治療期間が早い矯正が知りたい

海外転勤でインビザラインに変更し、1年未来院の経治療経過

 

 

 

 

 

 

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

先週痛めた右手の経過ですが、相変わらず状況はよくありません
本日も人差し指でのタイピングです
本来ならば1週間1話のブログですが
2週にわたって掲載させていただきます
先週のブログをよまれていない人はこちらからお願いします

藤井聡太7段素晴らしい快挙ですね
高校生が百戦錬磨の大人たちを倒していくのは
マンガみたいで滑稽です(笑)

ゴルフの世界では
石川遼君が高校生でプロゴルフで優勝した時も
引き寄せの法則がありました

将棋の世界はよくわかりませんが藤井プロは現在7段
最高は何段なのか?よくわかりませんが

加藤一二三プロが9段ですから10段はないのですかね?

将棋の世界は日本国内限定なので
歯並びは関係ないかもしれませんが

世界に影響を与える人は
やはり外見も重要だと思います

羽生選手もそうですし

石川プロもそうです

せめて、入れ歯くらい入れてほしいですね(汗)

よけいなおせっかいですが

藤井プロも歯列矯正したほうが、もっとファンが増えるとおもいます!

さて、指がいたいので

本日の内容を簡潔にご説明します

骨格性下顎前突を抜歯治療するのは気が引けるので

非抜歯でできるところまでやってみることとしました

上から開始です

user comment….

予想される副作用は虫歯と歯周病、顎関節症です

少し並んできました

 

user comment….

user comment….

ここで、海外転勤となりました

本人は通ってくるといっていまいたが、難しいと判断したので

ここでインビザラインに変更しました

ここからインビザラインスタートです

user comment….

user comment….

user comment….

ここから1年

一回も帰国しなかったため

未来院でした

当初は通院してくるといっていましたが、

それを信じていたら、大変なことになっていたでしょう

user comment….

user comment….

あまい変化ない感じがしますが

user comment….

確実に歯はうごいています

上顎の歯列もととのってきています

ただ、金属の歯がおおくあるので、その部分は動き悪いですね

結論としては、1年未来院でも大丈夫ということですね

来週は祝日があるので、指が治るといいですね

最後までありがとうございました

 

 

ピックアップ記事

  1. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  2. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  3. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  4. 2度あることは3度ある 人間はそうそう変われるものではないと実感
  5. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?

関連記事

  1. 治療期間が早い矯正が知りたい

    結婚式や成人式に最適なスピード矯正、5つのまとめとは?

    ブログ読者のみなさまおはようございます。プロ矯正歯科院長田中憲男で…

  2. 目立たない矯正を知りたい

    ~インビザライン(マウスピース矯正治療)の経過~

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  3. 目立たない矯正を知りたい

    【裏側矯正装置】治療期間が長くなっても審美的な利点もあるとは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です…

  4. 治療期間が早い矯正が知りたい

    【医師が教える利点】スピード矯正とマウスピース矯正の合わせ技とは

    おはようございます!東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!本日もみ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 治療期間が早い矯正が知りたい

    今週は長崎で開催された日本矯正歯科学会に参加してきました
  2. 子どもの矯正が知りたい

    金額、年齢、いつから、どこを治す?小児矯正と成人矯正の違いを知る
  3. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯周病 症例】上顎前歯2本を抜歯して矯正治療開始する40代女性
  4. 外科矯正が知りたい

    【ワイヤー治療 期間5年】完成まで本当に苦労した症例を振り返って
  5. 歯周病の矯正が知りたい

    歯肉が下がっている症例について、プロ矯正歯科でおこなっている処置について
PAGE TOP