その他

マウスピース矯正でどこまで治療可能か?

fea65da0.jpg

 

 

 

 

 

みなさまこんにちは。
東京のプロ矯正歯科院長の田中憲男です
8月も終わり、いよいよ新学期がはじまりましたね。
僕のブログ更新もほとんどできず、楽しみにしているみなさま方には本当にご迷惑をおかけいたしました。9月からはどんどん更新をしていきますので楽しみにしてください。

さて、毎日朝から晩まで診療ですので、普段から体調管理には気をつけております。
一般的にはスポーツクラブなどにいって体を動かすのが良いと思いますが、僕は定期的に時間を作ることが不可能な生活を行っております。そこで、以前、お笑いのガレッジセールのゴリさんがおこなっているトレーニングの1つ、仕事帰りは歩いて帰宅するというものでした。
なるほど、これなら自分にもできる方法だなと思い、自宅まで歩くのはちょっときびしいので、錦糸町駅から上野駅までの区間を歩いて帰ろうということが自分のトレーニングの1つです。30歳前に膝を壊したため、あまりランニングができないため、ウォーキングです。

まあ、話がそれてしまいましたが、今僕が重点的に取り組んでいる診療内容の1つとして、マウスピース矯正治療(インビザライン)です
コンピュータで歯の移動シュミレーションをおこなっていくのですが、歯を動かす方向やアタッチメントの付与、動かし始めるタイミングの時期など、スタートからゴールまで緻密な計画が必要になります。じっさいは全くワイヤーレスで矯正治療が可能なのか?というと、簡単な症例なら問題はない反面、難易度が高い場合はワイヤーの補助も必要となり、いろいろとバリエーションの組み合わせが重要となります。

ひとつ言えることは、マウスピース専門矯正医院などで安易に治療をはじめてしまうと、いざとなったときに対応が難しくなります。
やはり矯正の基本はワイヤー矯正です。

日本人は専門とか限定などという言葉に弱いですが、この点は注意したい部分です。

本日UPする写真もインビザライン矯正治療の画像です。
患者さん個々の歯のデータをCADでPCに取り込んだ上で、アメリカはテキサス州にある、アライナー社で大まかなシュミレーションをしてくれます。
その結果、日本人的にはこうしたほうが良い、または、自分的にはこういった手順で治療していきたいなど、インターネットを使ってアメリカとやり取りをします。

最近は診療後は毎日クリンチェックのソフトを開く毎日でかなりどっぷりです(笑)
正直、マウスピースなんかで歯が動くのか?と半信半疑でしたが、今はとても今後が楽しみとなっております。

ピックアップ記事

  1. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  2. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  3. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  4. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  5. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは

関連記事

  1. その他

    リニューアルしたプロ矯正歯科

    ブログ読者のみなさまこんにちは本日は雨のためか、キャンセルする患者…

  2. その他

    【八重歯 成人女性】初診時から約10年経過した成人女性について

    みなさまおはようございます! 東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  3. その他

    歯科矯正での目立たない半透明のホワイトワイヤーとは?

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。本日…

  4. その他

    【外科矯正】外科矯正症例を手術なしで治療した症例⓵

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  5. その他

    一生自分の歯で生活したい!私たちはどうすれば良いのか?

    みなさまこんばんは 東京のプロ矯正歯科 院長 田中憲男です。本…

  6. その他

    昨日の天気予報には参りましたね

    ブログ読者のみなさまおはようございます。昨日の天気予報には参りまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    矯正治療後のメンテナンスの必要性は重大、とても大切なことです!
  2. 歯周病の矯正が知りたい

    医師が説明する、30代からの歯列矯正治療のポイント
  3. その他

    歯の将来が分かる歯科用CT、歯科矯正診断方法とは?⓶
  4. 子どもの矯正が知りたい

    他院への変更は相場費用が高くなる!矯正歯科診断に重要なことは?
  5. 治療期間が早い矯正が知りたい

    マウスピース矯正って何?メリット、デメリットを考える
PAGE TOP