良いクリニックの選び方

高額医療の改定について損する人と徳する人がいる

4.11.jpg

ブログ読者の皆さまこんにちは。本日は千葉の病院にて上下顎切り手術にいっておりました。夕方17時から中野にある歯科医院で矯正の仕事がある関係で、当院は休診といたしました。本日は電話連絡等つながらず、皆さまには大変失礼いたしました。
私自身は年中無休で仕事をしても、体力が続く限りは楽しくて仕方がないくらいなので休みがなくても平気なのですが、スタッフはそれぞれ、趣味や休養も必要と思います。最近は当院も大変忙しく、院内で風邪(一部インフルエンザ)になってしまった人もいたため、思い切って2連休にしてしまいました。

さて、手術の内容ですが、朝9:45スタートで終了したのが13:00頃、時間にして3:15分でした。出血量は150ccと大変少なかったのですが、患者様が少し風邪気味で熱があったため、術後の体力回復が少し心配です。
本日ごらんになる写真は本年度4月より、高額医療の内容が変更となる案内です。
以前は一時的に患者様が医療費用を支払い、後に返還してもらう手続きが必要だったのですが、この4月からはその必要がなくなったということでした。
たとえば、手術と入院1週間で30万円医療費がかかったとき(全て健康保険治療の場合)以前は、退院時に30万を支払い、申請した2ヶ月後に所定の医療費が返還される仕組みでした。したがって、一時的に30万円を用意しなくてはならなく、金額的な負担もそれなりに大変だったはずです。
今回の改訂で、これがなくなり、その人の所得や、加入している保険組合によって、
窓口負担が数万円~10万円程度支払えばよいこととなったのです。

いよいよ明日はCT画像センターに機械が搬入されます。本日中に内装工事も終了する予定です。今月末は講習のため、医院を休診させていただきますのでどうぞ宜しくお願い致します。





ピックアップ記事

  1. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  2. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  3. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  4. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  5. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況

関連記事

  1. 良いクリニックの選び方

    【他院で治らなかった症例】安さ・期間だけで選ぶかえって負担になる

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  2. 良いクリニックの選び方

    パッチテスト検査は無駄?金属アレルギー患者の歯科矯正治療を知る

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  3. その他

    サッカー日本代表の言葉と歯科治療を置き換えて考えて見えたこと

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  4. 外科矯正が知りたい

    世界最先端の矯正治療を学ぶ、自分の医療技術の差とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    テーマは「医療連携」、日本顎変形症学会発表を終えて
  2. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯周病】歯科矯正治療開始年齢が若いと歯周組織の回復がいい?
  3. その他

    【再矯正歯科治療】再矯正は普通の矯正歯科よりも難易度が高くなる
  4. その他

    成人矯正(その2)
  5. その他

    折れた歯を矯正治療によって抜歯を回避する
PAGE TOP