白い歯になりたい

綺麗な歯並びのために!矯正治療中のブラッシングはとても大切です

みなさまおはようございます。梅雨のうっとおしい季節が続くなかいかがお過ごしでしょうか?東京の歯列矯正治療歯科プロ矯正歯科田中憲男です。

今月はとても忙しい毎日を過ごすことができました。
そのためか、100日咳という、今はやりの病気に感染してしまいました。改めて健康の大切さ、ありがたみを感じることができ、より毎日の健康管理には気をつけなければと認識いたしました。やはり、今年40歳、年齢とともに体力の衰えは否定できません。

先月は日本口蓋裂学会大会のみの参加だったのに比べて、

今月は
1:北海道で顎変形症学会
2:日本スピード矯正勉強会
3:日本臨床矯正歯科例会
4:昭和大学木真会セミナー
5:シンプラントOMSフォローアップセミナー
と5か所のセミナーや学会に参加いたしました。

セミナーには参加したものの、咳がものすごく、終了後ホテルに直行して横になる日々でしたので、歯を食いしばるという言葉がピッタリな1カ月でした。

そんなことで、100日咳も3週間が経過し、症状もだいぶ穏やかにはなってきました。患者さま、スタッフの皆さま、大変御迷惑をおかけしました。

さて、本日は

綺麗な歯並びのために!矯正治療中のブラッシングはとても大切です

僕は、ブラッシングが不十分な場合、すぐに矯正装置を外してしまいます。治療の初期であれば問題はないのですが、もう少しで治療が完了となると、再びブラケットを装着することを考えると、矯正治療優先となってしまうこともあり、この対応に関してはとても苦労しています。

今回もそんな症例です
1719-1

1719-2

成長発育を利用すれば、抜歯をせずに出っ歯の改善が期待できる症例です
そのため、この時期を逃してしまうと永久歯を抜歯しないと症状が改善できないだけでなく、治療費用も高額となってしまいます。

結局、懸命なブラッシング練習を繰り返しおこなったものの、残念な結果となってしまいました。

1719-3

1719-5

幸い、虫歯の程度はC1程度、またブラケット周辺に限局していたため、金属修復物をセットする必要はなさそうです。

仕上がりのレベルは最高級ではないですが、このような環境を考えると最高の形にもっていけたのではないでしょうか

来月は
東京矯正歯科学会
東京歯科大学外科矯正勉強会
に参加してくる予定です。

プロ矯正歯科

ピックアップ記事

  1. 出版記念講演会のおしらせ
  2. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  3. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!
  4. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  5. 40代から奥歯を抜歯して歯列矯正した女性が50代になり、久々に来院されました

関連記事

  1. 白い歯になりたい

    健康的でいる為に必要、インプラント治療について

    ブログ読者のみなさまこんばんは。プロ矯正歯科院長田中憲男です。…

  2. 白い歯になりたい

    羽生選手が国民的な人気な理由は〇〇にあった

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  3. 白い歯になりたい

    人生はまだまだこれから!45歳から歯列矯正治療をはじめると?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  4. 抜歯矯正が知りたい

    3年間の治療期間、歯科矯正治療が長期になる場合とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  5. 白い歯になりたい

    奥歯を抜歯したままは危険!一般歯科治療の中で歯列矯正の必要な症例

    みなさまこんにちは。東京の歯列矯正治療歯科プロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  6. 白い歯になりたい

    【歯列矯正】子供の歯列矯正がきっかけ、親も治療を行った症例とは

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    【抜歯 放置】抜歯、装置をつけず放置するとどのような結果になるか?
  2. 永久歯少ない人の矯正

    先天的に永久歯が生えてこない、本数が少ない場合の歯科矯正治療は?
  3. 白い歯になりたい

    痛い虫歯を放置して矯正治療を始めるか、虫歯を治すのが優先か?
  4. 抜歯矯正が知りたい

    【初診 確認】初診時に矯正治療目標を確認しておくことはとても重要 
  5. 外科矯正が知りたい

    ブログで見る、外科的矯正か非外科的矯正か?
PAGE TOP