナーに参加しています
  3. その他

    前歯のトラブルについて
  4. 外科矯正が知りたい

    【歯科治療 保険治療】全ての歯科治療を保険治療でおこなった症例
  5. その他

    寝違えてしまいました
PAGE TOP