歯周病の矯正が知りたい

中年男性でも、歯列矯正した方が良いと思います。

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!

ブログランキングかなり好調です!

現在4位まで上昇してきました

みなさまのクリックがなによりの楽しみです!

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

先週の連休は体育の日ということもあり、全国各地で運動会が開催されたでしょう

ちなみに
1964年(昭和39年)10月10日は「東京オリンピック」の開会式が行われた日です。この日は昔から不思議と晴天が多いので、オリンピック開会式の日に決まったそうです。
ところが、前日は雨が降り、どうなることかと世界中が心配しましたが、当日の朝は絶好の晴れ模様になったのです。
現在は10月の第2月曜日になりましたが、以前はこの10月10日を記念し、「体育の日」として祝日に制定されました。

ところが、近年の地球温暖化の影響で、台風の発生頻度が多くなってきました。
そのため、10月に入っても、台風がどんどん日本上陸をしてきてしまい、
先週末は台風25号がやってきたのは記憶に新しいと思います。

台風の嵐→真夏のような快晴→肌寒い秋雨 といった天候不順な日が続いていることもあり、
風邪が流行しています
そんな私も風邪をひいてしまった1人です

みなさま、温度、湿度に敏感になり、体温調節をしっかりとしましょう

さて、本日のテーマは

中年男性でも、歯列矯正した方が良いと思います。です

プロ矯正歯科では30代~50代の患者さんが非常に多数来院されております
それらのほとんどが女性の患者さんです

女性の患者さんの多くは結婚されている方ですので、旦那さんがおります
旦那さんのうちの数名は奥さんの影響で、歯列矯正治療を開始します

また、それとは別に中年男性でも、歯並びを治すことに前向きな方もおります

なぜ、歯列矯正治療をした方が良いかというと、
断然、第一印象がアップします

これはまぎれもない事実です

中年男性といえば、黄昏世代です

死ぬわけではありませんが、いろいろと男のエネルギーがなくなってきます

そんな中、内面から磨く部分といえば、

ライザップを主体とする筋肉トレーニング(減量)と
外観を改善する歯列矯正や美容外科だとおもいます

男性の場合、美容外科はさすがに抵抗があると思います

しかしながら、歯列矯正治療の場合は健康の改善になりますので、
医療費控除の対象にもなります!

残念ながらライザップでは医療費控除の対象にはなりません

また、非常に目立たない

マウスピース矯正治療もかなり完成度が高くなってきました
マウスピース矯正ならどこでやっても同じとおもいがちですが、
ワイヤー矯正ならどこでやっても同じでしょうか?

ワイヤーもマウスピースも
目的を達成する道具の1つですから、

治療を受けるクリニックの技術の差は出てきます

これは重要ですので、よく把握しておいてください

それでは本日の症例です

正面からみると普通です

横からみるとかなり出ています!

歯列が三角形になっています

下の歯列は結構ならんでいました

結論から、上顎は抜歯しないと無理という診断のもと

歯列矯正治療を開始しました

しつこいですが、正面からは、まあまあと思います

少し上前歯が中に入ってきました

これがインプラントアンカー矯正治療です

上顎は側方拡大しつつ、アーチを

三角から丸に修正しています

下顎はまだ何もしておりません

だんだんと治療がすすんできました

比較的そろってきたとおもいます

横からみると別人のようにイケメンになってきました

イケメンとか関係なと思うかたもいるとおもいます

でも、第一印象がぐっと、好感度アップなはずです

抜歯した隙間ものこりわずかです

下の歯列ももう少し手直しが必要です

やはり、人と人の付き合いの第一歩は外見です
美容外科までは施術しなくても、
歯列矯正治療で十分、第一印象度アップ可能です

中身→外見ではなく、

外見→中身です

テニスとかゴルフでも
大阪なおみモデルのテニスラケットを購入するとか

形から入っていく人は結構数おります

それでは、そろそろ診療開始です

本日は本当に忙しくなりそうです

最後までありがとうございました!

よかったら応援のクリックをよろしくお願いします


歯列矯正ランキング

 

ピックアップ記事

  1. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  2. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!
  3. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  4. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  5. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?

関連記事

  1. 歯周病の矯正が知りたい

    叢生、ガタガタな歯並びは歯周病が増悪する?難易度の高い歯科矯正

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。久しぶり…

  2. 歯周病の矯正が知りたい

    【抜歯 虫歯】矯正治療中に虫歯を放置すると場合によっては抜歯となる②

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  3. 歯周病の矯正が知りたい

    歯茎が下がっている状況での歯列矯正治療の工夫

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  4. 歯周病の矯正が知りたい

    40代女性、左側前歯2本抜歯しての歯列矯正治療の経過

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  5. 歯周病の矯正が知りたい

    【歯周病 治療 画像】歯周病患者の歯列矯正はメンテナンスが重要です

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  6. 歯周病の矯正が知りたい

    絶対に知ってほしい!医師が考える矯正治療の難しさとは?

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です先日、母…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 目立たない矯正を知りたい

    最新の裏側矯正法をはじめてます!歯列矯正の技術をブログで紹介
  2. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯矯正治療】抜歯部位が異なると治療の難易度が変わる場合とは
  3. 良いクリニックの選び方

    歯列矯正を含めてトータルでプラン費用を検討する
  4. その他

    今年も学会発表をしてきました!
  5. その他

    美容・化粧品無料モニターが流行っている!当院でのモニターとは?
PAGE TOP